企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヒョウジュンホウシュウゲツガク 標準報酬月額

「標準報酬月額」とは、会社と社員が折半で負担する健康保険・介護保険・厚生年金保険の社会保険料の計算を簡易にするための仕組みで、毎年一回7月に、4月、5月、6月の3ヵ月間に支払われた給与の平均額を、「標準報酬月額表」の等級区分にあてはめて決定するものです。社会保険料の金額は、この標準報酬月額に保険料率を乗じて算出します。こうすることにより、残業代などの増減で給与の支給額が毎月変動しても、社会保険料は一定の金額を控除すればよい仕組みになっています。
(2015/10/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

標準報酬月額のケーススタディ

4、5、6月に残業が増えると損をする!?
煩雑な社会保険料の計算を簡素化する制度

毎年4月から6月まではなるべく残業しないほうがいい。残業するほど、給料が減って損をするから――。そんな話を聞いたことがある人は多いでしょう。「損をする」といわれるのは、給与から毎月一定額で天引きされる厚生年金や健康保険の社会保険料が、原則、残業代を含めた4、5、6月の3ヵ月間の給与支払実績によって決められる、「標準報酬月額」をもとに計算されるためです。

社会保険料は毎月納付すべきものですから、残業の増減などで変動するアクチュアルな月ごとの給与支払額をもとに、一人ずつ個別に計算するのではあまりにも煩雑すぎます。それだけで膨大な手間とコストがかかり、事務処理をする会社も、管理する国も大変でしょう。そこで、標準報酬月額の仕組みを用いて、簡単に算出できるようにしたのです。

先述したように、各社員の標準報酬月額は毎年一回7月に、4、5、6月の3ヵ月間の給料の平均額を、厚生年金の場合は全30等級、健康保険なら47等級に区分された標準報酬月額表にあてはめて決定されます。これを「定時改定」といいます。たとえば、標準報酬月額が「23等級41万0000円」という場合、4、5、6月の給料の平均額が、39万5000円以上42万5000円未満の人がこれに該当します。つまり算出された平均額が39万8000円の人も、42万0000円の人も、標準報酬月額は同じ「23等級41万0000円」と見なされるわけです。また、報酬月額の根拠となる給与には、基本給や残業代はもちろん、通勤手当や住宅手当など各種手当も含まれます。基本的に、毎月受け取るものすべてが含まれると考えていいでしょう。

定時改定で決定された標準報酬月額は、その年の9月1日から1年間有効で、翌年8月31日まで同じ額の社会保険料が天引きされます、その間に基本給や通勤交通費の変動があり、よほど大きく給与額が変わらない限り、改定されることはありません。したがって4月から6月にたまたま残業が集中すると、年間の保険料は上がりますが、残業が減って給与額が少ない月でも保険料の負担は変わらないため、“損をした”と感じる人が多いのでしょう。

もともと4、5、6月といえば、新入社員を迎えて、何かと組織が落ち着きませんし、会社によっては、年度末の決算業務で休日出勤が増えるような繁忙期でもあります。そうした傾向が顕著な企業にとって、定時決定による社会保険料の決め方には不利な面がありました。これを是正するために、2011年4月から新たな仕組みが導入されています。業種や部署の性質上、毎年4月~6月に残業が増え、定時決定による標準報酬月額が高くなりやすいケースについては、前年の7月から当年6月の月平均の報酬から算出した標準報酬月額と比べ2等級以上の差が生じた場合にかぎり、申し立てによって標準報酬月額を後者のものにすることが可能になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
固定残業代
「固定残業代」とは、毎月決まった金額を見込みの残業手当として、実際の残業の有無にかかわらず支給する制度のことです。定額残業代ともいわれ、人件費抑制や支払い事務の負担軽減を目的とした導入事例が広がっています。一定の要件を満たす限り、適法であり、有効な制度ですが、昨今、不適切な運用から労使トラブルを招く...

関連する記事

「給与計算」とは
企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソー...
2011/08/30掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「給与計算代行」の利用メリット
企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
2010/09/24掲載人事支援サービスの傾向と選び方
「残業手当」100%支給にこだわる求職者
裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといい...
2012/05/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

年俸制における標準報酬月額の算出について
当社では一部年俸制を採用しており、年報を14分割してすべて給与で支給しています。具体的には、年俸700万円の場合各月50万円、5月と11月には50万円上乗せした100万円を給与で支給しています。標準報酬月額の算出はどのようにするのがいいのでしょうか?ご教示よろしくお願い致します。
2か月連続で給与が変動した場合の月額変更手続き
お世話になります。 月額変更手続きについて質問がございます。 以下のような例について、 2か月連続で固定給が変動した場合に比較対象となる標準報酬月額はどれになるでしょうか。 標準報酬月額 200,000円(固定給180,000円) 1月 総支給額 230,000円(固定給185,000円 5...
転籍する社員の養育期間標準報酬月額特例申出書について
お世話になります。 今年5月より育休から復帰した社員がおり、その際に時短勤務となり月給の変更も行いました。 そこで、養育期間標準報酬月額特例申出書の届出を行おうかと思うのですが、 今年8月以降にグループ会社へ転籍する可能性があります。 このような場合、転籍先でも養育期間標準報酬月額特例は適用さ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...


グローバル化、M&A……変化の激しい時代に<br />
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

グローバル化、M&A……変化の激しい時代に
「POSITIVE]が選ばれる理由とは タレントマネジメント機能を大幅拡充!

1400社以上の導入実績を誇る電通国際情報サービスの統合人事パッケージ...