企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12150件   回答数25154

高卒採用試験での不採用理由の伝え方について

会社において、高卒対象の採用試験を実施しました。
その結果について、採用に至らなかった生徒に通知しようと思っています。
その際に、不採用の理由を伝えなければならないですが、皆さんの会社等
は、どこまで不採用の理由を伝えているか教えていただければと思います。

  • *****さん
  • 静岡県
  • 紙・パルプ
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2016/09/27 10:13
  • ID:QA-0067638

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/09/27 10:35
  • ID:QA-0067640

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、従業員選考の採否については原則会社の自由ですし、不採用となった理由も当人に通知する義務はございません。それ故、多くの会社では理由を通知しない場合が多いものといえるでしょう。

但し、理由を示される事で当人の納得性も高まる事が考えられますので、差支えが無い程度の記載(例えば、「試験結果が基準点に満たなかった為」)をされてもよいでしょう。勿論証拠として残りますので、虚偽の理由記載だけは絶対にしてはいけません。

  • 投稿日:2016/09/27 11:45
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
今回は特に理由もしっかり高校生ですので、ただ結果が不採用でした、と伝えるのではく、理由もきちんと伝えるようにとのお達しがあるようでしたので、お聞きしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/09/27 11:30
  • ID:QA-0067643

代表者

不採用理由の通知は避けたい

学歴の如何に関わらず、不採用理由を通知する必要はありません。選考は、単なる○X選択方式で、何点以上ならOKといった公開可能な方式だけであれば、本人点数さえ通知すれば済む話ですが、採用側の判断過程には、デジタル的白黒以外のアナロク要素も多く、説明の難しさ、後に尾を引く可能性を考慮すれば、不採用理由通知への深入りは避けるのが賢明です。どうしてもという場合には、「他の応募者との相対評価で決めた」という主旨説明を丁寧な表現でお伝えするに留めたいところです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2016/09/27 15:25
  • ID:QA-0067647

*****さん
  • 広島県
  • 輸送機器・自動車

質問者様

採用担当の低い視座ですがお答えさせて頂きます。
どういった方だったかがわかりかねますが
悪かったところはどこですか?
採用に至らないとなった決め手はどこですか?
世間体も踏まえたうえで伝えられる範囲で伝えてあげて下さい。
そうしないと、次の企業での内定も出ないので・・・。

私の過去の経験では、面接内で事実と異なることをお話しされた方がいましたが
不採用理由は『事実と異なる情報を面接の場でお話しになったので・・・』とお答えしました。
※要は嘘を吐かれたわけですね

面接の受け答えに元気がないならそう答えればいいし
やる気が感じられないのならやる気が感じられない、とお答えすればいいと思います。

次の企業で決めてもらえるようにフォローしてあげるのも優しさのようにも思います。

専門家より
  • 投稿日:2016/09/28 00:33
  • ID:QA-0067649

人事・経営コンサルタント

リスク

採用結果の通知はもちろんすべきですが、不採用理由を通知するのはきわめてリスキーです。差別や選考の完全公正性を担保することなど、それこそ「悪魔の証明」であり、現実には不可能です。総合的な判断により採否を決定し、いかなる問い合わせにもその理由は説明しないと、募集段階で明記しておくのがもっとも現実的で、トラブルのリスクを減らすことができます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「採用代行・アウトソーシング」とは
    現代の新卒採用は、厳選採用やグローバル化への対応など、そのすべてのプロセスにおいて、明確な戦略ときめ細やかな対応が求められている。
  • 「新卒採用コンサルティング」とは
    採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
  • 情報提供が採用活動の成果につながる――? 「不採用の理由」を伝えるメリットとは
    人材紹介においては、推薦した候補者が不採用になった場合、企業からその理由についてフィードバックを受け、きちんと分析しておくことが、次につなげるための大切な作業といえます。しかし、不採用の理由をはっきりと教えてもらえないことが少なくありません。企業側にもいろいろな理由があるようですが……。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
受けさせたいスキルアップ系講座特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

社宅でもUR賃貸住宅
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
<アンケートのお願い>採用マーケットの構造変化に関する意識調査

注目コンテンツ


『日本の人事部』受けさせたいスキルアップ系講座特集

コミュニケーションや英語力、個人の生産性やPCスキルなど、ビジネス上必須となる多彩なプログラムをご紹介



「健康経営特集」
従業員の健康づくりを通じて生産性向上を目指す!

健康経営の推進に役立つ多彩なプログラムをご紹介。資料請求のお申込みや資料のダウンロードも可能です。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


“守り”の姿勢では人が採用できない時代。<br />
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

“守り”の姿勢では人が採用できない時代。
いま人事に求められる“攻め”の採用手法とは?

企業の採用意欲が極めて高い水準にある近年、求人サイトや人材紹介会社から...


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...