企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

アルバイトの年休について

年次有給休暇の時間について、
パートタイマーの場合は労働日数を基準に付与日を算出しております。

当社のアルバイトは日によって労働時間が異なるため、
年休を取得してもらう際の労働時間については
平均の労働時間を出して取ってもらっています。

6ヶ月後のに付与される年休の労働時間と
1年6ヵ月後に付与される年休の労働時間が異なる場合、
どちらを適用すればよろしいですか?

例えば、6ヵ月後の最初の年休付与時は平均労働時間が5時間だとして、
1年6ヶ月後の平均労働時間が7時間だった場合、
取得するときは何時間にすればいいか分かりません。

どうぞよろしくお願い致します。

投稿日:2020/01/24 14:09 ID:QA-0089913

cvbnmさん
東京都/販売・小売

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、年次有給休暇はあくまで休暇ですので、平均賃金や標準報酬月額で支払う定めをしていなければ年休を取得する勤務日の労働時間分の賃金を支給する事が求められます。

従いまして、年休付与次期の如何に関係なく、取得日の本来の労働時間が6時間であれば6時間、7時間であれば7時間の賃金支給をされるといった取り扱いが必要です。

投稿日:2020/01/24 18:14 ID:QA-0089925

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

短時間労総者(アルバイト)に対する年休付与

▼短時間労総者に対する付与日数は、所定、平均を問わず、労働時間ではなく、「所定労総日数」をベースに決められています。
▼6ヵ月後の最初の付与日には、そのj時点の所定労総日数、次の1年6ヵ月後の付与日には、そのj時点の所定労総日数が、夫々、適用されますので、毎日の労働時間の概念は不要です。

投稿日:2020/01/25 14:00 ID:QA-0089944

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

付与されるのは、付与日時点の契約による週所定労働日数から、「日数」を比例付与するもので、時間は原則関係ありません。

また、取得するときは、取得する日に労働することになっていた時間分を有給とします。

付与と取得は別物とお考えください。

投稿日:2020/01/25 20:12 ID:QA-0089951

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
年休付与日の統一
いつもお世話になっております。 現在、弊社では、年休付与日が4/1と10/1の社員が約半数ずつおります。 今回、年休付与日を7/1に全社統一したいと思います。 その場合に4/1付与者は、前回付与から1年経過するので、4/1に付与し、10/1付与者は7/1に付与する 予定ですが、4/1付与した社員...
年休の分割付与
いつもお世話になっております。 年休の分割付与についてご教授ください。 入社日である4/1に5日付与し、6ヶ月後の10/1に5日付与する場合、行政通達により、2回目の付与時期・付与日数は、翌年4/1の11日付与となります。 初年度に分割付与した場合、次年度以降も分割付与できるのでしょうか。 (...
年休の計画的付与について
いつもお世話になっております。 標記の件、年休の計画的付与日をまたいで長期欠勤中のものに対し、 どのように取り扱えばよろしいでしょうか。 欠勤として取り扱うのか、年休を計画的付与しなけばならないのかご教授ください。 また、年休の計画的付与日をまたいで長期欠勤している従業員に対し、 年休を計画的付...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
時短促進法
2006年3月末が期限の時限立法です。1992年、豊かでゆとりのある勤労者生活を実現するため、年間労働「1800時間」の達成を目指した政府計画とともに制定されました。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/04
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。