企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12020件   回答数24885

休職扱いの判断

弊社、年俸社員に3/31に年俸契約面談を行い、課長職としてのマネジメント能力、成果が不十分との事で1割カットの内容を告げ本人もその時点で納得した様子で契約書を持ち帰り明日提出しますと帰宅しました。
4/1翌朝、上長宛に「家庭の事情でお休みを頂きます。」のメールを受信。上長から電話入れるが不通。
4/3、上長の机上に、本人の4/3、4の有給休暇届出用紙が置かれてありました。(事由は家庭の事情です)その後、上長宛に「引続き家庭の事情で有給休暇をお願い致します。」がメールで送信され受信。再度、上長から連絡をとるが電話に応答なし。4/5も出勤せず、連絡とるが応答なし。同日17:47本人から上長宛に「診断書送ります」の一言のメールが届く。診断書の内容は自律神経失調症で10日間の治療と休養でした。その後上長、総務の小職、同僚より連絡をとるが応答なし。診断書もあるという事で弊社では休職届提出と傷病の場合は診断書添付という事で休職扱いにする為、4/13速達で休職届用紙と「長引くようなら引き続き診断書と年俸契約書を早急に送って下さい」等の案内文を同封し送りました。配達記録にて4/14 16時に受理されておりますが、現状、休職届は受理しておりません。4/15 15:32 上長宛に「診断書を添付します」の一言メールが届き、診断書の内容は自律神経失調症により30日間の治療と休養でした。
①本人の休職届はありませんが休職扱いにできるのでしょうか?
②又、業務外の傷病での休職扱いに出来るでしょうか?(最初の3日間は家庭の事情の事由で休みの為)
③昨年9月にエージェントとして途中入社で有給休暇現状10日取得、4/14で消滅、弊社傷病休職は無給となり ます、傷病手当金等案内もすべきと思いますが応答がありません。
④年俸契約もどうすればよろしいでしょうか?

何卒、宜しくお願い致します。

  • tommy$$$さん
  • 兵庫県
  • 鉄鋼・金属製品・非鉄金属
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:雇用管理
  • 投稿日:2017/04/18 12:16
  • ID:QA-0070198

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/04/18 19:24
  • ID:QA-0070200

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 休職は本人ではなく、最終的には会社が判断するものです。就業規則に則って対応してください。

②について
 休職は、業務外の傷病について行うものです。業務上の傷病には休職は命令出来ません。

③について
 原則、本人が申請するものですので、医師の署名も必要ですので、応答がない以上、無給のままということになります。

④について
 どうしたいか会社で一度ご検討ください。

 

  • 投稿日:2017/04/20 11:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

原理原則に基いてポイントを教えて頂きありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/18 20:03
  • ID:QA-0070201

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問に各々回答させて頂きますと‥

①:休職については手続に関わる法的定めがございませんし、当人の希望ではなく会社が命じる措置になりますので届出書類がなくとも休職とすることで差し支えございません。

②:医師の診断書が提出されていますので、そのような扱いが妥当といえます。

③:年次有給休暇に関しましては、当人の希望日のみ付与しなければなりませんので、現状では希望が確認出来ている4/3及び4/4の2日間のみの付与としなければなりません。
 傷病手当金についても、被保険者たる当人が記入する内容がございますので、連絡が取れない以上無理に手続きを進める必要はないものといえます。時効が成立する2年後までは請求手続きが可能ですので、特に慌てる必要もございません。
 以上について不利益が発生するとしましても、連絡が取れない以上当人の自己責任といえます。但し、電話が通じないというだけで連絡不能とするのは認められませんので、少なくとも数回は自宅へ訪問される等当人と接触する試みが不可欠といえます。

④:当人の意思確認が出来ない以上、現状は更新保留とする他ございません。暫くは私傷病休職になりますし、今後どのような展開になるかによって対応も変わりますので、特別な措置を取られることなく連絡の努力を重ねながら様子を見守られるのが妥当といえます。

  • 投稿日:2017/04/20 12:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。特に特に有給については、現状休職の場合優先的消化させてから休職の起算日に勝手にしてたケースが多く非常に参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/18 21:41
  • ID:QA-0070202

代表者

腹に一物ありの感じなので、シッカリ記録を

▼ ① & ② ⇒ 少々難解な紆余曲折の経緯ですが、現状は、「有給休暇の日数消化済み」、且つ、「私傷病事由による欠勤中」と認識して差支えないと判断します。
▼ ③ ⇒ 就業規則の定めに基づき、「休職命令」を発令、「賃金不支給」とし、傷病手当金受給に関する手続き知らせてあげます。
▼ ④ ⇒ 年俸契約はそのままとし、賃金は、上記の通り、規則に基づき、不支給とします。「1割カット問題」は未決着となりますが、賃金不支給故、急いで決着させることもないでしょう。
▼ ご説明の一連の経緯、今後の経緯の記録を、証憑類保険と同時に、継続して続けて下さい。賃金カット、有休使用「開始、診断書の送付など、一寸、腹に一物ありの感じなので、シッカリ記録して下さい。

  • 投稿日:2017/04/20 12:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。経緯措置等アドバイス頂きありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/04/25 15:34
  • ID:QA-0070285

春日 綾香
マーケティングチーム

回答致します

休職扱いの判断について、以下の①~④について回答致します。

①本人の休職届はありませんが休職扱いに出来るのでしょうか
 →休職に入ることについては法律上の定めはございませんので、診断書について提出もされているところも鑑み、就業規則に則り対応されることで差し支えございません。
 ただし、休職の通知についてはきちんとご本人へ通知し、休職開始日・休職満了日については明示される等の対応をされた方が宜しいでしょう。

②業務外の傷病での休職扱いに出来るのでしょうか?
 →就業規則上、私傷病による休職の定めがあると思いますので、該当事項に基づき休職手続きに入ることは可能です。

③昨年9月にエージェントとして途中入社で有給休暇現状10日取得、4/14で消滅、弊社傷病休職は無給となります、傷病手当金等案内もすべきと思いますが応答がありません。
→傷病手当金の支給申請につきましては、ご認識のとおり、支給要件を満たせば支給手続きは可能となります。
 ただ、支給申請手続きにつきましては、あくまでもご本人様の申請があってからの手続きとなりますため
 ご案内をしていただき、ご本人より特にレスポンスがない場合には、それまでということになってしまいます。

④年俸契約もどうすればよろしいでしょうか?
 →年俸契約としては現状のままとし、復職される際、処遇も含め改めてご本人に対し通知してということとなります。
 ただし、これまでのお話しから致しますと、継続的に連絡をとる、やり取りを記録を残す等の対応は必要だと思います。

  • 投稿日:2017/05/15 17:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂き誠にありがとうございました。
その後、本人から1か月毎の診断書のみ届き、経過観察中です。2週間に1回のペースでメールは送るなりしております。おっしゃって頂いたように記録は残し経過観察して参ります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職期間について
いつもお世話になっております。 就業規則の休職期間についてお伺いいたします。 休職期間は会社が任意に定めることができますが、「1ヶ月」と定めることはできますか。 (多くの会社では6ヶ月ぐらいが多いようですが) また、休職に先立って欠勤期間を定めて、その後に休職とした方がいいのでしょうか?
1年間傷病休職した方に有給休暇の繰越を認めていいのか
ほぼ1年間、傷病休職した方ですが、昨年の4月に有給休暇が13日発生しています。 ほぼ1年間、休んでいた方に、昨年発生している有給休暇13日を今年の4月に繰越として 有給休暇を認めていいのでしょうか?
休職制度について
いつもお世話になっております。 弊社では、現在、休職制度がありません。社員が、鬱状態と診断され、休職を希望しております。これを機に、休職制度を作成しようと思っておりますが、すでに発症者がいる場合、気をつけなければいけいない点がございましたら、ご教授いただけますでしょうか? よろしくお願いいたします。...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...
  • 人事担当者157人に聞いた「メンタルヘルス対応の実際」
    一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、メンタルヘルス対応に関して、企業の現場はどう変化しているのか、人事担当者はどういうことに悩んでいるのか、どんな点が課題なのかを浮き彫りにするため「メンタルヘルス対策“本音”アンケート」を実施。本記事では、その調査結果の中から「メンタルヘルス不調に...
  • 転職活動と電話
    ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくない。人材紹介においてこの状況は、色々と困ったことを引き起こしている――。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
マインドセットを促し、早期戦力化を実現する! 新人研修特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

WEB面接に特化した採用システム インタビューメーカー
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:10/01~10/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


『日本の人事部』新人研修特集

社会人としての基礎固めと早期戦力化を促すプログラムをご紹介



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...