企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

試用期間中の退職願提出について

お世話になります。
検索しましたが、似たような事案を見つけることが出来ませんでしたので、ご教授下さい。

正職員で雇用しましたが、当初から欠勤が多く(主に本人の家族の都合)、最終的には自身も病気となり1週間ほどの欠勤の申出後に、部署の責任者宛てに退職願と診断書が送られてきました。
退職日については、入職当初に1ヶ月間の猶予を以って提出する旨伝えていましたので、記入日から1ヶ月後の日付となっています。
本人に連絡し、退職日の件や社会保険料の話をしたいと考えましたが、着信拒否のため全くつながらない状況です。
ここで質問ですが・・・
 退職日については、業務引継や年休消化等を想定し1ヶ月程の猶予としていますが、病気の場合は就労不能であれば、直近の月末や欠勤後の翌日の出勤日に出勤できなければ、その日にしていました。(あくまで本人と面談など行った結果としてですが・・・)
 今回は、電話で欠勤を申出、その後に退職願を郵送し、連絡も取れない状況で、あまりにも一方的な対応ではないかと思います。このまま、1ヶ月間の欠勤とした場合、勤務できていない状況であれば、本人負担の社会保険料も徴収できない可能性があります。
 このようなケースの場合ですが以下の対応は問題になるのかご教授いただければと思います。(ちなみに入職初月は出勤率7割、翌月は1割もありません。)

1.社会保険料の支払いを命じ、期日までに支払いを行わない場合で連絡も全く行わず、支払の意思を示さない場合、退職日を会社が決め、退職手続を行い、その旨通知する。(引き続き支払いの督促は行うとしても、徴収できない分についてはあきらめることになっても仕方ないと考えます。)
2.退職願は既に提出されているので、その指定された日までは在籍扱いにするしかない。たとえ社会保険料の支払いがなくても、それは事業所が被るしかない。(厚生年金や退職共済含みます。)

上記以外しか思いつきません。
無断欠勤14日間のルールはありますが、試用期間中で、欠勤中であり、どのように対応すべきか苦慮しています。メンタル面の不調でもあり、強引な連絡などは逆効果であったり、そのことで悪化したと言われるのではないかと考えると、思い切った行動に出ることも躊躇されます。(面接では心身ともに健康であると言っていましたが、まさかこんなことになるとは・・・)

大変分かりづらい文面で申し訳ありませんが、何とか打開策を立てたいと考えておりますので、そのヒントだけでもいただきたく存じます。
宜しくお願いします。
 

  • 南の鷹さん
  • 熊本県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2019/05/22 14:23
  • ID:QA-0084527

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/05/23 10:14
  • ID:QA-0084533

人事・経営コンサルタント

整理

退職願が提出された後、退職日が確定したのであれば、その日を一方的に変えるのは難しいでしょう。本人との連絡が不通とのことですが、さらに確認を取らなければならない事項があるのでしょうか?
もしあるのであれば、自宅訪問や配達証明などで連絡を取り、現実的な締切りを提示して回答を待つことになります。退職で、とりわけ不調絡みの際は、連絡も十分取れないことが少なくありません。できる限り一回で必要手続きができるよう、後付けで手続きが出ないよう十分情報整理して対応するようにしましょう。
その上で社会保険料については本人が支払わないことが確定するまでは一方的控除はせず、あくまで債権として請求を続けることになります。保証人への請求含め、すべて本人の不払いが確定しないと対応は難しいでしょう。

  • 投稿日:2019/05/23 16:20
  • 相談者の評価:参考になった

増沢 様
早々にご回答いただき有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/05/23 22:55
  • ID:QA-0084552

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、自己都合による退職日等については本人の意思に基づいたものである事が求められます。つまり、退職希望者本人が退職日について規則に反することがない日程で意思表示されている以上、相談等で変更されない限りその日での退職に応じる事が求められるものといえます。

従いまして、当事案につきましても指定日をもって退職とされるべきです。解雇とされますと手続きも煩雑になりますし、ご懸念の通り先方のメンタル不調も考慮すれば社会保険料負担のリスクがあるとはいえ退職願に基づいた措置がやはり妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2019/05/27 11:23
  • 相談者の評価:参考になった

服部 様
返事が遅くなり失礼しました。
ご回答いただき有難うございます。

この後分かったことなのですが、体調不調での診断書が出ているにも関わらず、6月から再就職を決め既に時々手伝いに行っていることが判明しました。
であれば、なおのこと今月末での退職日設定で問題ないと考えましたが、先方との連絡がつかない状態です。
メンタル面の不調と言われると、上げ足を取られそうで、直接本人宅に行くのも躊躇します。

採用側が採用したことに非はあるのでしょうが、今後の採用については、今まで以上に慎重にならざるを得ません。
今後は、面接時に確認した心身の健康面についても書面で確認すべきと痛感しております。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
希望退職募集の場合の退職金
経営がかなり逼迫している状況で、希望退職を募る場合、退職金の上乗せはどれくらいが妥当でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

試用期間
試用期間とは、新たに雇用した従業員を正式に採用するかどうか、判断するために設ける一定期間のことをいいます。
アブセンティーイズム
「アブセンティーイズム」とは、英語の「absent(欠席)」から派生した言葉で、労働者が出勤日に欠勤している状態のことをいいます。継続的に欠勤するという点ではストライキ行為に近い部分がありますが、目的があって組織的に行われるストライキと異なり、欠勤している状態が企業の生産性にどのような損失を与えるか...
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...