企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

給与変更と月額変更届

お世話になります。
給与の固定給の変更で、
2月から休業手当として6割支払い、
4月から職種の変更を含めその額より下がった場合、
2月から3か月と、4月から3か月の2回、
月額変更することができますか?
【例】~1月50万、2月、3月30万(休業手当)、
4月より職種変更して20万、
2月より、30万、30万、20万で変更、
4月より再度、20万、20万、20万で変更。

以前に年金事務所に聞いた時は、
2月からの変更は該当せず、4月から金額が決定したということで、
4月からの3か月が該当する、というお答えでした。
会社も社員もかなりの負担になりますので、
2月からも該当するとありがたいのですが。
こちらの掲示板でも見せていただいきましたが、
いまひとつ理解できませんでした。

どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2010/04/27 10:41 ID:QA-0020260

Rimさん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

月額変更に関しましては、給与実態に応じた報酬額を反映させることからも固定的賃金の変動があることが条件になっています。

文面のような休業手当の支給についても固定的賃金の変動とみなされますが、行政通達にもありますように「その状態が継続して3ヵ月を超える場合に限るものであること」とされています。(昭和50年3月29日保険発第25号・庁保険発第8号)

文面の場合ですと、休業手当による変更は2ヶ月間のみで上記要件を満たしていませんので、年金事務所の回答通り改めて4月からの3か月が月額変更対象に該当するものといえます。

投稿日:2010/04/27 11:45 ID:QA-0020262

相談者より

早速のご回答ありがとうございます。
4月からの3か月で変更します。
重ねて質問させていただきます。
教えていただいた通達ですが、
こちらは休業の場合で、休業の状態が3か月を超える場合、
ということでしょうか。
先ほどの、2回の給料額の変更が、
休業は含まれず、役職や職種の変更により発生した、
通常の賃金の変動の場合も同じでしょうか。
今後、休業ということではなく、給料の変更が起こりえるため、
ご教示いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2010/04/27 12:08 ID:QA-0040041大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂き有難うございます。

御質問の件ですが、当通達は休業の際給与額が下がるといった特別な事情での取り扱いに関し明確にする目的で発令されたものです。

役職・職種変更等による通常の月額変更については、こうした特殊事例を対象とした通達自体関係は無く、ご周知の通り連続した3ヶ月間の固定的賃金変動で手続きを行う事になります。

投稿日:2010/04/27 13:01 ID:QA-0020265

相談者より

 

投稿日:2010/04/27 13:01 ID:QA-0040042大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

休業中の職種転換?

2月から休業し、休業手当6割をもらっている社員が、4月以降に別の職務につくので、給与が減額されるというのが理解に苦しみます。実際には何もしていないのに、どうして職務転換するのでしょうか?
お聞きする限り、2月以降の3カ月と同様の金額を4月以降も支払うのが道理でしょう。
いかがでしょうか?
もし引き下げが可能なら、いくらでも下げることができ、休業補償の意味をなさないと思います。
このような処分を行なう会社に対する従業員の信頼感は希薄になるでしょう。

投稿日:2010/05/08 14:10 ID:QA-0020376

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
給与の〆日変更
いつも参考にさせていただいてます。 労務について社内に詳しい者がいないので、間違った質問になっていたら申し訳ありません。 今回は弊社の給与〆日の変更について教えて下さい。 現在は20日〆当月25日支払です。 25日の支払日は変更しない方がいいかと思いますので、20日〆を15日〆に変更したいと思い...
就業規則の変更届について
いつもお世話になっております。 このたび就業規則を大幅に変更することになりました。条文の入れ替えもあり、詳細に変更点を挙げると煩雑になってしまいます。 この場合、変更届ではなく、新規の届として提出することは可能でしょうか。
役員の役職変更の手続きと時期について
いつも勉強させて頂いております。 役員の役職変更についてお伺いします。 現在、常務取締役の役員を①専務取締役へ役職変更、②変更後の役員報酬額の変更を予定しております。 その変更に必要な手続き、並びに変更可能な時期をそれぞれ教えてください。 ちなみに当社は3月決算です。 宜しくお願い致します...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
この相談に関連する記事
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 業績連動型賞与制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、「業績連動型賞与制度」の最新動向を3年ぶりに調査しました。2000年代以降、導入企業が増えてきた同制度ですが、経済環境が変化する中で、見直す企業も少なくありません。今回はこの中から、導入状況、導入年、過去5年以内における変更・見直し状況などについ...
  • 労使トラブル事例と実践的解決方法(下)~年休、退職金、メンヘル休職者の解雇・休業手当をめぐるトラブル
    本記事は前回に引き続き、労基署の主要任務といえる労基法遵守をめぐる労使トラブルの事例を挙げ、これに対する条文解釈と実践的な解決方法を解説するものです。
あわせて読みたいキーワード
7S
「7S(Seven S Model)」とは、マッキンゼー・アンド・カンパニー社が提唱した組織変革のためのフレームワークです。組織の全体像といくつかの要素の相互関係を表しており、組織の現状を包括的に捉え、適切な対策をとっていくのに有効だとされています。
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
標準報酬月額
「標準報酬月額」とは、社会保険料を算出する際の基準となる報酬です。決定時期や計算方法、対象となる報酬など、細かなルールが定められています。ここでは、社会保険労務士監修のもと、標準報酬月額および標準賞与額の算出方法を解説します。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化!
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:11/01~11/25
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...