企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヤリガイサクシュ やりがい搾取

「やりがい搾取」とは、労働者が、金銭による報酬の代わりに“やりがい”という報酬を強く意識させられることで、賃金抑制が常態化したり、無償の長時間労働が奨励されたりする働きすぎの組織風土に取り込まれ、自覚のないまま労働を搾取されている状態をいいます。教育社会学者で東京大学教授の本田由紀氏は、すすんで仕事にのめり込み、充実感や自己実現を得ているように見える若年労働者が、実際は経営者側がしかけた、より少ない対価(雇用の安定性、賃金)で最大の労働効率を引き出すための巧妙なからくりにより、ワーカホリックへと突き動かされていると分析し、こうした搾取構造を「やりがいの搾取」と名づけました。
(2016/9/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やりがい搾取のケーススタディ

やりがいをエサにして人を酷使する組織
自己実現のわなが新たな働きすぎを招く

若者と職業に関わる社会問題にくわしい本田由紀氏が、「やりがい搾取」という概念を最初に世に問うたのは2007年前後のことです。劣悪な待遇や環境下での長時間労働など、非正規雇用の若者たちによる働きすぎの問題の背景には「やりがい搾取」があると分析し、この造語を著書などで使い始めました。

従来、働き過ぎが起こるのは、「上司や同僚が残業をしていると帰りにくい」といった職場の空気が主な原因で、いわば集団圧力によって、長時間労働を強いられるからだと言われてきました。しかし本田教授は、若者による働きすぎを分析する新たな視点として、「自己実現系のワーカホリック」に焦点を当てたのです。

本田氏は「<やりがい>の搾取――拡大する新たな『働きすぎ』」(『世界』07年3月号)と題した論考の中で、コンビニ店長や歩合制のバイク便ライダー、ケアワーカー、居酒屋チェーン店員などをめぐる事例研究や企業運営の仕組みを参照しながら、「やりがい搾取」の実態とからくりをあぶりだしています。自分の好きなことを仕事にし、仕事にのめり込んでいく若者たちは、働き過ぎではあっても充実しているし、幸福であるかのように見えます。しかし実際は、経営者側が仕事の中にしかけたゲーム性・カルト性・奉仕性などのからくりによって、若者たちは巧妙にワーカホリックへと動かされている、これは「やりがいの搾取」というべきものだと、本田氏は鋭く批判しています。

本田氏によると、先述した歩合制のバイク便ライダーやケアワーカー、居酒屋チェーン店員といった職種には、(1)趣味性(好きなことを仕事にしている)、(2)ゲーム性(仕事の自己裁量性、自律性が高い)、(3)奉仕性(人の役に立ちたいという気高い動機)、(4)サークル性・カルト性といった特徴があり、それが強いほど若者は仕事にのめりこみやすく、自己実現のわなに陥る可能性が高いということです。

企業が「やりがい」「成長」といった言葉をえさにして従業員に長時間労働を強いるなど、貴重な人材を酷使する図式は、昨今の“ブラックバイト”にも通じる問題だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ジョブ・クラフティング
「ジョブ・クラフティング」とは、従業員一人ひとりが、仕事に対する認知や行動を自ら主体的に修正していくことで、退屈な作業や“やらされ感”のある業務をやりがいのあるものへ変容させる手法のことです。ジョブ・クラフティングのプロセスでは、仕事の現状を可視化して整理し、自分の動機や強み、能力を明らかにした上で...
ワーク・エンゲイジメント
「ワーク・エンゲイジメント」とは、従業員の心の健康度を示す概念のひとつで、仕事に対して「熱意」(仕事に誇りややりがいを感じている)、「没頭」(仕事に夢中になり集中して取り組んでいる)、「活力」(仕事に積極的に取り組んでいる)の三つが揃って充実している心理状態を指します。ワーク・エンゲイジメントの実...
ワーク・ライフ・インテグレーション
自らの人生観を軸に、ワーク(職業生活)とライフ(個人生活)を柔軟、かつ高い次元で統合し、双方の充実を求めること。それによって、生産性や成長拡大を実現するとともに生活の質を高め、充実感と幸福感を得るなどの相乗効果を目指す働き方をいいます。仕事と生活を対立的にとらえて、その量的バランスの調整・回復を目指...

関連する記事

ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査
定着と労働条件の微妙な関係
パート・アルバイトとして働く1,600人への最新の調査によると、約4割が転職意向を持っているということがわかりました。空前の採用難時代。従業員の勤続意向を高め定着を進めるために、企業はどのような対策をするべきなのでしょうか。
2018/11/12掲載新卒・パート/アルバイト調査
大手企業への「憧れ」を持ち続ける、20代の求職者
好景気を経験していない、今の20代の求職者は「大手志向」が強い。しかし、実際に大手に就職できる人は少ないのが実情。そのため、中堅・中小に就職した人の間で「大手=バラ色」という幻想が生まれてしまうこともあるようだ――。
2011/05/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
分類:[ 労務・法務 ]
分類:[ 報酬 ]
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ タレントパレット

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

「先端技術を先端で支える」人材を海外留学で育成

半導体の試験装置(テスター)を開発・生産し、世界中の顧客企業へ技術、商...