企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

キーパーソンが語る“人と組織”

本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(後編)
“やってもやらなくても変わらない”社会と組織を変えるために [2/2ページ]

2015/3/27

太田 肇さん(同志社大学 政策学部 教授)

異質とホンネ――日本人はなぜチームワークができないのか

――太田先生が「個人尊重の組織論」として、個人を起点に組織や社会を問い直すというユニークな研究を始められたきっかけは、何だったのでしょうか。

農村出身で、大人になるまでサラリーマンとはまったく縁がなかったんです。それでも就職し、公務員として働いていると、役所は組織の論理で動きますから、なぜこんな無駄なことをするのか、なぜ個人をもっと表に出さないのか、いろいろ疑問を持つようになりました。そういう思いを引きずって研究の道に入ったとき、組織や会社というものを思い切って個人の視点から見てみようと決意したのです。

――個人と組織を対立関係と捉えるステレオタイプの組織論を超えて、私たちは、組織と個人のあるべき関係をどう考えていけばいいのでしょう。

これからは、個人と組織の“統合”が大きなテーマになります。会社に入ったら、組織の人格を取り入れて、組織の一員として振る舞うというのが伝統的な考え方でしたが、個人と組織の“統合”はそうではなく、組織の一員でありながら、市場や顧客のニーズにどう応えるかを最優先するということです。そうしないと、会社も生き残れないわけですから、組織内はバラバラなように見えても、間接的にみんなが同じベクトルで統合されている。そういうイメージですね。

また、個人と組織を統合するためにはもう一つ、組織は個人が思う存分仕事をするための“インフラ”として機能しなければなりません。従来のように個人を囲い込んだり、縛ったりするのではなくて、場を与え、支援して成果を出させる。これが、組織のこれからの役割だと思いますね。

――太田先生は「海外の進出先では『日本人は本当のチームワークができない』と言われている」ともおっしゃっていますが、とても意外なご指摘です。

太田肇さん Photo

私も最初は驚きましたが、口を揃えてそういわれました。たしかに日本人が従来、得意としてきたチームワークは、ひと言でいうと“人海戦術”。同じような知識や能力を持った人たちが力を合わせて、みんなで同じ方向に引っ張る綱引きのようなものですね。単なる「がんばり」の足し算で、個人個人の貢献がはっきり表に出てこないから、逆に手抜きをして、チームにぶら下がっていてもわからない。確固たる個をもつ欧米人には、とくにそういう部分が奇異に映るのかもしれません。

では、いま求められている“本当のチームワーク”とは何かというと、それは、異質な能力や知識、経験を持ったメンバーが各自の個性や専門性を活かして、チームに貢献するというスタイルです。基本はあくまで「異質」であること。違いがなければ貢献できないし、他人と同じ方向を向いてがんばるのではチームに参加する価値がない、という考え方に現場の支持が集まっています。

――では、そうした異質な個人を尊重し、組み合わせて活かす組織のリーダーは、どうあるべきでしょうか。

第一に、メンバー一人ひとりの本音に敏感であること。そしてその個人の本音と組織の目標を、うまく調和させられる人でなければならないと思います。個人の本音に敏感であるためには、社員が本音を出しやすい雰囲気を醸成することも重要でしょう。いままでの日本の組織の中では、本音を吐くのはなかなか難しかったですからね。はっきり言うと、個々人が腹の中でたとえ何を考えていようと、会社の利益のために働いて、貢献してくれさえすればいいと、リーダーがそこを割り切れれば、むしろ“できる社員”ほど、心を開いてくれると思いますよ。無駄な忠誠心とか、周囲との同調性を求められるから、なかなか本音が出せないのではないでしょうか。

――それで、組織はまとまりますか?

私はまとまると思います。たとえば社員に本音を聞いて、5年後に転職しようと思っています、独立しようと思っています、という話が出てくれば、会社も「わかった、それなら5年間でこういう成果を上げてくれ、会社も支援するから」という話ができて、双方win-winの関係になれますよね。本音が表に出てくることで、むしろベクトルが合わせやすくなるんですよ。企業にも当然、本音がありますから、それと個人の本音をどうやって統合するか、率直に話し合えばいいわけです。本音に耳を傾けてあげて、お互いに話しあう姿勢を示すだけでも、社員のやる気がすごく変わってきた、という話は本当によく聞きますね。

――お話をうかがって、日本の組織と個人のあり方が“正念場”を迎えていることがよくわかりました。そうした状況を踏まえた上で、太田先生ご自身の抱負をお聞かせください。

いまの日本を見るにつけ、社会も企業も、はっきり言って「やってもやらなくてもあまり変わらない」ような状況だと思っています。だから、人々のやる気が出ないのではないでしょうか。やったらやっただけの報いがある。「がんばり」ではなく、価値のある成果を出せば、自分で何かを獲得できる。こういう社会に変えていかなければいけません。そうなれば、自ずと意欲が出てくるし、むだな「がんばり」もしなくなるでしょう。そういう視点から企業だけでなく、役所、学校、地域、そういう組織を少しでも変えられたらいいなというのが私の目標ですね。

太田肇さん Photo

(2015年2月23日、東京・港区にて)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

  • 1

1件中 11件を表示

1. 幸太郎さん 農林・水産・鉱業 熊本県
チームワークの意味 同感します。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

キーパーソンが語る“人と組織”のバックナンバー

人事の常識や社内の慣行にとらわれない!
人と事業をつなぐミッションに挑み続ける“ソフトバンク流”人事改革
日本の人事部「HRアワード2019」企業人事部門 個人の部 最優秀賞に輝いた、ソフトバンク株式会社 人事本部 副本部長の源田泰之さん。ソフトバンクの採用・人材開...
2020/01/16掲載
労働力不足を乗り越え、人材の活性化を実現
「ミドル・シニアの躍進」を実現するために人事が行うべきこととは
人手不足が続く中、いかに生産性を維持・向上させていくかが多くの企業にとって課題となっています。そこで注目されるのが「ミドル・シニア」層。経験豊富で社内事情も熟知...
2019/12/09掲載
宇田川元一さん:
組織のわかりあえない対立を読み解く
ナラティヴ・アプローチで人事が果たしうる支援とは
組織にはいろいろな関係が存在しています。上司と部下、経営と現場、営業と企画、製造と開発など、実に多様です。互いの考えが合致し、持ち味を発揮したなら、仕事は円滑に...
2019/10/18掲載

関連する記事

社内の見えざるルールを“見える化”し、“人にやさしい組織”を実現する本当の意味での【働き方&組織改革、ダイバーシティ】――人材育成・組織開発の課題を解決する、革新的・効果的手法とは?
人材育成のコンサルティングを行う株式会社ベーシックの代表取締役・田原祐子さんが、組織や企業戦略に詳しい一橋大学大学院国際企業戦略研究科研究科長・教授の一條和生さ...
2015/09/10掲載注目の記事
太田 肇さん:
本当のIT革命を生き抜く「個人尊重の組織論」とは(前編)
成果より「がんばり」で評価される組織が社員をつぶす?
『がんばると迷惑な人』という刺激的なタイトルの本の売れ行きが好調です。著者は同志社大学政策学部教授で、組織学者の太田肇先生。“個人尊重の組織論”を提唱する太田先...
2015/03/19掲載キーパーソンが語る“人と組織”
日本における人事制度の変遷と企業意識
人事制度は、時代とともに大きく変化してきた。ここでは、1950年代以降における日本企業の人事制度の変遷を概観。また、現代の人事制度に関する企業意識についても、ア...
2013/04/26掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第55回
いま、なぜ「エンゲージメント」なのか?(前編)
近年、「エンゲージメント」という考え方が急速に広まっている。会社と社員を、共に支え合う「イコールパートナー」と考えるもので、会社は社員が働きやすい施策や職場環境...
2012/04/27掲載人事マネジメント解体新書
業績連動型賞与制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度です...
2011/06/20掲載人事・労務実態調査
勤怠管理システムを選ぶ6つのポイントとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

電車が遅延?間に合わない時はWeb会議で 高尾の森わくわくビレッジ

注目コンテンツ


「勤怠管理」に役立つソリューション特集

勤怠管理システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...


日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

ビジネスの世界では、「グローバル化」が急速に進んでいる。このような状況...