無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

修正申告で保険の扶養から外れるのでしょうか?

お世話になります。
初めてのケースで、どうしたらよいものか大変困っていますので、お力添えをお願いいたします。

社員で個人事業主(一人親方)の配偶者を保険制度上の扶養配偶者としている者がいます。
(協会けんぽの被扶養者・国民年金第3号被保険者になっていますが、税法上の扶養配偶者ではありません。)
ところが、このたびその配偶者の方が修正申告をすることになりそうで、そうなると課税所得130万円を超えるかもしれないとの相談を受け、困っております。


修正申告で課税所得が130万円を超えてしまった場合、遡って扶養から外さなければいけないのでしょうか?(修正申告は最悪3年(平成27年1月~平成29年12月)かも・・・と言っていました。)
もし遡って外さなければいけない場合にはいつまで遡るのでしょうか?

それとも、直近の申告年度の始日(平成30年1月1日)若しくは、修正申告する日付(平成30年5月又は6月になりそうとのことです)で外せばよいのでしょうか?

それとも、過去のことは関係なく、今後130万円を超える見込みがないなら、外さなくてもよいのでしょうか?

また、当然のことではありますが、配偶者の方はこの3年の間に何度か病院にかかって保険証を使っているとのことです。
もし遡って外れるとしたら、その間に使ってしまった医療費はどうすればよいのでしょうか?

どなたかおわかりでしたら教えてください。

投稿日:2018/04/24 14:07 ID:QA-0076254

零細総務さん
北海道/建築・土木・設計

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、社会保険の被扶養者認定に関わる年間収入とは、過去における収入のことではなく、被扶養者に該当する時点及び認定された日以降の年間の見込み収入額のことを指すものです。

従いまして、当初の年間収入見込み額が130万円未満であったという事であれば、その後修正申告等によって130万円以上となった場合でも遡及して扶養から外される必要はございません。

また今後につきましても、130万円を超える見込みがないという事であれば、被扶養者のままで差し支えございません。

投稿日:2018/04/25 17:48 ID:QA-0076274

相談者より

ありがとうございます!
遡って資格喪失する必要はないとのことで、少し安心いたしました。
相談してきた社員を通じて、今回のような事態にならないよう、十分注意してもらうように伝え、今後の経過も報告していただくことにします。

投稿日:2018/04/26 08:44 ID:QA-0076287大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート