企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】プロセスヒョウカ プロセス評価

「プロセス評価」とは、人事考課の手法のひとつ。仕事の遂行度や目標達成度など、課された業務の成果のみを評価要素として見る業績評価に対して、成果に至るまでの“過程”(プロセス)に着目し、そこにどのような価値が存在したかという視点から判断するのがプロセス評価の考え方です。人材育成にも有効とされる評価法で、近年は行き過ぎた成果主義の影響を是正するために重要視されています。
(2011/5/30掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロセス評価のケーススタディ

7割以上の企業が結果よりプロセス重視
“成果を生み続ける人材”を育てるために

プロセス評価を導入するためには、「成果につながるプロセス」とはどのようなものか――評価の基準を設計しなければなりません。その上で従業員の実際の仕事ぶりが、その標準化されたプロセスにどれだけ沿っているかを定量的に把握し、考課に反映させていくのがプロセス評価のしくみです。従来の能力評価や情意評価もこのプロセス評価のひとつですが、最近では代表的な評価法として、コンピテンシー評価がよく活用されています。

能力評価では成果を出すために必要な「能力」が、情意評価では「意欲や姿勢」が評価されますが、コンピテンシー評価ではプロセスにおいて社員がどう振る舞ったか、実際の「行動」のみが評価の対象となります。職種や業務内容に応じて会社が社員に期待する「あるべき人材の姿」(コンピテンシー=行動特性)を評価基準に定め、それと各社員が業務遂行過程でとった行動とを比較することで、人材の的確な評価につなげようとするものです。

企業活動には当然のことですが、成果が求められます。とすれば、たまたま目先の成果をあげた人材よりも、将来にわたって継続的に成果を生み出せる人材が必要なのは自明でしょう。たとえば営業部員の場合、販売実績のような数字だけで評価したのでは、誰が売れて、誰が売れなかったのかという結果しかわかりません。コンピテンシー評価に代表されるプロセス評価を活用すれば、なぜそうなったのか、誰にどんな能力が不足しているのかを把握して、一人ひとりの営業プロセスの改善に役立てることができるので、具体的な人材開発にも結びつきやすいのです。

2011年5月に労務行政研究所が発表した「人事考課制度に関する実態調査」の結果では、06年以降に何らかの人事考課制度に関する改定を実施した企業は調査対象企業の約半数(一般社員で47.8%、管理職で51.7%)に達し、その改定内容をみると、結果主義からプロセス主義へ――自社の評価制度を見直す動きが顕著に表れています。

「成果につながる行動や業務遂行プロセスに着眼した評価要素・項目の設定」を現在実施している企業は一般社員で73.9%、管理職で73.3%。これは前回調査(06年)より約10ポイントも増加しています。また今後の動向としてとくに目立つのは、「企業理念や社員の行動指針と連動した評価(バリュー評価)」「企業倫理や法令の遵守など、コンプライアンスの着眼点に基づく考課項目の設定」といった施策への関心度の高さで、それぞれ15~17%の企業が実施を予定・検討と答えています。職務遂行過程での社員の行動プロセスを適切に評価することで、企業の理念や求める人材像を組織に浸透させたり、内部統制を確実なものにしたりすることが求められているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。

関連する記事

評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
人事評価制度の最新実態 ~制度の改定や評価関連施策の実施状況、処遇への反映~
評価制度の現状はどうなっているのか、また、運用はどのように行われているのか、企業の課題認識にはどのようなものがあるか――。これらを探るべく、一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2014年5月に、企業に対しWEBアンケートを実施しました。本記事...
2014/10/22掲載人事・労務実態調査

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ 人事制度 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...