人事のQ&A<解決済み>

相談数11372件   回答数23576

事務所職場における事務所内の机配置について

事務所職場における、事務所内のデスク配置について、うかがいます。
従業員から「机の幅が狭いので、業務をするのに必要なスペースが確保できていないのではないか?」
と指摘あり、職場巡視をして、調査する予定です。
法律で、最低限守らなければならない、机の配置方法を教えてください。
また、一般的には、1人が使う机の面積や机と机の間隔は、どの程度にすればよろしいか?
教えていただけますでしょうか?
お忙しい中、恐れ入りますが、ご回答いただけますよう、よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2016/11/22 21:36
  • ID:QA-0068242

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/11/24 16:55
  • ID:QA-0068256

代表者

机間の巾が90cm以上が望ましい(?)

社員の標準的体型サイズを幅60cm、奥行30cmとの想定では、机間の巾が90cm以上あれば、すれ違っても違和感は生じないというプロの話を聞いたことがあります、これが60cmだとすれ違時に違和感が生じ、45cmまで縮小すると、すれ違いが不可能になり、不満が出てくるそうです。一度試してみて下さい。

  • 投稿日:2016/11/28 19:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/11/24 18:51
  • ID:QA-0068260

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、私の知る限り特に法令等で具体的な数値義務までは定められていないようです。

要は人が問題無く通行出来る幅を確保すればよいでしょうが、こうした作業実務に関する詳細内容については、法律の専門家よりはむしろ事務机等の企業向けサービス業者に確認される方が妥当といえるでしょう。数多くのサービス提供経験からも、作業空間上最適な配置を教えて頂けるはずです。

  • 投稿日:2016/11/28 19:56
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
企業向けサービスの業者に相談してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/11/24 23:24
  • ID:QA-0068264

人事・経営コンサルタント

オフィスレイアウト

業務が支障なく進められる環境維持までは会社の責任ですが、机の幅まで規定はありません。そもそも男女差、体格差が大きく、作業に支障が出るようであれば、規定どうこうではなく仕事になりません。ただしそれがただの不平なのか、真の作業障害なのかは現場管理者含めしっかり検証して下さい。
今はオフィスレイアウトは作業能率に大きく影響することから、備品関係のメーカーや商社はほとんどレイアウトまで提案をしてくれます。移転や備品の大がかりな買い替えなどがなければ有料だと思いますが、経営効率に関わることなので、まずは見積りついでに幅など意見を聞いて見てはどうでしょう。

  • 投稿日:2016/11/28 19:57
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
業者に相談してみたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社外取締役・監査役の源泉徴収について
社外取締役・監査役の源泉徴収票ですが、会計士事務所や弁護士事務所の原籍の社外役員の場合、 事務所名も記載の上本人名とすることも可能でしょうか? 例:「●●弁護士事務所 ▽▽」
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
注目のダウンロード特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
日本証券業協会「無料講師派遣事業」ご案内
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/28
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介いたします。



ダイバーシティ&インクルージョン特集

本特集では『日本の人事部』が注目している「シニア・ミドル」、「女性」の活躍推進に取り組む企業様にもおすすめなプログラムを中心にご紹介。ぜひ貴社のダイバーシティ&インクルージョン(D&I)推進にご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。