企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

社風や仕事内容は、本当に合っている?
時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース
仕事人生に大きな影響が出る可能性も… 転職時に焦って決断してはいけない理由

これまでの経験を活かすにしても、新しいキャリアに挑戦するにしても、転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることだろう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがある。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦っている場合などだ。特に後者の場合は、「まあこの程度なら…」と本当は自分に合っていない仕事や会社であっても妥協してしまいがちだ。しかし、それがのちのちの後悔へとつながることも珍しくない。

バタバタした状況での決断が失敗に…

「今から考えると、前回の転職では、早く働きたいという思いだけで会社を決めてしまいました」

転職相談で、これまでのキャリアを振り返りながらCさんはそう話してくれた。

「当時、会社の業績が停滞していて早期退職者の募集があったんです。なんとなく将来への不安を感じていたので、これはいい機会だと思って応募しました。そこから急いで転職活動を始めたのですが、引き継ぎなどで忙しく、面接を受ける時間もなかなか作れない状態でした」

幸いすぐに来てほしいという企業が見つかり、Cさんは退職した翌日から新しい職場に出勤することになった。表向きには転職は成功で、家族も安心してくれた。しかし、あまりにもバタバタした中で決断したため、自分の本当にやりたい仕事かどうかをきちんと考える余裕がなかったという。

「確かにそれまでの経験を活かせる仕事ではありました。でも、会社の規模が小さくなったこともあって、やっていくうちに仕事のスケール感や、やりがいなどの面で物足りなさを感じ始めたんです」

飲み会で同じ時期に早期退職した元同僚と再会して話を聞いているうちに、規模の大きい同業他社に転職した方がよかったのではないかと思うようになったそうだ。

「そこで、半年ほど前から転職活動を再開したのですが…」

Cさんは前回転職してから2年も経っていない。再転職までの期間が短いことと、小規模な企業に勤務したことも影響しているのか、大手はことごとく不採用になってしまっているのだという。確かに大手企業は、前回の転職からのスパンが短い人を好まない傾向がある。何より、中堅・中小から大手への転職が難しいのは、国内の転職事情を知っていれば常識だろう。

「別の人材紹介会社のコンサルタントの方からも、同じ話を聞きました。前の会社は一応は大手でしたから、早期退職した時にじっくり時間をかけてでも同業の大手各社を当たっていれば、何とかなったのかもしれません」

Cさんのようなケースはそう珍しいことではない。早期退職やリストラなどで急に転職しなくてはならなくなった場合、限られた時間で自分本来の志向や適性などを冷静に分析して、転職活動に活かせる人は少ないからだ。

「次は、じっくりと企業と自分との相性を見極めたいと思っています」

そこまでのCさんの考え方は、非常に正しいものだった。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
企業訪問のハードルが高くなった影響は?
オフィスから読み取れる細かな社風
「職場の雰囲気や社風など、求人票だけではわからない情報を知りたい」という理由で人材紹介会社を利用する転職希望者は多い。だが最近は企業を直接訪問するハードルが高く...
2020/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
憧れの地方移住、その実現可能性は?
リモートワークを前提とした転職支援を考える
新型コロナウイルス感染症の流行は、企業活動や働き方にもさまざまな影響を与えている。働き方の面では「リモートワーク」や「オンラインミーティング(ビデオ会議)」の普...
2020/08/03掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
キャリアアドバイザーが「推したくなる」会社
それは情報が豊富な会社かもしれない
人材不足の時代における採用活動は、よく「マーケティング」に例えられる。売り手市場では、自社をブランディングし、優秀な人材に好印象を持ってもらうことから始める必要...
2020/07/06掲載

関連する記事

酒場学習論【第12回】八戸「OLD SHOES」と転職者の受け入れ対応
気持ち的になかなか旅には出られないので、つい地方の酒場に想いを馳せます。今月ご紹介するのは、八戸「たぬき小路」にある「OLD SHOES」。素晴らしいバーです。
2020/09/18掲載編集部注目レポート
人材採用“ウラ”“オモテ”
新型コロナウイルス感染拡大によって働き方が大きく変化
転職したばかりの人はどうなっているのか?
新型コロナウイルスの感染拡大により、社会全体でさまざまな予定や行事が変更を余儀なくされている。その中でもいちばん大きな影響を受けているのは「新入生」や「新入社員...
2020/06/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
“在宅勤務”は転職事情をどう変えるか
「オンライン面接」もごく普通に
新型コロナウイルスの感染拡大によって、多くの企業が時差出勤やテレワークといった働き方の変化を余儀なくされている。新しい働き方を経験したことによって、企業と従業員...
2020/05/08掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
人材流動化は「絵に描いた餅」?
人材紹介会社経由のキャリアチェンジにあるハードル
時代にそぐわなくなった古い産業から、次代を担う新しい産業へと人材を移動させるべき、という議論はかなり昔からある。人手不足が常態化する中で、新しいビジネスを盛り上...
2020/04/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
酒場学習論【第6回】 銀座「しらたまや」とトランスファラブル・スキル
銀座のコリドー街の近く、ちょっと古びたビルの地下2階、そんな秘密めいた場所に「しらたまや」はあります。女将一人で営業する、料理と日本酒が中心の店。日本酒は燗酒好...
2020/03/19掲載編集部注目レポート

最新の人事部の取り組みやオピニオンリーダーの記事をメールマガジンでお届け。

事務職派遣を検討中の担当者様へ 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...


HR Techで人事が組織を変えていく<br />
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

HR Techで人事が組織を変えていく
~データやテクノロジーの活用と新しい人事の仕事~

人事や企業経営を大きく変えていくと言われる「HR Tech」や「ピープ...