企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

定期健康診断の未受診者への制裁について

お世話になります。ご指導の程、よろしくお願いいたします。

定期健康診断において、何度も受診を催促しましたが未受診者が出ました。

全面的に会社の責任が問われることは認識していますが、社員に何らかの制裁をするには、事前にどのような定めが必要でしょうか。

就業規則の健康診断には、以下定めています。
「会社は社員に対して入社のとき、および毎年1回、定期的に健康診断を行う。また必要に応じて、社員の全部または一部に対して各種検査、予防注射をすることがある。社員はそのたびに必ずこれを受けなければならない。」
ただし、訓戒・減給・出勤停止・懲戒解雇の中に、「健康診断が未受診のとき」等の定めは行っていません。

就業規則に、どのような文面があればよいか、具体的にご指導いただけると幸いです。
なお、出勤停止や懲戒解雇は行き過ぎだと思いますので、訓戒・減給を予定しています。

投稿日:2020/10/16 17:42 ID:QA-0097586

収集係さん
広島県/化学

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

まず、就業規則上の文面を例示しますが、これをたたき台に御社の状況に合わせて加筆・修正されたらいいでしょう。

第〇〇条 (健康診断)
1. 会社は従業員に対しては、入社の際及び毎年1回以上定期健康診断を実施する
2. 従業員は健康診断の受診、及び診断結果の提出を拒むことができない。正当な理由がなくこれを拒んだ場合は、懲戒処分に処する場合がある。
3. 従業員の定期健康診断の結果、提出された診断書、医師からの意見書、その他従業員の健康管理に関する情報は、会社が安全配慮義務を果たす関係上、一括して管理を行い、従業員の健康管理のために利用する。また、従業員個人に健康診断結果が通知された場合であっても、従業員はその結果を会社に提出する義務を負う。
4. 従業員は健康診断の結果に異常の所見がある場合、再検査を受ける義務を負う。
5. 従業員が正当な理由なく前項の再検査を受けない場合、会社は従業員に対し、期間を定めず就業禁止措置を取る場合がある。
6. 会社は、診断書、医師の意見書等により総合的に勘案して、一定期間就業を禁止し、または配置転換を行うことがある。

ところで、何度も受診を促したにもかかわらず受診をしないということであれば、その理由を確認する必要があります。

その上で、仰るように例えば訓戒処分を課すとなれば、それは懲戒処分の中でも最も軽い処分であって、一般的には始末書を提出させ戒めるということになりますが、逆にいえば、始末書さえ提出すれば受診する必要はないといった印象も持たれかねませんので、ここは粛々と対応する必要があります。

投稿日:2020/10/17 08:30 ID:QA-0097590

相談者より

承知いたしました。
具体的な文例をご提案いただきまして、
ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日:2020/10/20 12:08 ID:QA-0097646大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

未受診者への罰則 

▼定期健康診断を行わないと、事業主に罰則が課されます。他方、従業員には受診する法定義務があります。 医療費問題が国家存亡レベルとなりつつある昨今、何度、督促しても受診しない社員に対…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2020/10/17 13:43 ID:QA-0097594

相談者より

承知いたしました。
ご丁寧にご指導いただきましてありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日:2020/10/20 12:08 ID:QA-0097647大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。 ご相談の件ですが、健康診断の未受診に関しまして敢えて明示されなくとも、会社からの受診を指…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2020/10/17 20:08 ID:QA-0097599

相談者より

承知いたしました。
ご丁寧にご指導いただきましてありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日:2020/10/20 12:09 ID:QA-0097648大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

服務違反

特定した条項など無くても業務指示に従わないことは懲戒対象のは…

会員登録(メールアドレス登録)すると続きを読むことができます

ログイン/会員登録

投稿日:2020/10/19 09:51 ID:QA-0097607

相談者より

承知いたしました。
ご丁寧にご指導いただきましてありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日:2020/10/20 12:09 ID:QA-0097649大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則における生理休暇の定めについて
以前、労基署の方から「生理休暇について、就業規則で定める必要はない」と言われたという者がいるのですが、実際には、生理休暇については、就業規則に定める必要はないのでしょうか。 ご教示くださいますようよろしくお願いいたします。
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
降格人事
降格人事とは、一般に従業員の地位や役職を引き下げることを言います。職能資格制度における資格の引き下げや、職務等級制度の等級の引き下げにも、「降格」の言葉が使われることがあります。
諭旨解雇
「諭旨解雇」とは、使用者が労働者に対して行う懲戒処分の一つで、最も重い処分である懲戒解雇に相当する程度の事由がありながら、会社の酌量で懲戒解雇より処分を若干軽減した解雇のことをいいます。「諭旨」は、趣旨や理由を諭し告げるという意味。労働者の責によって生じた業務上の支障や損害について、使用者が強制的に...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/23
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。