企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

事業所閉鎖に伴う問題について

お世話になっております。

とある事業所の閉鎖する事に伴って、雇用する全ての有期契約労働者について次回の契約更新をしない事とした場合について質問です。この場合、会社都合による離職となると思うのですが、現在その他の事業所が受けているそ各雇用関係の助成金については支給停止になる等の罰則は存在するのでしょうか。

ご回答の程、宜しくお願い致します。

  • jindaさん
  • 茨城県
  • 電機
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:助成金
  • 投稿日:2017/01/12 13:39
  • ID:QA-0068714

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/12 20:55
  • ID:QA-0068722

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、助成金の支給停止については、法律違反を意味する「罰則」ではございません。単に支給要件に該当しなくなり受給が出来なくなるといった事象に過ぎないものであって、何らかの制裁を別途受けるようなことはないものといえます。

そして、多くの助成金制度の場合、会社都合の離職者を出さないことを支給要件としていますが、取扱いの詳細については助成金の種類によっても異なりますので、個々の助成金を取扱っている行政機関の窓口にご確認されるとよいでしょう。

  • 投稿日:2017/01/16 14:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございます。

行政機関への確認も忘れずに行いたいと思います。

因みに、別の事業所で今回のような会社都合による離職者が出てしまった場合には、他の事業所で受けている助成金は支給停止になるものもあるのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/13 16:06
  • ID:QA-0068753

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

有期契約者の雇止めについては、通算3年以上の有期契約であれば、本人が希望したにもかかわらず、会社理由で雇止めをする場合は、喪失原因3となり、助成金によってはペナルティが課せられ、一定期間申請ができません。

通算期間が3年未満、あるいは3年以上であっても契約更新時に今回限りという契約であれば、期間満了扱いで喪失原因は2となりますので、助成金のペナルティはありません。

助成金以外の罰則は特にはありませんが、状況によっては、期間の定めのない契約と同じであるとされ雇止め無効などのリスクがあります。

  • 投稿日:2017/01/16 14:14
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございます。

通算期間によって、扱いが異なる場合もあるのですね。

因みに、別の事業所で今回のような会社都合による離職者が出てしまった場合には、他の事業所で受けている助成金は支給停止になるものもあるのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/16 22:18
  • ID:QA-0068795

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「別の事業所で今回のような会社都合による離職者が出てしまった場合には、他の事業所で受けている助成金は支給停止になるものもあるのでしょうか?」
― 会社単位で助成金を受けている場合ですと支給停止になる可能性が高いでしょう。事業所単位の場合ですと、直ちに停止にはならないと思われますが、断定は出来ませんので、やはり助成金の取扱い機関に確認されておかれるべきです。

  • 投稿日:2017/01/17 14:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただきありがとうございます。

助成金によっては支給停止になる可能性もあるのですね、一度該当の機関へ質問してみたいと思います。

ご教示頂きありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
継続雇用に関する助成金について
継続雇用に関する助成金について、質問させてください。  弊社では、以前から定年等の取決めは就業規則等で定めてはいなかったのですが、そういった事業所でも、受給資格はあるのでしょうか。
登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!健康経営特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。



『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの

HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」...