企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

給与体系変更について

雇用契約を変更するにあたり、ご教授頂きたいのですが、
最初の雇用契約時は基本給に役職手当、皆勤手当、協力手当、経験手当、調整手当を付けていました。

それをこのたび、本給、職能給、調整給を併せて基本給として契約しました。基本給以外に役職手当、皆勤手当等を入れて、前の契約とほぼ同給与の水準にして再雇用契約を結んでいます。

次の昇給の際、役職手当を上げる代わりに、基本給の中に入れている調整給を減らし、本人の同意なく基本給を下げる場合は法に違反しますでしょうか?
役職手当を上げることは本人に伝えていますが、基本給を下げることを本人に伝えていない場合、何か言われることはありますでしょうか?これは告知すべきことなのでしょうか?
宜しくお願い致します。

投稿日:2020/06/30 11:40 ID:QA-0094708

医療事務さくらさん
大阪府/医療・福祉関連
この相談に回答する(会員登録)

『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、一般的に調整給とは文字通り給与体系変更等に伴う不利益の緩和措置としまして設定されているものといえます。それ故、元々勤務内容自体に支給根拠を有したものではございませんので、将来的に廃止される事も不合理ではないものといえるでしょう。

但し、通常であれば調整給を決められた時点でいつまで支給されるかを明確に示されるべきといえます。従いまして、仮にそのような内容を取り決めていなかったとすれば、詳細事情を当人に説明された上で極力同意を得た上で廃止されることが求められるものといえます。また、仮に同意を得られなくとも、労働契約法第10条に基づき不利益の程度も少なく代替措置等もなされていれば廃止は有効とされる可能性が高いものといえるでしょう。

投稿日:2020/06/30 12:17 ID:QA-0094711

相談者より

この度はありがとうございました。調整給の期限はいつまでという期限は書いておりませんでした。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日:2020/07/01 09:35 ID:QA-0094737大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

変動・事由を説明、透明度を高めるべき

▼合計金額が変わらないから問題ないだろうとは行きません。合計金額は、諸種の賃金項目から成り立っていますが、夫々の項目間の動向、高低は、その意義乃至評価を示しているものです。
▼依って、基本給の構成項目(本給・職能給・調整給)、役職手当、皆勤手当の変動と事由を明確に説明し、透明度を高めるべきだと思います。

投稿日:2020/06/30 12:38 ID:QA-0094712

相談者より

この度はありがとうございました。
色々な手当てを付けており、分からなくなって給与体系を変えていますが、実際のところの内容は不透明です。その為職員からも不満の声が上がっていますので、明確に説明できる給与体系にしたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/07/01 09:38 ID:QA-0094739大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

基本給を下げることにより、賞与、退職金など他の影響はありますでしょうか?

いずれにしましても賃金は労働者にとって一番重要な労働条件ですから、
本給、職能給、調整給の目的、性質を周知、説明するとともに、
基本給を下げることについて、よほどの合理性がないかぎり、同意をもらう必要があります。

投稿日:2020/06/30 16:26 ID:QA-0094721

相談者より

この度はありがとうございました。
賞与、年金、退職金、休業補償に関係してきます。
しかし給与自体は上がるからとの理由で基本給を下げるとまずいみたいですね…。
本当にありがとうございました。

投稿日:2020/07/01 09:40 ID:QA-0094740大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
人事・経営コンサルタント

人事原則

法に違反というより、人事の大原則である公平公正な評価に反する行為で、社員のモチベーションを著しく損なう恐れがあります。
給与はモチベーションの原点の中の原点であり、勝手に操作したことがバレれば退職すら結びつけない裏切りと取られても仕方ありません。ていねいな説明で、今後の不利益がないことなど、納得いくまで説得をして下さい。

投稿日:2020/06/30 22:25 ID:QA-0094732

相談者より

この度はありがとうございました。
モチベーションが下がるということよりも、少しでも基本給を少なくしたいという経営陣の思いでした。
ありがとうございました。

投稿日:2020/07/02 08:52 ID:QA-0094780大変参考になった

回答が参考になった 0

この相談への回答を現在募集しています

この相談に回答する(会員登録)

『日本の人事部』に会員登録するとこの質問に回答することができます。
現場視点の解決ヒントやアイデア、事例などを共有していただけませんか?
既に回答が付いている相談でも、追加の回答は可能です。皆さまのアドバイスをお待ちしています!

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
時間外手当の基礎額について
いつもお世話になります。 時間外手当の基礎算出額についての質問です。 弊社では、リーダーという役職者に対し、リーダー手当を支給しております。 原則として、この手当は時間外の基礎算出額に含まれるべきだと思うのですが、社内で確認した結果、この手当は役職手当ではなく、職務手当であり、みなし時間外労働手当...
規則に定めていない手当のカットについて
お世話になっております。 以前より支払われている手当のうち、規則等に定められていない(確認できない)ものがあった場合、この手当を削除してしまう事は、やはり不利益変更にあたるのでしょうか。 ご教授お願い致します。
深夜手当を別の手当で支払う場合について
弊社では、夜間(20:00~27:00ぐらい)に運転する運転手に、運転手当を支払っています。しかし、その手当を支給する代わりに、深夜手当を支払っていなかったので、今回給料改定を行うにあたり、改善しようか、考えています。 運転手当は、深夜手当で計算するよりかなり多くなるため、従業員の方からは不満はあ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
役職定年制
役職定年制とは、役職者が一定年齢に達したら管理職ポストをはずれ、専門職などに異動する制度。人事の新陳代謝を促し、組織の活性化や若手の育成、モチベーションの向上を図るとともに、年功序列制度のもとでは人件費コストの増加を抑えるねらいもあります。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/11
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...