企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】スイチョクテキヒョウカ 垂直的評価

「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次考課者として位置づける垂直的評価システムが考課方式の主流になっています。これに対し、同僚など組織階層上のヨコの関係で評価を行うことを「水平的評価」といいます。
(2011/11/14掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

垂直的評価のケーススタディ

上司と部下の評価をめぐる“溝”が拡大
若手は自分の仕事を細かく見てほしい

日本経済新聞社が実施した2011年「働きやすい会社」調査によると、ビジネスパーソンが働きやすい会社の条件として「非常に重視する」と答えた項目のトップ20には、「人事考課の結果伝達の有無、反論・修正機会の有無」(6位)「評価結果・目標達成度フィードバックの有無」(12位)「人事考課の評価基準公開の有無」(13位)など、評価や人事考課に関する条件が3項目ランクインしています。毎年行われるこの調査で、評価システムのあり方はここ数年つねに上位に挙がっていましたが、今回は特に「人事考課結果への反論・修正機会の有無」が前回の17位から大きく順位を上げました。

試行錯誤を繰り返しながらも、いまや多くの企業に成果主義的な評価システムが浸透し、上司の評価ひとつで同期でも給与や処遇に大きな差がつくのが当たり前になりつつあります。垂直的評価システムの中で、自分ははたして適正に評価されているのか――ビジネスパーソンが“上司の評価”に厳しい目を向け、必要ならば反論や修正の機会を得たいと考えるのは無理もないでしょう。

実際、評価する側はちゃんと評価しているつもりでも、される側が「いくら頑張っても評価を上げてもらえない」と不信感を募らせ、お互いの信頼関係に亀裂を生じるケースは少なくありません。査定の際のフィードバック面談で、評価者の管理職が被評価者の若い社員に激しく突き上げられるといったトラブルも増えているといわれます。

評価をめぐるギャップはなぜ生じるのでしょうか。理由の一つは、上司が部下を細かくチェックできていないことにあります。思えば、ほんの20年ほど前までは、職場の上司は部下を厳密に査定などしませんでした。若い社員も上司から事細かくマネジメントを受けることはほとんどなかったのです。むしろ若手のうちは育成期間と考えて評価に差はつけない、昇給も昇格も全員平等だから失敗を恐れずにチャレンジしてほしい――企業にまだ余裕があった時代に、そうした“大らかな体制”の下で育てられたのがいまどきの管理職世代でしょう。彼ら自身は、会社や上司からシビアにマネジメントされなかったにもかかわらず、部下の仕事ぶりを細かくチェックして、適正に評価しなければならないのですから、困難を伴うのは当然です。

とはいえ、垂直的評価は上司から部下という一方的な評価であるため、評価者としての上司個人のスキルに依存する部分が大きく、スキルのばらつきによって評価結果が不安定になる恐れも否めません。垂直的評価を適切に運用していくには、まず「部下の仕事ぶりをしっかり見る」という上司の評価者としてのマインド醸成が大前提。その上でチェックしやすい明確な評価基準の設定や、評価スキル向上のための評価者研修の実施なども検討する必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。

関連する記事

「部下が上司を評価する仕組みがある」企業は14.4% 「評価が会社の業績向上につながっている」企業は35.5%
「最終的な評価結果が、被評価者にフィードバックされる」に「当てはまる」「どちらかといえば当てはまる」と答えた人は、71.3%。また、評価対象、評価項目、評価基準が社内で公開されている」は69.9%だった。一方、評価結果への納得や配置転換への活用、業績向上につな...
2019/07/08掲載人事白書 調査レポート
評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム

関連するQ&A

絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
考課と評価の違い
お世話になります。 基本的な質問でお恥ずかしいのですが、考課と評価の違いについてご教授願います。 評価制度を作るにあたって、区別がつきません。 よろしくお願い致します。
コンピテンシー評価について
コンピテンシー評価において、「自己評価」をするかしないか悩んでおります。 コンピテンシーは抽象的な評価項目が多い為、自己評価を入れると個人の性格によってブレてしまうのではと考えています。 この点について、アドバイス頂きたく、宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用の進化を担う リクルートのRPO<br />
経営戦略に貢献する採用活動を実現

採用の進化を担う リクルートのRPO
経営戦略に貢献する採用活動を実現

リクルートキャリアでは、2011年から新しい価値――「採用の最適化」を...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...