企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

新卒採用の記事一覧

185件中 81100件を表示

齋藤亮三さん(株式会社ヒューマネージ):
コンピテンシー適性検査をはじめ次々に「新しい常識」を創り出す原点とは?
株式会社ヒューマネージは、業界内では初めて、リクナビと日経就職ナビと同社の「i-web新卒採用モデル」を連動させるなど、新機軸に果敢に取り組んでいます。そんな同社を率いる社長・齋藤亮三氏に話を伺いました。 [2015/03/25]

変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界
「厳選企業と優秀学生をつなぐスカウト型のエージェントサービス」IROOTS(アイルーツ)。今回はIROOTSを利用している企業2社と、IROOTS事業部長との対談を実施。新しい新卒採用手法と、実際の利用状況について、詳しいお話をうかがいました。 [2015/02/19]

採用選考が後ろ倒しになったときの対応は?
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。 [2015/02/16]

新卒の採用基準は上がっているか?
パートタイマー白書や学生を対象にした就職活動に関する意識調査など、アイデム人と仕事研究所が独自で行っている調査から見えてくることを考察します。 [2015/01/28]

水田正道さん(テンプホールディングス株式会社):
現場重視で変化に適応し、事業拡大
社会的なインフラとしての人材サービス企業へ
テンプホールディングス株式会社代表取締役社長の水田正道さんにインタビュー。企業理念や最近の取り組み、現在の人材ビジネスの潮流や人材業界に対する考えや今後の展望などについて、詳しくお話を伺いました。 [2015/01/21]

奥本英宏さん(株式会社リクルートマネジメントソリューションズ):
「人と組織のソリューション」を提供することで、
個人と組織が相乗的に価値を高め合っている社会の実現を目指す
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ代表取締役社長の奥本英宏さんにインタビュー。企業理念や最近の取り組み、経営者としてのお考えなどについて、詳しくお話を伺いました。 [2014/12/05]

6割以上の採用担当者が、学生に直にアプローチできる採用手法を検討
~「2016年卒採用」における、スケジュール後ろ倒しの影響とは?~
2016年卒から新卒採用の時期を繰り下げる「採用選考の指針」が日本経済団体連合会(経団連)によって発表されました。これにより、「広報開始」が2015年の3月以降、「選考開始」が8月以降と後ろ倒しになります。スケジュールの変更に伴い、採用計画の見直しを... [2014/11/26]

和納勉さん(株式会社クイック):
34年間、HR業界で事業を成長させ続けることができた理由とは?
~「世のため、人のため」の人材ビジネスのあり方~
株式会社クイック代表取締役社長の和納勉さんにインタビュー。起業に至る経緯、企業理念や最近の取り組み、現在の人材ビジネスの潮流や人材業界・求人広告業界に対する考えや今後の展望などについて、詳しくお話を伺いました。 [2014/11/21]

村上太一さん(株式会社リブセンス):
なぜ史上最年少で株式上場を果たせたのか――HR業界の新しいあたりまえを生み出す覚悟と秘訣
株式会社リブセンス代表取締役社長の村上太一さんにインタビュー。成功報酬型を中心とする独自の求人サービスを開発し、HR業界に新風を吹き込んだ、弱冠27歳の若き起業家の思いに迫りました。 [2014/10/14]

インターンシップで優秀な学生に出会ったら、多くの企業が「個人的な関係を維持し、継続的にアプローチする」と回答 ~「2016年卒採用」を見据えた、インターンシップの取り組み状況を調査~
2016年卒の新卒採用から、日本経済団体連合会(経団連)の「採用選考の指針」に基づき、「広報開始」が2015年の3月以降、「選考開始」が8月以降に後ろ倒しになります。従来より3ヵ月後ろ倒しされることで、企業の採用活動にも大きな影響が及ぶことが予想され... [2014/10/10]

マイナビ「2014年卒の就活キーワード」を発表
2013年2月26日(火)に、株式会社マイナビ(東京・千代田区)による「2014年卒の就活キーワード発表会」が開催されました。マイナビHRリサーチセンター長 栗田 卓也氏が「2014年就職活動―学生のポイント」と題し、エントリー開始から約3ヵ月が経過... [2013/03/15]

「改正高年齢者雇用安定法」への企業の対応と今後の意向
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、本年4月から施行される改正高年齢者雇用安定法(以下、改正高齢法)に対する企業の対応を探るため緊急WEBアンケートを実施。本記事では、その中から「定年後継続雇用制度の現状」「改正高年齢者雇用安定法へ... [2013/02/18]

リクルートホールディングス 「2013年のトレンド予測」発表会
リクルートホールディングスが手掛ける7領域(住宅領域・アルバイト/パート領域・学び領域・美容領域・自動車領域・進学領域・就職領域)の事業について、媒体の編集長などが「2013年のトレンドキーワード」を発表。マスコミを中心に、多くの方が参加しました。 [2013/01/15]

留学経験があまり評価されない転職市場
企業が考える「グローバル人材」に必要な要件とは?
グローバル人材を採用したい企業にとっては、当然、海外の大学への留学経験者などはその候補といえるでしょう。ところが、中途採用市場では、留学経験が評価されないケースが少なくありません。その背景には何があるのでしょうか――。 [2012/10/01]

2012年10月、「一般社団法人 人材サービス産業協議会」が設立
―業界4団体が連携して取り組むプロジェクトとは―
2011年6月に全国求人情報協会、日本人材紹介事業協会、日本人材派遣協会、日本生産技能労務協会によって設置された「人材サービス産業の近未来を考える会」が、2012年7月、本格的に始動。2012年10月1日には「一般社団法人 人材サービス産業協議会」と... [2012/08/23]

海老原嗣生さん
ニッポンの「雇用」と「採用」のあるべき姿とは?
~日本企業の構造から雇用問題と新卒採用について考える
日本経団連の倫理憲章により、採用活動の開始が従来の10月から12月に後ろ倒しになるなど、企業には新卒採用への対応の見直しが求められています。さらには、新卒一括採用の批判をはじめとして、「これまでの日本型雇用慣行・制度をリセットして、欧米のシステムを取... [2012/04/02]

人事マネジメント「解体新書」第54回
2013年 新卒採用の動向と対策(後編)
日本経団連の倫理憲章の改定により、企業は2013年の新卒採用活動で、少なからぬ影響を受けている。ではこの時期、企業は採用戦線をどう戦っていけばいいのだろうか。『後編』では、具体的な対応を中心に見ていくことにしよう。 [2012/03/05]

人事マネジメント「解体新書」第53回
2013年 新卒採用の動向と対策(前編)
2013年の新卒採用は、日本経団連の倫理憲章によって、例年より2ヵ月遅れて2011年12月にスタートした。これにより、多くの企業が採用戦略の見直しを迫られることになった。まずは、2013年新卒採用の見通しはどうなっているのか、データを中心にその動向を... [2012/02/27]

人事マネジメント「解体新書」第52回
2012年 これからどうなる!?「人事」と「人事部」(後編)
「前編」で示した方向性を受けて、この先「人事部」はどのように課題に取り組んでいけばいいのか、また、人事部の果たす役割の変化とともに注力すべき施策や、注目されるキーワードについて解説していく。 [2011/12/26]

人事マネジメント「解体新書」第51回
2012年 これからどうなる!?「人事」と「人事部」(前編)
グローバル化、少子高齢化が一段と進む中、思いもかけなかった東日本大震災、そしてTPP問題など、混乱を極めた2011年が終わろうとしている。依然として、景気の先行きは不透明であり、この先も年金問題や派遣法の改正、新卒採用の短期化など、人事部には対応しな... [2011/12/19]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...