企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13222件   回答数27687

代表理事の在籍証明書について

いつも参考にさせていただいております。

取引のある外部機関より代表理事在籍証明書を提出するように言われています。

経緯としては当初代表理事のほかにも社員2名の雇用契約書・労働条件通知書の提出を求められ、
以前に正社員の分については雇用契約書・労働条件通知書は入社時のものしかないため、
それに代わるのものとして在籍証明書に勤務日や給与を追記して発行いたしました。

今回代表理事のものもと言われてますが、代表理事に対して『在籍証明書』というタイトルで問題ないのでしょうか?

今まで従業員に対してしか発行したことがないため、ご教授いただけますと助かります。

よろしくお願いいたします。

  • kekasan11さん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2018/06/12 13:18
  • ID:QA-0077164

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/06/13 11:58
  • ID:QA-0077174

代表者

代表理事の在籍証明書

▼ 一般社団法人の代表理事は、変更登記が必要です。変更は資格の取得、変更、喪失の都度必要なので、その手続きは、通常、司法書士さんが行います。
▼ その登記簿謄本が、最も、確実ですが、単に、「在籍証明書」と言うのであれば、御社でご登記内容確認の上、適切な呼称で手交されれば良いでしょう。
▼ 但し、公的証明力を求められるのであれば、上記の、謄本を添付することが必要です。その辺をご確認の上、司法書士さんにご相談下さい。

  • 投稿日:2018/06/18 14:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/06/14 17:10
  • ID:QA-0077192

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、代表理事であれば通常労働者には該当しないことから人事労務上の問題ではございませんし、それ以外でも特に法的な取り決めがある事柄とは思われませんので、先方がそのように言われているのであればその通りで差し支えないものといえるでしょう。

但し、たとえ信用のある外部機関であったとしましても、代表理事のみならず労働者の雇用契約書や在籍確認に関する書類の提出まで求められていたというのは、通常であれば個人情報保護の観点からしまして明らかに過度の要求といえます。

従いまして、御社における個人情報保護に関わる規定内容を確認の上、法務担当ともご相談され、無許可や利用目的を超えた違法性のある個人情報提供とならないよう注意される事が必要といえます。

  • 投稿日:2018/06/18 15:00
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/06/14 18:40
  • ID:QA-0077201

人事・経営コンサルタント

登記簿

代表を社員扱いするような在籍証明という要求の根拠が不明ですが、単純に登記簿謄本ではいかがでしょうか。
当然代表者記載があればこれがすなわち在籍証明となると思います。

  • 投稿日:2018/06/18 15:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
他社からの在籍確認
いつもお世話になります。 10年ぐらい前に弊社を退職した者が、ある会社の採用選考に履歴書を提出し、その会社から弊社へ在籍の事実について確認の電話でありました。在籍の事実確認に応えなければならないのか、どのような対応が望ましいかお手数ですがご教授をお願いします。
在籍証明書について
人事として証明書の発行をしておりますが、会社指定の在籍証明書のフォーマットがありません。 在籍証明書の記載内容は、会社が勝手にフォーマットを決めても良いものなのでしょうか? ※フォーマットが提出先から指定されていればその指定されたフォーマットで記載しておりますが、今回、社員から依頼がありましたら、提...
身分証明書の発行について
弊社では、今まで身分証明書(社員証)を入社日に合わせて、毎年発行してきましたが 今回見直すことになりました。 そこで、下記について教えて下さい。 1.発行時期 及び 毎年発行でいいのか? 2.記載内容の必須項目は何か?・・・発行日や有効期限、入社年月日、本人の住所など記載するべきか? 以上、よろ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 中途採用の「実務」【8】賃金・処遇の決定方法
    中途採用の賃金・処遇の決定方法や、賞与・退職金・有給休暇付与にあたっての実務などをわかりやすく紹介。
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....