企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

緊急事態宣言に伴う自宅待機

他の方も相談されてましたが、下記についてはっきりとした回答がなかったようですので、相談です。
弊社は大阪市内に事業所があります。業種としてはITとなります。今回の緊急事態宣言の発令に伴い、正社員と在宅勤務が可能な業務の1部の派遣社員は在宅勤務となりました。
ただし、1部の派遣社員の方に関してはプロジェクトの機密性から通常から特定の者しか入室できないカメラ監視付のセキュリティの高い部屋にて、その部屋のマシンでしか作業出来ない契約となっておりますので在宅勤務は不可能です。
よって、その派遣社員さんには派遣元もしくは自宅待機を派遣元にお願いしたところ、派遣先の責に帰すべき理由にあたるから60%払って欲しいと一点張りです。
この場合、派遣先の責任になりますでしょうか?

兵庫県から通っている派遣社員もいるなか、そのプロジェクトの派遣社員達を出社させると指揮命令の正社員を出社させる必要もあり、会社側としては安全を確保する為には仕方ないと思いますが、いかがでしょうか?

投稿日:2020/04/11 18:18 ID:QA-0092094

*****さん
大阪府/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

派遣先に責任はないが、現場工夫が不可欠

▼労基法26条の休業手当の当事者は、「使用者」(派遣元)であって、「発注先」ではありませんので、派遣先である御社が登場する局面はありません。
▼派遣元の場合も、被用者(派遣社員)に対し、自宅待機は、法に定める不可抗力とは見做されず、休業手当の対象とはなりません。
▼然し、事の重大性、緊急性に鑑み、政府は、雇用調整助成金制度を拡充し、中小企業では、賃金の最大9割補償を打ち出しています。
▼以上、御社としては、派遣会社の支払要求に応じる必要はありませんが、派遣元の在宅勤務を拒否することもできません。その辺の乗切り策は御社ご自身の創意工夫次第です。

投稿日:2020/04/13 12:13 ID:QA-0092118

相談者より

ご回答ありがとうございます。
あくまでも休業手当は派遣先ではなく派遣元であるとのこと、大変参考になりました。

投稿日:2020/04/13 20:37 ID:QA-0092158大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

派遣法では、派遣契約の途中解除であれば、派遣先が休業手当等の支払い義務が生じますが、
一時的休業など、契約解除でない限りは、派遣先に休業手当等の負担義務等は生じません。

よって、派遣先が負担するかどうかは、派遣元・先間の契約がどうなっているのか、あるいは話し合いによるということになります。

投稿日:2020/04/13 14:29 ID:QA-0092128

相談者より

ご回答ありがとうございます。
弊社としましても途中解約する気はなく、派遣契約を継続するために安全に配慮したつもりが、いきなり60%の請求を強気でされ困っておりました。
しっかり協議したいと思います

投稿日:2020/04/13 20:42 ID:QA-0092159大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、派遣社員に対する賃金支払義務は雇用主である派遣元にございますので、休業手当の支給に関しましても当然に派遣元がその責を負う事になります。

従いまして、休業手当の支払いを直接派遣元が御社に請求されても直ちに応じる義務まではございません。

その一方で、休業手当を派遣元が支給された上で、それに要した費用負担をどのようにされるかについては労働者派遣契約に基づき両社間で協議して決められるべき事柄になります。恐らくこのような非常事態の取扱いについてまで契約内容で明確に定められていない可能性は高いでしょうが、いずれにしましてもどちらかが必ず負担しなければならないといった事柄ではございませんので、真摯に話し合いの場を持たれて解決されるべきといえます。

投稿日:2020/04/13 20:00 ID:QA-0092152

相談者より

ご回答ありがとうございます。
契約書を確認しても途中解除については取り決めでありますが、こういった場合のことは書かれておりませんでした。
ですが、他の取引先は全て60%払っていただけるので払って下さいと本当かどうかわからないことを強気でおっしゃるので困っておりました。
助成金の話も含め、しっかり協議したいと思います。

投稿日:2020/04/13 20:46 ID:QA-0092160大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

話し合い

何の60%か不明ですが、派遣料金は派遣社員の給与ではありませんので、この60%という数字自体に法的根拠のあるものではないと思われます。しかし派遣会社は派遣社員の給与補償が必要ですので、貴社が国から操業停止を命じられたりしない限りは貴社の自主的操業停止とも取れます。そうなれば派遣会社との話し合いで、「派遣料金」をどの程度支払うかの交渉で、60%は一つの交渉材料ということでしょう。

投稿日:2020/04/14 09:45 ID:QA-0092176

相談者より

ご回答、ありがとうございます。
そうですね、派遣社員が安心して自宅待機できるよう派遣元とも十分話し合いをしたいと思います。

投稿日:2020/04/14 17:22 ID:QA-0092196大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
在宅勤務手当の取扱いについて
いつも拝見させていただいております。 今般の新型コロナウィルスの影響により、弊社では、在宅勤務を導入しました。 今後も継続で在宅勤務を行うことになり、自宅での光熱費等が増えるということで、在宅勤務手当の支給を検討しております。 いろいろと調べてみますと、在宅勤務手当は割増賃金計算の基礎となる賃...
在宅勤務に関して
在宅勤務に関して 弊社では 特に在宅勤務を制度として持っているわけではないのですが 今回特例で勤務のスタッフを採用することを検討しています。 勤務時間等に関しては 現在裁量労働制を導入しているので対応が可能かと考えますが 社会保険等に関しては加入が必要となるのでしょうか? また、在宅勤務として...
在宅勤務について
質問があるのですが、事務職の社員でヘルニアを発症し病院より、1ヶ月間の在宅勤務が望ましいとの診断書を頂きました。 本人、会社の同意の上、在宅勤務をする運びとなりましたが弊社では、規程等にも在宅勤務の運用ルールがないため、注意する点、必要な事項等があれば教えていただけますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...
特定目的行為
「特定目的行為」とは、労働者派遣契約の締結に際して、派遣先企業が派遣労働者を特定することを目的とする行為のことで、労働者派遣法26条7項により禁止されている違反行為です。具体的には、労働者派遣に先立つ事前面接や履歴書の送付要求、性別や年齢による派遣労働者の限定などが、これに含まれます。派遣法が特定目...
3年ルール
派遣社員として働く人たちへの雇用安定措置として、2015年の労働者派遣法改正により、有期雇用の派遣社員の受け入れ期間の上限が3年となりました。それ以降は、派遣先での直接雇用または派遣元による無期雇用への転換や、異なる部署への配置変更といった対応が必要になります。本来は、派遣社員の処遇向上のために推進...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。