企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

本当のIT革命を生き抜く
「個人尊重の組織論」とは(後編)
“やってもやらなくても変わらない”社会と組織を変えるために[前編を読む]

同志社大学 政策学部 教授

太田 肇さん

日本の組織と個人をめぐる太田先生のお話は、個人をきちんと表に出す成果主義の本来のあり方から新しいチームワーク論へと広がっていきます。そして提言されたのは、企業と社員との“ホンネの関係”。誰もがおのずとやる気が出て、むだな「がんばり」がなくなる――そんな組織づくりの秘訣についてお話しいただきました。

Profile

おおた・はじめ●1954年兵庫県生まれ。神戸大学大学院経営学研究科修了。京都大学経済学博士。公務員を経験の後、滋賀大学経済学部教授などを経て2004年から同志社大学政策学部教授(同大学院総合政策科学研究科教授を兼務)。専門は組織論。とくに個人を生かす組織・マネジメントについて研究。日本人のやる気とチームワークについて、その転換を主張した近著『がんばると迷惑な人』(新潮新書,2014年12月刊)のほか、『公務員革命』(ちくま新書)、『組織を強くする人材活用戦略』(日経文庫)、『承認欲求』(東洋経済新報社)、『日本人ビジネスマン 「見せかけの勤勉」の正体』(PHP研究所)などの著書がある。

「名誉の成果主義」が個人のモチベーションを引き出す

太田先生は、有害な「がんばり」を排し、努力の量より質を追求するために、「合理的な手抜き」を勧めていらっしゃいますね。これはどういうことでしょうか。

太田肇さん Photo

一般的に言って、日本人は事の軽重を見極めるのがあまり得意ではありません。しかも社会に、それを許さない風土や雰囲気があります。私に言わせると、それは工業化社会の名残。ものづくりの過程ではささいなミスも許されず、一つひとつをすべて人間の手で完璧に仕上げていかなければいけませんから。

ところが、そこにもITや機械で肩代わりできる領域が広がっているんです。今後は、限られた時間と労力をより生産性の高い仕事に集中するために、何が重要か優先順位をつけて、順位の低い作業はできるだけ機械化する「合理的手抜き」の能力が必要になってくるでしょう。それには、順位づけを当然とする組織の風土づくり、何よりも上司の意識改革が求められますが、部下を「がんばり」で評価しているうちはダメですね。上司がそうだと部下は、優先順位など関係なく、何でもいいからがんばっているところを見せればいいと考えてしまう。むしろ無駄なことでも、時間をかけたほうが評価されたりしますから。逆に、成果できちんと評価されると、社員は無駄な「がんばり」なんてしていられません。成果を出して組織に貢献するために何を優先すべきか、自然と自分で学んでいくようになります。

働く人を仕事の成果で評価・処遇する「成果主義」についてはさまざまな批判もありますが、太田先生がお考えになる“本当の成果主義”というようなものがありましたら、ぜひご教示ください。

なぜ日本で成果主義がうまくいかなかったのかというと、成果主義の基盤を欠いたまま、上司の評価で処遇に差をつけようとしたところに無理があったからだと思います。本来なら、成果を上げるための機会や裁量権は均等に与えられ、働く環境や仕事のやり方も自分の責任で選ぶ自由度がなければいけません。そしてアウトプットしたものに対しては、上司の評価だけでなく、むしろ市場や顧客の評価を優先し、それを上司が追認するというのが本当の成果主義だと思います。そういう基盤もなしに制度を入れて、機能しなかったから、成果で見るというと、みんな拒否反応を起こすようになってしまった。ある意味で不幸なことだと思いますね。

成果で見るためには、単に達成度や生産性を比べるだけでなく、一つひとつの仕事にどういう価値があるのかをきちんと見極めることがまず大切なんですね。私は、成果主義の本質は、社員の働き方を自営業に近づけることだと思っています。自営業では、働く場所や業務のプロセス、モチベーションなど、いっさい管理されません。一人ひとりがアウトプットに応じて評価され、自分に報いがあるから、必要な努力や工夫を重ねるわけです。

組織における個人にとっても、それがあるべき姿だと?

太田肇さん Photo

ええ。そしてその報いは、必ずしもお金でなくていいと思います。むしろこの仕事は誰がやったのか、この資料は誰が作ったのか、仕事の帰属をはっきりとさせておくべきでしょう。一種のクレジットですね。商品や文書などの形に残せないものでも、たとえば会議でいいアイデアが出たら、上司が「このアイデアは○○君の発案」ということを会社にきちんと申告する。知的アウトプットが価値を生む時代が来れば、このような行動をますます大切にしていかなければなりません。一種の知的所有権ですから、個人のやりがいやモチベーションに大きく関わってくると思います。

日本人はよく、自分の手柄を主張せず日陰でがんばることを好むと言われ、あの『プロジェクトX』でも「名も無き挑戦者」というフレーズが頻出しましたが、実際にはそうではなかったと思いますね。本当はみんな、個人の名誉をかけた戦いだったはずです。実は、先般ノーベル賞を受賞された中村修二さんが前職の企業を相手に特許訴訟を起こしたとき、私は「ノーベル賞でもとっていたら、彼は裁判を起こさなかっただろう」と発言しました。はたして受賞したら、中村さんの側から仲直りしようと提案されましたね。やはりお金だけでなく、名誉で報われたかったわけですよ。私はこれを「名誉の成果主義」と呼んでいます。


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
  • 参考になった0
  • 共感できる0
  • 実践したい0
  • 考えさせられる0
  • 理解しやすい0
  • その他の感想1
オススメ1
最新順 | 人気順 | 古い順
かわかわさんがその他の感想でオススメしました
神奈川県 通信 2015/04/14

チームワークの意味 同感します。

1件中 1~1件を表示
  • 1

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

尾形真実哉さん:
リアリティ・ショックの扱い方がポイントに
新入社員の組織適応を促す要素とは
この4月に、新入社員を迎えた企業は多いでしょう。昨今の労働力不足を考えると、採用した人材が組織に定着し、長きにわたって活躍するしくみを整えることは、企業にとって...
2020/07/13掲載
中川功一さん:
「ダイバーシティ」と「経営理念・ビジョンの浸透」
ぶつかりあう二つの考え方を両立させるマネジメントとは
多様性のある職場は働きやすく、イノベーションを生み出すのにも効果的。もはや、企業にとってダイバーシティが重要であることを疑う人事パーソンはいないと言ってもいいで...
2020/07/03掲載
石黒圭さん:
そのチャットでは、本音が交わされていますか?
「非対面コミュニケーション」の時代に人事が取り組むべきこととは
2020年4月以降、多くのビジネスパーソンがオフィスを離れ、対面での会話ができなくなったことで、オンラインでのチャットのやり取りなど「テキストによるコミュニケー...
2020/06/24掲載

関連する記事

社内の見えざるルールを“見える化”し、“人にやさしい組織”を実現する本当の意味での【働き方&組織改革、ダイバーシティ】――人材育成・組織開発の課題を解決する、革新的・効果的手法とは?
人材育成のコンサルティングを行う株式会社ベーシックの代表取締役・田原祐子さんが、組織や企業戦略に詳しい一橋大学大学院国際企業戦略研究科研究科長・教授の一條和生さ...
2015/09/10掲載注目の記事
太田 肇さん:
本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(前編)
成果より「がんばり」で評価される組織が社員をつぶす?
『がんばると迷惑な人』という刺激的なタイトルの本の売れ行きが好調です。著者は同志社大学政策学部教授で、組織学者の太田肇先生。“個人尊重の組織論”を提唱する太田先...
2015/03/19掲載キーパーソンが語る“人と組織”
日本における人事制度の変遷と企業意識
人事制度は、時代とともに大きく変化してきた。ここでは、1950年代以降における日本企業の人事制度の変遷を概観。また、現代の人事制度に関する企業意識についても、ア...
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第55回
いま、なぜ「エンゲージメント」なのか?(前編)
近年、「エンゲージメント」という考え方が急速に広まっている。会社と社員を、共に支え合う「イコールパートナー」と考えるもので、会社は社員が働きやすい施策や職場環境...
2012/04/27掲載人事マネジメント解体新書
業績連動型賞与制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度です...
2011/06/20掲載人事・労務実態調査

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

記事アクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...