企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

社風や仕事内容は、本当に合っている?
時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース

仕事人生に大きな影響が出る可能性も…

転職時に焦って決断してはいけない理由

これまでの経験を活かすにしても、新しいキャリアに挑戦するにしても、転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることだろう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがある。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦っている場合などだ。特に後者の場合は、「まあこの程度なら…」と本当は自分に合っていない仕事や会社であっても妥協してしまいがちだ。しかし、それがのちのちの後悔へとつながることも珍しくない。
(1/2ページ)

バタバタした状況での決断が失敗に…

「今から考えると、前回の転職では、早く働きたいという思いだけで会社を決めてしまいました」

転職相談で、これまでのキャリアを振り返りながらCさんはそう話してくれた。

「当時、会社の業績が停滞していて早期退職者の募集があったんです。なんとなく将来への不安を感じていたので、これはいい機会だと思って応募しました。そこから急いで転職活動を始めたのですが、引き継ぎなどで忙しく、面接を受ける時間もなかなか作れない状態でした」

Photo

幸いすぐに来てほしいという企業が見つかり、Cさんは退職した翌日から新しい職場に出勤することになった。表向きには転職は成功で、家族も安心してくれた。しかし、あまりにもバタバタした中で決断したため、自分の本当にやりたい仕事かどうかをきちんと考える余裕がなかったという。

「確かにそれまでの経験を活かせる仕事ではありました。でも、会社の規模が小さくなったこともあって、やっていくうちに仕事のスケール感や、やりがいなどの面で物足りなさを感じ始めたんです」

飲み会で同じ時期に早期退職した元同僚と再会して話を聞いているうちに、規模の大きい同業他社に転職した方がよかったのではないかと思うようになったそうだ。

「そこで、半年ほど前から転職活動を再開したのですが…」

Cさんは前回転職してから2年も経っていない。再転職までの期間が短いことと、小規模な企業に勤務したことも影響しているのか、大手はことごとく不採用になってしまっているのだという。確かに大手企業は、前回の転職からのスパンが短い人を好まない傾向がある。何より、中堅・中小から大手への転職が難しいのは、国内の転職事情を知っていれば常識だろう。

「別の人材紹介会社のコンサルタントの方からも、同じ話を聞きました。前の会社は一応は大手でしたから、早期退職した時にじっくり時間をかけてでも同業の大手各社を当たっていれば、何とかなったのかもしれません」

Cさんのようなケースはそう珍しいことではない。早期退職やリストラなどで急に転職しなくてはならなくなった場合、限られた時間で自分本来の志向や適性などを冷静に分析して、転職活動に活かせる人は少ないからだ。

「次は、じっくりと企業と自分との相性を見極めたいと思っています」

そこまでのCさんの考え方は、非常に正しいものだった。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載
人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職失敗、 再び利用した人材紹介
人材紹介会社では、過去に転職相談を受けていた人材から、再び転職相談を受けるケースもある。前回の利用時に信頼を獲得できていた証拠でもある「再登録」だが、インターバ...
2019/04/04掲載
人材採用“ウラ”“オモテ” 
応募先は、紹介会社のコンサルタントに教えるべき?
人材紹介会社では、履歴書や職務経歴書をはじめ、転職希望者のさまざまな個人情報を扱う。そのため、これらを預かるだけの信頼に応えられる体制を、しっかり整えることが大...
2019/03/07掲載

関連する記事

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の算出対象に新たに精神障がい者が加わり、民間企業の法定雇用率が2.2%に上がりました。企業の...
2019/04/17掲載注目の記事
人材採用“ウラ”“オモテ” 
入社直前に急病になったら
転職活動で内定が出ると、ホッとする人は多いだろう。しかし、内定はゴールではない。入社予定日に出社してはじめて、転職活動は完結する。人材紹介会社は入社日まで注意深...
2019/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
面接では言えない転職理由
中途採用の際に必ず確認される「転職理由」。企業側からは前向きな理由が好まれるが、実際には全員が前向きな理由で転職を考えるわけではない。時には、面接では言えないよ...
2019/01/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ”
評価されづらい?「大学院卒」の転職
退職して大学院で学びなおすことで、転職の際に有利になるのか。留学や資格取得は? 人材紹介会社のコンサルタントが語る本音とは――。
2018/12/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
新居 佳英さん(株式会社アトラエ 代表取締役CEO):
「世界中の人々を魅了する会社を創る」を掲げ
日本全体の「人材の流動化」と「組織変革の支援」を担う
「役職の撤廃」「日本初となる全従業員に対する特定譲渡制限付株式の付与」「勤務時間や働く場所を管理しない、自由度の高い働き方」――。従来の会社組織の枠にはまらない...
2018/11/28掲載HR業界TOPインタビュー
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...