企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

給与の〆日変更

いつも参考にさせていただいてます。
労務について社内に詳しい者がいないので、間違った質問になっていたら申し訳ありません。

今回は弊社の給与〆日の変更について教えて下さい。

現在は20日〆当月25日支払です。
25日の支払日は変更しない方がいいかと思いますので、20日〆を15日〆に変更したいと思いますが
弊社の決算は9月20日です。毎月の通常業務の〆日は20日で処理をしています。
給与だけ15日〆に変更することは可能でしょうか?
決算の時に未計算の9/16~9/20の給与はどうしたらいいでしょうか?

また変更する場合に労働基準局など、知らせるべきところはありますか?

以上、よろしくお願いします。

投稿日:2011/05/30 14:31 ID:QA-0044273

*****さん
大阪府/商社(総合)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

給与締め日の変更

まず9月16-20日の給与は今期の経費ですから、未払賃金でしょう。また、締め日の変更は会社の都合がありますので、必要に応じて変更は可能と考えます。

投稿日:2011/05/30 19:49 ID:QA-0044283

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

給与締め日の変更ですが、それに伴い切替の最初の月のみ給与額が未計算の5日分だけ少なくなります。この5日分につきましては次月の支払日に支給されますので最終的に労働者にとって金額面での損にはなりませんが、たとえ一月であっても給与額が少ない月が出ることに関しましては一種の不利益変更に当たるものといえます。

従いまして、変更自体は可能ですが、その際就業規則(賃金規程)の改定及び労働基準監督署への届出手続きを行う事は勿論、事前に労働者へ変更の説明を行い極力個別の同意を得ておく事が求められます。

ちなみに業務締切りが20日処理で変わらないのであれば、給与締め日についても変更しない方が望ましいと思われます。何らかの特別な事情がおありなのでしょうが、実施される際には経理担当者等ともご相談の上、業務遂行に混乱・支障が生じないようにすることが重要です。

投稿日:2011/05/30 21:21 ID:QA-0044287

相談者より

届が必要なのですね。
社員の理解を得られるよう配慮して決定します。
ありがとうございます。

投稿日:2011/05/31 08:36 ID:QA-0044291参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

お答えいたします。

給与だけ15日〆に変更することは可能です。
(決算、毎月の通常業務の〆日は税務上の〆日ですので、給与と一致している必要はありません。)

給与の〆日・支払日を変更される際は、賃金規定に〆日・支払日が記載されているかと思いますので、こちらを変更し、労基署に届け出てください。

また、支払日の変更ではないので社員の皆様の生活に大きな影響はないかと思いますが、20日〆から15日〆への変更になりますので、変更後の初回の給与だけ、残業代等の支払いが5日分少なくなるかと思います。
その点につきまして、あらかじめ社員の皆様に説明されたうえで変更されるとよいと思います。

なお、未計算の9/16~9/20分については、9/16~10/15分(10/25支払い分)の給与額が確定した後に決算を行い、当該年度未払い金として計上することになるかと思います。ただし、税法上の処理になりますので、詳細は税理士の方とご確認ください。

投稿日:2011/06/01 20:39 ID:QA-0044326

相談者より

最近は20日〆25日支払には、給与振り込みの際に計算が間に合わないケースが多く、16日以降分は次月になることがあると、常日頃アナウンスしていたので、問題はないと考えられます。
むしろ、16日~20日の出欠を確認出来ないまま給与支給することに無理があると考えていましたので、社員に不利益がないようによく説明して実行したいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2011/06/02 08:40 ID:QA-0044329参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
給与制度変更時の移行措置の計算について
給与制度の変更に伴い、給与が下がる際に、移行措置(激変緩和措置)をとる場合がありますが、その計算方法は次の事例の内容でよいのでしょうか。ご教示願います。 (例)給与制度変更前給与 34万円→給与制度変更後給与 30万円(4万円ダウン)→変更1年後給与 29万円(評価が下がり1万円ダウン) 2年の移...
給与〆日の変更による収入減に関して
人事関連担当では無い為、質問させて頂きます。 勤務先の給与〆日運用が変更される事となり、5月支給給与が半月分。6月支給給与以降通常通り1ヶ月分。となる事が給与支給前日に突然発表されました。 この場合、年収(本年限定)でも月収(今月限定)でも給与減となりますが、給与〆日運用の変更の為、給与カットでは無...
決算日変更に伴う、給与支給日の変更
当社は毎月20日締め、同月28日を給与支給日としています。 来年より、4月20日決算が3月31日決算になるとの変更連絡をうけました。 そうなると、従業員への給与支給日の変更も必要になると思うのですが、 どのように移行していけばいいか悩んでいます。 今のところ、支給日の指定はありませんが、スムーズに従...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)
    日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増している。今後、企業運営の根幹を担う人事部には、さらに効率的・戦略的に業務を進めていく姿勢が求められるだろう。
あわせて読みたいキーワード
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
7S
「7S(Seven S Model)」とは、マッキンゼー・アンド・カンパニー社が提唱した組織変革のためのフレームワークです。組織の全体像といくつかの要素の相互関係を表しており、組織の現状を包括的に捉え、適切な対策をとっていくのに有効だとされています。
給与前払い
従業員が要望した場合に、実際の給与支払い日よりも早く給与が支払われる、給与前払いサービス。労働基準法で禁じられている「前借」ではなく、実際に働いた分の中から、一定の金額が先に支払われます。アルバイトやパートの福利厚生として導入する企業が多く、応募数の増加や離職率の低下に貢献しています。 (2018/...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化!
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/25
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...