企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14452件   回答数30697

通勤手当金額変更による標準報酬月額変更届

固定的賃金の変動による標準報酬月額変更届について

弊社雇用のパートタイマーへの通勤費は、1日の単価に出勤日数を乗じた金額を算出してます。
月によって出勤日数が異なるため、時給や1日の通勤手当の金額は変わらないのですが、月の通勤手当の金額は変更となります。

この場合、標準報酬月額の変更に該当するとして取扱ってよいのでしょうか。

毎月の給与計算を行った結果、繁忙期と重なる4,5,6月の給与を元に算出される算定基礎届から2等級ほど下がるパートタイマーの方もおり、固定的賃金の変動が月の通勤手当金額の変更に該当するかどうか知りたく、ご相談いたします。

  • 投稿日:2019/07/12 15:08
  • ID:QA-0085598

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/07/13 12:09
  • ID:QA-0085603

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

通勤手当の単価が変更したわけではありませんので、月額変更対象とはなりません。

ただし、、例えば、週4勤務から週3勤務へなど契約内容が変更となった場合には、単価が変更しない場合でも固定的賃金の変更とみなし、月額変更対象となります。

  • 投稿日:2019/07/29 09:32
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

時給、1日の交通費、契約内容と照らし合わせ、それらに変動があった場合に固定的賃金の変動とみなす、ということですね。

出金日数による契約内容の変更の場合を失念しがちでしたので、今後は注意して処理していきます。

とても参考になりました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/07/13 18:56
  • ID:QA-0085609

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、通勤手当も勤務された月に必ず支給されているものである限り、固定的賃金とされます。

従いまして、極めてレアなケースでしょうが、各月の賃金支払基礎日数が17日以上ありかつ標準報酬月額で2等級の差が生じる場合は月額変更届提出の対象となります。

  • 投稿日:2019/07/29 09:35
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

1か月に支給する通勤手当の変動があった場合、たとえ1日の通勤単価に変更がなくとも固定的賃金の変動とみなす、ということですね。

基礎日数17日以上か否かをきちんと確認していきたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
給与変更と月額変更届
お世話になります。 給与の固定給の変更で、 2月から休業手当として6割支払い、 4月から職種の変更を含めその額より下がった場合、 2月から3か月と、4月から3か月の2回、 月額変更することができますか? 【例】~1月50万、2月、3月30万(休業手当)、 4月より職種変更して20万、 2月より、30...
標準報酬月額の上下額の変更について
影響するのは、健康保険・介護保険のみでしょうか?(厚生年金保険は変更なしでしょうか?)
時給変更の際の社会保険料
いつもお世話になります。 当社の地方にあります事業所で今年7月1日に時給730円で採用したパート社員が居るのですが、 10月1日にその事業所の県内の最低賃金が748円に上がったため、10月1日より時給を750円に変更しました。 この場合の社会保険料ですが、7月の入社月に時給から月額給与を算出し、...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

標準報酬月額
「標準報酬月額」とは、会社と社員が折半で負担する健康保険・介護保険・厚生年金保険の社会保険料の計算を簡易にするための仕組みで、毎年一回7月に、4月、5月、6月の3ヵ月間に支払われた給与の平均額を、「標準報酬月額表」の等級区分にあてはめて決定するものです。社会保険料の金額は、この標準報酬月額に保険料率...
7S
「7S(Seven S Model)」とは、マッキンゼー・アンド・カンパニー社が提唱した組織変革のためのフレームワークです。組織の全体像といくつかの要素の相互関係を表しており、組織の現状を包括的に捉え、適切な対策をとっていくのに有効だとされています。(2019/7/17掲載)
固定残業代
「固定残業代」とは、毎月決まった金額を見込みの残業手当として、実際の残業の有無にかかわらず支給する制度のことです。定額残業代ともいわれ、人件費抑制や支払い事務の負担軽減を目的とした導入事例が広がっています。一定の要件を満たす限り、適法であり、有効な制度ですが、昨今、不適切な運用から労使トラブルを招く...

定番のQ&Aをチェック

会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...