企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14932件   回答数32025

昇格試験における外部アセスメントの実施について

昇格を検討する際に社外アセスメントを取り入れることは一般的なのでしょうか。
実施の是非そのものへのご意見や、実際の取り組みなどお教えいただきたく投稿いたしました。

基本は通常の業績/プロセス評価に加えて、社内複数アセッサーによる評価を加味して登用判断をしますが、
試験の公平性を担保し、受験者本人やその推薦者である上長の納得感をより高めるため、
世の中的なレベル感との比較も含めて、何らかの形で社外の客観的なアセスを加えられないかと考えています。

社外の専門家によるインタビュー、アセスメントを行う外部研修への参加、適性検査の活用など、手段は問わず検討しています。

すでに実施されている、もしくは過去に検討された企業様のご意見や実際の取り組み内容について、お教えいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

  • 110100さん
  • 東京都
  • 保険
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2018/03/16 15:28
  • ID:QA-0075557
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/03/18 20:37
  • ID:QA-0075573

代表者

「器」と「流れ」の両面におけるアセスメントが必要

▼ 「昇格試験制度自体、及び。その実施状況」の客観的アセスメントは、御社ご自身で、基本的、且つ、主体的に実施すべきすべきもので、適切な第三者と雖も、アドバイザー、情報提供者、助言者の立場に留めるべきです。
▼ 御社内で、組織の壁を越えて、特別委員会としての組織を立上げ、昇格制度の最初の段階であるコンセプトから、最終のフィードバックまで、制度アセスメント迄のプロセスを形成すべきです。
▼ その過程で、露出、露呈じた本制度の問題点を整理、修正する具体的方法の局面で、始めて、プロとしての第三者の存在感が発揮されることになります。問題が、問題なだけに、他社事例の収集は困難であるのみならず、御社の課題解決に役立つとは思えません。
▼ 検証は、大きく分けて、二つのエリアが対象になります。一つ目は、「評価のメカニズム」自体です。具体的には、職種別・評価項目と階層別ウエイトの妥当性です。もう一つは、「考課者の訓練」です。要するに、前者は「器」、後者は「流れ」とでも呼ぶべき役割を担うものです。
▼ 正直な処、ご質問自体のポイントを明確に把握し兼ねています。只、申し上げたいのは、社外専門家の力を借りるとしても、上記二つのエリアをシッカリ分けて、事を進めることが不可欠だとということです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/03/19 09:53
  • ID:QA-0075576

人事・経営コンサルタント

経営方針

>社外を取り入れるのは一般的か
一般的ではないでしょう。経営コンサルタントは答えを出す人ではなく、自社の経営方針に基づき助言してくれるだけですから、ハンズオンで経営陣に招き入れたり社長直轄の強力な実行力を持たせない限りはアドバイスを得られるだけになります。

幹部昇進という経営の根幹にかかわる問題ですから、貴社の経営方針を一番理解しているのは外部ではなく貴社内しかありません。
コンサルタントは使い方次第なので、現状の評価のここが問題だとか、こうした課題解決への提言のように、貴社自身で課題把握してされ、なおかつ全社的に情報公開ができる体制を取れるようになって入れば成果は期待できるかも知れません。

尚、評価の公平性は重要ですが、学生ではないので、それが点数化できるようなシンプルな評価点ばかりのはずはありません。個人営業職のような、ストレートに売上や利益だけで評価できる職務は通常きわめて限られています。市場や顧客属性、ロジスティックス含めた複雑な組織関与ががある中で統一きた評価指標の設定は非常に難しいと思います。

導入の結果得られるメリットが明確でないなら、成果もそれに準じるのではないですしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
OJTとOFF-JT
日常の業務につきながら行う教育訓練(On The Job Training)と、通常の仕事を一時的に離れて行う教育訓練(Off The Job Training)のことです。企業による従業員教育の2本柱とされてきました。   OJTについて、実行のポイントやOff-JTとの使い分けを詳しく知りた...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/13
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...