企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13637件   回答数28716

内定出し後の内定者フォローについて(内定辞退防止策)

お世話になっております。

弊社では毎年、新卒採用を行っている次第でありますが、契約社員層を中心に内定辞退が頻繁に起こります。もちろん弊社の待遇等は立派なものとは当然言えませんが、やりがいについては他社様に負ける気はしません。

そこで質問ですが、内定辞退をなくすために企業が導入している施策・案等をご教授頂ければと思います。
もちろん多少金額等は発生しても構いません。

お忙しいところ恐縮ですが、是非ご教授の程よろしくお願い申し上げます。

  • 人事課さん
  • 千葉県
  • 販売・小売
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2018/06/25 21:38
  • ID:QA-0077381

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/06/26 09:38
  • ID:QA-0077384

人事・経営コンサルタント

課題

人事コンサル会社や就職情報会社が売り物とするテーマで、そもそも特効薬が存在しないがゆえにある意味永遠のテーマでもあります。掲示板で答えを出せうるものではありませんが、状況を書きます。
①労働条件
同業同地域他社との比較で差があれば、今は瞬時に他社と比較できますので、他社と同水準であることは重要でしょう。新卒を契約社員という待遇で採用するということは、これだけでも十分条件的には厳しいと感じる学生が少なくないと思います。
②フォロー
内定で採用は終わりませんので、継続的に面談や研修、課題など出し、連絡を絶やさないようにフォローをしています。しかしやりすぎれば面倒になり、やらなすぎれば忘れられロイヤリティも下がるので、この頻度などが一番難しいものです。一般論など一切ありません。
③アルバイト
理系学生以外の採用では、内定者をアルバイトで雇う企業もあります。フォローに手が回らない場合、一つの選択肢です。ただし現場の扱いが粗雑だったりすれば逆効果で、結果として内定辞退につながることもあります。

最後に「やりがい」という価値観は個人のものであって、他社がどれだけアピールしても伝えるのは簡単ではありません。インターネットで簡単に他社条件がわかる環境では「やりがい搾取」といわれる、「薄給でも社会的意義がある」といようなメッセージはブラック認定のような扱いをされる恐れがあります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/06/26 23:15
  • ID:QA-0077409

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、やはり処遇面その他内定者自身が重視されている事柄において他社の方が魅力的と感じられた上での内定辞退といえるでしょう。「やりがい」というものは実際に入社してから実感出来るものですので、いくら御社が自身を持って力説されても、こうした漠然としたフレーズのみでは内定辞退防止には繋がらないものといえます。

対応としましては、やはり当人のニーズを聞き出し、それに対する具体的なメリットを示される事が重要といえます。例えば、給与だけでなく、休暇の取りやすさや取り組みたい業務内容等、優先事項は人によって様々といえますので、面接時にできる限り当人の本音を言ってもらうこと、それに対し実際に御社で取り組んでおり実現を約束できることを明示されることが御社への信用を醸成し、ひいては辞退率の低下につながるものといえるでしょう。給与のアップ以外ですと、費用をかけられても効果は期待薄ですので、こうした個別の丁寧な対応こそが重要と考えられるべきです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
内定通知書について
お世話になっております。 間もなく10年度卒業の学生に対し、内定を出すのですがその際に、内定通知書をお渡しするつもりです。 10月には改めて内定式を行う予定なのですが、その場合には再度内定通知書を渡すものなのでしょうか? 2度内定通知書が渡されるのは不自然ですか? それとも10月以前の内定通知書...
内定辞退
今年になって内定辞退が急増しております。内定辞退を防ぐ具体的な方法についてお伺いいたします。
内定式
この度、弊社として初めて『内定式』を行うことになりました。内定式の企画・立案を任されたのですが、まったく初めての状態でして、情報がとても少ない状態です。 そこで、ご意見を伺いたいのが 1.何の為に内定式を開催するのか 2.どのような内容・プログラムを組んでいるのか という二点です。 以上、よろ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
新春!2019年注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:01/01~01/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新春!2019年注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!



『日本の人事部』注目のセミナー特集

新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開<br />
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

帝人が実施した「睡眠力向上」のための実証実験結果を公開
~実験結果から見えてきた企業の「休み方改革」とは~

働き方改革と相まって話題になっている「健康経営」ですが、従業員の健康を...


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...