無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ジンザイマネジメントバリューチェーン 人材マネジメントバリューチェーン

バリューチェーンとは、企業活動の流れの中で各事業が有機的につながり、価値の付加を積み重ねていくプロセスのことです。慶應義塾大学大学院 準教授の小杉俊哉氏は、人事にもこのバリューチェーンが存在すると指摘。人材マネジメントに関する一連の“価値の連鎖”が顧客や市場に向けた最終的なバリューを創出し、企業に競争優位をもたらすとする考え方――「人材マネジメントバリューチェーン」を提唱しています。
(2011/7/25掲載)

人材マネジメントバリューチェーンのケーススタディ

制度・施策だけの人事改革は危険
“価値連鎖”の全体を見直すべき

人材マネジメントバリューチェーン」の概念は、1999年に発表された小杉氏の著書『人材マネジメント戦略』によって提示されました。当時はいわゆる「失われた10年」の弊害が誰の眼にも明らかになりつつありましたが、日本の一部の先進企業ではすでに90年代前半から、米国企業に倣った人事制度・施策の導入を進めていました。従来の年功序列にもとづく職能給制度から、職務給、成果主義、年俸制への移行です。しかしそうした先進的な改革が奏功した例は少なく、むしろ組織の混乱や社員の反発、企業によっては優秀な人材の流出さえ招いたといわれます。なぜうまくいなかったのか――。小杉氏は“人材マネジメントバリューチェーンの分断”が原因と指摘しています。

人事のバリューチェーンの“最上流”にはまず、企業が属する業界、競合相手、景気動向といった経営環境があり、その中で企業のビジョンが設定されます。ビジョンは経営理念とよく混同されますが、経営理念が創業以来変わることのない企業の存在意義そのものであるのに対し、ビジョンとは経営環境の変化に応じて設定するもの、適宜改めていかなければならないものとして捉えられます。

ビジョンが設定されたら、次いでリーダーシップが発揮されなければなりません。経営トップがビジョンにコミットし、共有のビジョンにすべく、あらゆる機会を捉えて社内外とコミュニケーションをとる必要があるのです。その上でリーダーシップに応じた組織のあり方や人事戦略を明らかにし、実際にこれを担保するための人事制度・施策をつくる。そうして制度が適用される社員一人ひとりにまで、価値連鎖がつながっていくわけです。社員の先にあるのは市場と顧客。価値連鎖の“最下流”にある社員が、市場や顧客にどのようなバリューを提供するかによって企業の競争優位性が規定されます。


【人事のバリューチェーン】

《経営環境》
   ↓
ビジョン ⇒ リーダーシップ ⇒ 組織・人事戦略 ⇒ 人事制度・施策 ⇒ 社員
   ↓
《市場・顧客》


人事制度や施策に手をつける場合は、バリューチェーン全体の流れの中で捉える必要があると、小杉氏は指摘します。先の90年代の失敗例では、こうした価値連鎖が存在するにもかかわらず、ビジョンやリーダーシップを改めることも、ビジョンを実現するための組織のあり方や人材像を明確にすることもないまま、いきなり人事制度・施策だけを取り出して米国流に変えてしまう企業が後を絶ちませんでした。人材マネジメントバリューチェーンに連なるすべての要素を見直し、そのベクトルを揃えなければ、連鎖の最後に位置する社員に対して有効に働かず、企業の競争優位にもつながらないのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード