企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スイヘイテキヒョウカ 水平的評価

上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数の視点から評価する多面評価(360度評価)の一環として実施しています。
(2011/11/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水平的評価のケーススタディ

“同僚からのフィードバック”は諸刃の剣
能力開発には有効でも実績評価では要注意

成果主義の浸透によって、評価は、それを下す側の会社にとっても、下される側の社員にとっても格段に“重み”を増しました。組織における評価手法としては、上司が部下を見る形の垂直的評価が主流ですが、その補完として水平的評価や360度評価が使われるのは、特定の立場の評価者から一方的に評価を下すだけでは偏りが避けられないからで、客観性や妥当性を担保して評価精度を高めるのが最大のねらいです。

特に近年は多くの企業で組織のフラット化が進み、プレイングマネジャーが増加。上司一人がマネジメントしなければならない部下の人数も増えて、個々の仕事に細かく目を配ることが難しくなりつつあります。そこで上司が把握しきれていない業務上のパフォーマンスや組織への貢献などを評価に反映させるために、“上”からだけでなく、評価対象者の同僚や部下からのフィードバックも盛り込む手法、すなわち水平的評価を含めた多面評価が用いられるようになったのです。

そもそも多面的なフィードバックは、評価よりも人材育成を目的に使われてきました。周囲の複数の視点を組み合わせることで、上司だけでは気づきにくい被評価者の潜在的な強みや適性などを把握し、能力開発に活かすツールとして効果を認められてきたのです。それが現在では上述の必要性から人事考課に利用され、実績面の評価にも使われるようになりました。

しかし能力開発で使う分には有効だった多面評価を人事考課に導入する場合、適切な制度設計や運用を欠くと、それは組織のアキレス腱にもなりかねません。とりわけ水平的評価で「同僚からのフィードバック」が互いの昇給・昇進を左右しかねないような状況下では、評価者も、被評価者も一種の疑心暗鬼に陥り、評価制度そのものへの不満や不信が高まりやすいのです。公正に評価するどころか、談合や裏取引、悪意をもって同僚の足を引っ張るなどの不正行為が発生し、かえって職場のモラールや人間関係を阻害する危険性さえあるといわれます。

社員同士が客観的に評価しあうことの困難をどう克服すればいいのでしょうか。評価は本来、個人の報酬に差をつけるためではなく、組織全体を強くするために行うものです。水平的評価や多面評価から最大の成果を得るには、そうした評価の目的を社員に明示し、当事者として共有させることがまず大前提。その上で組織文化に即した明確な評価基準を設定したり、不正対策を講じたり、あるいは評価のためのトレーニングを広く徹底したりするなど、導入や運用に際しても十分な配慮が求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
垂直的評価
「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次...

関連する記事

評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
松井証券株式会社 社員の主体性が「人事評価」を決める
昨今は日本的な終身雇用や年功序列などを見直し、個人の能力や成果による評価を重視する企業も少なくない。社員の働く意欲をどのように高め、どう評価するかが今後重要なポイントとなってくるだろう。「年俸制」と「360度評価」を導入し、年齢に関係なく活躍できる仕組み作りを...
2007/02/19掲載となりの人事部

関連するQ&A

絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
コンピテンシー評価について
コンピテンシー評価において、「自己評価」をするかしないか悩んでおります。 コンピテンシーは抽象的な評価項目が多い為、自己評価を入れると個人の性格によってブレてしまうのではと考えています。 この点について、アドバイス頂きたく、宜しくお願い致します。
二次評価者向け研修のポイントを教えて下さい
人事評価制度で「二次評価者の目的と役割」について相談をさせて頂き大変参考になりました。その中で、二次評価者向けの研修も忘れないようにというアドバイスもありました。そこで、二次評価者むけの研修を実施するポイントを教えてください。因みに、一次評価者は主任&係長、二次評価者は課長です。一次評価者向けに評価...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル化、M&A……変化の激しい時代に<br />
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

グローバル化、M&A……変化の激しい時代に
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

1400社以上の導入実績を誇る電通国際情報サービスの統合人事パッケージ...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...