企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14347件   回答数30483

短期雇用特例被保険者が労災休職した場合の特例一時金について

いつも参考にさせていただいております。

建設業の事務をしております。

弊社の協力会社の従業員が2017年12月に労災に遭い、現在も休職中です。
その方に労災給付、および雇用保険について質問です。

①被災者の雇用保険は、短期雇用特例被保険者で、2017年5月~12月まで加入期間8ヶ月あり(各月11日以上の勤務がありました)、本来なら12月末で退職して、特例一時金を受給するはずでした。
しかし労災による休職中のため、雇用関係が現在まで持続しております。
被災者が治癒後に退職した場合、失業等給付は受給可能でしょうか?
雇用期間が1年以上になるため、一般被保険者となるのでしょうか?

②現在も通院継続中につき、後遺障害等の等級認定は受けておりません。
 症状も固定し始めており、8級の傷害認定がなされる見込みです。
 しかし、その後も経過観察のため、継続的に通院が必要とのことです。
 その場合、治癒後の経過観察のための通院は、労災の療養給付を受けられるのか?
 また、継続的な通院が必要なのに、治癒の判定がされることがあるのか?

③被災者は傷害が残るため、元の業務は行えなくなり、転職が必要です。
 そのため、職業訓練の受講を希望しております。
 労災の休業給付受給中に退職した場合、雇用保険の職業訓練給付は受けられますか?
 給付できない場合、どうなれば、職業訓練の給付を受けられるようになりますか?

いろいろ質問してしまってすみません。可能な箇所だけでも回答いただければ幸いです。
被災者の今後の人生再建を検討中です。どうかよろしくお願いいたします。

 

  • 投稿日:2019/01/05 13:23
  • ID:QA-0081334

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/07 17:44
  • ID:QA-0081380

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問に各々回答させていただきますと‥

①:雇用期間が1年を超えますと、通常の雇用保険被保険者となります。そうなりますと、失業等給付の受給要件を満たさなくなるはずですので受給は困難と考えられます。

②:一般的に経過観察であれば、傷病自体は治癒しているはずであって、再発の防止や発見のために通院されているものといえますので、傷害認定がなされるものといえます。また通院に関しまして療養給付が受けられるか否かにつきましては、個別の事情にもよりますので自社で判断されず労働基準監督署に確認される事をお勧めいたします。

③:ハローワークに求職の申し込みをされることで、職業訓練受講給付金の受給が可能になります。但し、休業中で就労困難という事であれば求職は出来ないはずですので、他の支援方法も含めましてハローワークにご相談される事をお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/01/31 15:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

参考になりました。ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
64歳と65歳の失業給付金について
退職日を迷っておられる社員がいるのですが、64歳11か月で退職した場合と、65歳になってから退職した場合、雇用保険から受給できる失業給付金などの違いを教えて下さい。 また、月中退職と月末退職で生じる違いを教えて下さい。
休職期間満了前の労災の主張
いつもお世話になっています。 さて、メンタルで傷病休職中の者が、休職満了1か月前に「自分は労災ではないか」と言って来た場合は、どうしたらよいでしょうか? たぶん、言われれば労災の手続きはするにしろ、途中で休職満了日を迎えます。 ご教授お願いします。
転籍者の高年齢雇用継続給付金
高年齢雇用継続給付金を去年から受給し始めた者が、今年4月にグループ会社へ転籍します。弊社では当人の雇用保険資格喪失処理を行うのですが、転籍先で引続き高年齢雇用継続給付金を受給し続けることは出来るのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

受給資格者創業支援助成金
失業して雇用保険をもらっている期間中に、就職することをやめて起業した場合に、一定の要件を満たせば支給される助成金です。要件は厳しいのですが、独立や起業を考えている人には大きな追い風となるかもしれません。
高年齢雇用継続給付
「高年齢雇用継続給付」とは、定年後も企業に雇用されて働き続ける65歳未満の人が、60歳到達時点に比べ賃金が75%未満に低下した場合に雇用保険から支給される給付金であり、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類に分かれます。前者は、60歳以降も継続して同一企業に雇用されている60歳...
キャッシュ・バランス・プラン
Cash Balance Plan。確定拠出型年金の特徴を取り入れた確定給付型年金です。米国の代表的なハイブリッド型(混合型)年金の一つで、日本では2002年4月に第一号が認可されました。CBと表記されることもあります。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/17
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...