人事のQ&A<解決済み>

相談数11467件   回答数23775

留学休職時の取扱いについて

社員で海外留学を希望したい旨を相談受けました。
有能な人材で、今回は就業規則には「休職」の項目があり、こちらを適用したいと考えております。
そこで下記の疑問点についてお知らせ頂ければ幸いです。

①社会保険料支払は、会社と社員で折半になると思いますが、特別に折半ではなく、優遇措置として、会社で「全額負担」という形式はとることが可能なのでしょうか?
②留学期間は1年間ですが、万が一、その期間に復帰をせず、他社に勤める(あるいは企業をする)と意志を伝えられた場合、対処方法はどのようになるでしょうか?
③②を本人都合で選択をした場合、①を適用していた場合、社会保険料の返金などが可能なのでしょうか?
④労使で覚書など書面を交わす必要性はございますでしょうか?
⑤またこの休職期間は、本人の給与保障が6割程度があるのでは?、と他人から伺いましたがそのような失業手当的なものは制度としてございますでしょうか?

※留学期間は1年間を予定しており、留学に纏わる費用は自費負担になります。

本人は、一旦退職を希望として告げられましたが、貴重な人材の為、「休職」を提案しようと考えており、それに伴うご質問をさせて頂きました。

ご返信をお待ち致しております。
どうぞ、宜しくお願い致します。

  • jsppさん
  • 東京都
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2017/01/10 15:02
  • ID:QA-0068683

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/01/10 23:02
  • ID:QA-0068694

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご質問に各々回答させて頂きますと‥

①:会社が任意に保険料を全額負担しても差し支えはございません。但し、本人負担分は賃金とみなされ、他の月給と同様に労働保険料・社会保険料の計算及び給与所得税の計算対象とされますので注意が必要です。

②:当然ながら当人の自己都合での退職手続となります。敢えて会社都合とされハローワークに届け出る事は虚偽申請になりますので出来ません。

③:保険料負担金で実際に納付不要となった分が発生すれば、その分に関して返金を求める事は可能です。

④:保険料の扱いは法的義務のない任意事項でかつ重要な事柄ですし、後に内容を巡ってトラブルとならない為にも負担取扱いの詳細について説明された上で双方が署名捺印した覚書を交わされることが不可欠です。

⑤:当人の自己都合休職でしかないので、公的な給与補償は受けられません。

  • 投稿日:2017/01/16 13:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答を頂き、誠にありがとうございました。
大変参考になりました。早速、本人と面談をさせて頂きました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/11 10:04
  • ID:QA-0068699

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について
 社会保険料の社員負担分は、法律で決められていることですので、原則として、会社で負担することはできません。会社で負担した場合、社員負担分は賃金とみなされます。

②について
 職業選択の自由がありますので、どうすることもできません。会社としてはそのようなリスクがあると認識する必要があります。

③について
 さかのぼって返金してもらうことはできません。そのようなことをすれば、労基法「賠償予定の禁止」や「強制労働の禁止」、「前借金相殺の禁止」に抵触します。

④について
 休職命令やそれに伴う、社会保険料の徴収などについては、文書で通知、双方署名捺印しておくべきでしょう。

⑤について
 私傷病ではなく、また、働く意思があるわけでもないので、社会保障はありません。

  • 投稿日:2017/01/16 13:10
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答を頂き、誠にありがとうございました。大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/01/11 23:27
  • ID:QA-0068708

人事・経営コンサルタント

拘束

すべて本人の意思が最優先ですが、本人にもメリットのある対応策を提示するのは、モチベーションを上げる上で悪い話ではありませんし、まずは提供パッケージを練っておくのは良いと思います。
①事実上全額負担ですが、本人負担分は給与と見なされ、形式上は給与支給ということになるでしょう。
②拘束はまず不可能です。企業派遣留学では常に存在するリスクです。
③会社が好意で払う給与ですので返金はできません。
④支払う給与等について取り決めをしておくと良いと思いますが、帰国後の就業等はプレッシャーには使えても、法的拘束力はありません。恐らく留学するくらいの方であれば、こうした情報は理解している可能性があります。
⑤給与発生であれば失業手当はありません。

  • 投稿日:2017/01/16 13:11
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答を頂き、誠にありがとうございました。
参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休職期間について
いつもお世話になっております。 就業規則の休職期間についてお伺いいたします。 休職期間は会社が任意に定めることができますが、「1ヶ月」と定めることはできますか。 (多くの会社では6ヶ月ぐらいが多いようですが) また、休職に先立って欠勤期間を定めて、その後に休職とした方がいいのでしょうか?
休職期間の算定について
いつもお世話になります。 弊社では勤続期間5年以上の社員の休職期間を24ヶ月間としています。 (復職後同一の事由により休職となった場合は休職期間は復職の前後の前後を合算する) 現在、同一の私傷病により休職と復職を繰り返した社員がおり、この休職期間の算定についてどのように取り扱うか決めなければなりませ...
退職金計算における欠勤・休職期間の取り扱い
現在の退職金規程において、休職期間は計算対象外としています。 休職期間に先立つ3ケ月の欠勤期間も対象外とすることは可能でしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...
  • 留学経験者は転職に不利? 語学力アップは入社後でも大丈夫?
    国際的な業務の拡大や外資系企業の増加に伴い、仕事に語学が求められるケースが増えている。語学が堪能な人材は、転職時にも有利であることは間違いないが、まず思い浮かぶのが「海外留学経験者」だろう。実際、長期・短期問わず、何らかの形で留学したことのある人材は多い。しかし、留学とその成果について、企業側はかな...
  • 人材派遣とは
    人材派遣の基礎知識から最新の人材派遣事情まで

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
貴社の課題解決ノウハウが満載!! 『日本の人事部』注目のセミナー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
日経TEST春の全国一斉試験
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


『日本の人事部』注目のセミナー特集

人事担当者必見の注目のセミナーをご紹介。貴社の人事課題の解決や、情報収集にお役立てください。



新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...