企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

タイムカードの入力のタイミングについて相談させて下さい。

タイムカードをパソコン上で打刻できるソフトを使用しています。

タイムカードの打刻時間と実労働時間を可能な限り
近づける為に、パソコンのソフト上で管理を一本化をしています。

それを踏まえた上で、なんですが
制服に着替えてはいますが
会社で義務づけているものではないので
着替えた後に、自席にきてパソコンを立ち上げて
出勤時間を打刻する流れになっていますが

始業時間2~3分前に自席に到着し
パソコンを起動中に始業時間が到来してしまう、という
現象が起きてしまっています。

これに関しての対応は
どのようになるのが一般的でしょうか?

そのような状態になった場合
後から打刻訂正として、始業時間ちょうどに
変更して欲しいという依頼が管理者にきます。

これは、実際にパソコンを起動させて出勤を打刻した時間
始業時間から2~3分遅い時間で出勤を打刻させるのか
毎回毎回、始業時間が過ぎた場合は、修正させるのか
教えてください。

投稿日:2020/09/07 09:01 ID:QA-0096462

レオ831さん
神奈川県/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、タイムカードの打刻時間=始業時間ではございませんし、文面のような事象は一般的によく起こる事象といえます。

すなわち、打刻のタイミングによる微少なずれと判断出来る場合には、タイムカードの打刻時間に厳格に従う必要性はないですし、管理者が確認の上問題がなければ通常の始業時刻とされる事で差し支えございません。

投稿日:2020/09/07 09:59 ID:QA-0096469

相談者より

大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日:2020/10/14 09:54 ID:QA-0097491大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

PC環境

立ち上げに数分かかるPCであれば、始業時間に間に合わないこと自体は合理性がありますので、監督者がその旨を承認していれば時間のずれは問題ありません。しかし紛らわしいことは間違いないので、PCの時計を調整したり対応はできないでしょうか。

投稿日:2020/09/07 11:57 ID:QA-0096479

相談者より

管理者の現認を促すように
してみます。
ありがとうございました。

投稿日:2020/10/14 09:54 ID:QA-0097492大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

電源オン時点記録を始業開始時刻に自動変換できないか

▼同じような問題をお持ちの会社は、巨万(ごまん)とある筈です。人間が知恵を働かせる部分と、ソフトに自動判定させる部分です。ソフトには命令すれは良いのですが、毎日の始業時刻には、回線状況、諸種ソフトの自動アップデート等により、遅速が発生は避けられません。
▼ご引用の実働開始時刻と PC立上りの遅速による記録時刻のズレの変更依頼は当然ですし、会社も対応義務があると思います。システム的に可能かどうか分かりませんが、プロに頼めば、「電源オン時点」記録を始業開始時刻に自動変換できる仕組みは可能ではないでしょうか?
▼毎回、毎回、1分だ、3分だと、手間暇かけて修正することに期待できるものは、それに要する人件費を考えれば、非生産性だけですね。

投稿日:2020/09/07 13:06 ID:QA-0096482

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2020/10/15 10:53 ID:QA-0097534参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

本来であれば、たとえ2~3分のズレであっても修正するべきでしょうが、ただ、毎回毎回、それをやることがはたして合理的なのかといえば疑問です。

厳密にいえば、打刻時間=始業開始時間とはなりませんので、想定の範囲内で処理することも有りかと存じます。

投稿日:2020/09/07 13:09 ID:QA-0096483

相談者より

ありがとうございました。

投稿日:2020/10/15 10:53 ID:QA-0097535参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

*****さん
埼玉県/その他業種

打刻時刻の考え方の決め方で解決します。

自席に到着した時刻
業務を開始できる時刻

そもそも会社が求めているのは、どちらでしょうか?

ご質問の件、自席のパソコンを各自が業務で使用する場合に、起動中に始業時刻が到来することは、すなわち始業時刻にパソコンを使える状態になってないわけで、それは始業時刻に100%の状態で業務開始できないことを意味します。

始業時刻にパソコン作業ではなく別のパソコン以外の作業をすると仮定しても、そもそも始業の準備が完了していないと考えれば、パソコン起動にかかる時間を見越して自席に到着するのが、あるべき姿ではないでしょうか。わずか数分のことですから。

このような職場の雰囲気づくりが必要かとお見受けしました。

投稿日:2020/09/21 12:22 ID:QA-0096894

相談者より

大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日:2020/10/14 09:57 ID:QA-0097493大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
労働時間の管理をするには、どうしたらよいですか?
タイムカードの打刻について 何度か相談させていただきました。 他の質問者様の投稿を読ませていただきました。 その中で、 ①タイムカードの打刻時間=始業時間ではありません。 という、文言をよく見かけます。 そして ②タイムカードを社員が押すタイミングが 始業時間よりも前だとそれは残業時間になる、との...
出勤日の数え方について
お世話になります。 当方では、出勤日を1日、0.5日というように、 最小出勤単位を「半日(0.5)」として数え方をして処理しています。 やむを得ず休日に2時間だけなど、半日に満たない出勤がある場合 出勤日数はどのようにカウントすればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。
打刻訂正について
いつもお世話になっております 9月より勤怠管理業務を行うようになったのですが、勤怠の打刻訂正についてご教授下さい。 弊社では15分単位で勤怠管理をしております。 (例) 9:00〜18:00の勤務の社員が、 8:31〜8:45で出勤打刻をした場合、15分の残業代が出ます。 8:46〜9:00で出勤打...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
勤怠管理
勤怠管理とは、企業や事業場が従業員の就業状況を正確に把握し管理することです。具体的には、出勤や欠勤状況、労働時間や残業時間、有給休暇取得状況などを管理します。勤怠管理の目的は、「適正な賃金の支払い」「過剰労働の早期発見や防止」「従業員の健康維持」を果たすことです。メンタルヘルスの不調や過労死、残業代...
7S
「7S(Seven S Model)」とは、マッキンゼー・アンド・カンパニー社が提唱した組織変革のためのフレームワークです。組織の全体像といくつかの要素の相互関係を表しており、組織の現状を包括的に捉え、適切な対策をとっていくのに有効だとされています。
PSEマーク
電気用品安全法に基づき、製造業者や輸入業者が電化製品の安全性を自主的に検査し、問題がなければ表示できるマーク。菱形またはマルの中にPSE(Product Safty of Electricalの略)の字が入っています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...