企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15209件   回答数32760

高卒採用試験での不採用理由の伝え方について

会社において、高卒対象の採用試験を実施しました。
その結果について、採用に至らなかった生徒に通知しようと思っています。
その際に、不採用の理由を伝えなければならないですが、皆さんの会社等
は、どこまで不採用の理由を伝えているか教えていただければと思います。

  • *****さん
  • 静岡県
  • 紙・パルプ
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:新卒採用
  • 投稿日:2016/09/27 10:13
  • ID:QA-0067638
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/09/27 10:35
  • ID:QA-0067640

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、従業員選考の採否については原則会社の自由ですし、不採用となった理由も当人に通知する義務はございません。それ故、多くの会社では理由を通知しない場合が多いものといえるでしょう。

但し、理由を示される事で当人の納得性も高まる事が考えられますので、差支えが無い程度の記載(例えば、「試験結果が基準点に満たなかった為」)をされてもよいでしょう。勿論証拠として残りますので、虚偽の理由記載だけは絶対にしてはいけません。

  • 投稿日:2016/09/27 11:45
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
今回は特に理由もしっかり高校生ですので、ただ結果が不採用でした、と伝えるのではく、理由もきちんと伝えるようにとのお達しがあるようでしたので、お聞きしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/09/27 11:30
  • ID:QA-0067643

代表者

不採用理由の通知は避けたい

学歴の如何に関わらず、不採用理由を通知する必要はありません。選考は、単なる○X選択方式で、何点以上ならOKといった公開可能な方式だけであれば、本人点数さえ通知すれば済む話ですが、採用側の判断過程には、デジタル的白黒以外のアナロク要素も多く、説明の難しさ、後に尾を引く可能性を考慮すれば、不採用理由通知への深入りは避けるのが賢明です。どうしてもという場合には、「他の応募者との相対評価で決めた」という主旨説明を丁寧な表現でお伝えするに留めたいところです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2016/09/27 15:25
  • ID:QA-0067647

*****さん
  • 広島県
  • 輸送機器・自動車

質問者様

採用担当の低い視座ですがお答えさせて頂きます。
どういった方だったかがわかりかねますが
悪かったところはどこですか?
採用に至らないとなった決め手はどこですか?
世間体も踏まえたうえで伝えられる範囲で伝えてあげて下さい。
そうしないと、次の企業での内定も出ないので・・・。

私の過去の経験では、面接内で事実と異なることをお話しされた方がいましたが
不採用理由は『事実と異なる情報を面接の場でお話しになったので・・・』とお答えしました。
※要は嘘を吐かれたわけですね

面接の受け答えに元気がないならそう答えればいいし
やる気が感じられないのならやる気が感じられない、とお答えすればいいと思います。

次の企業で決めてもらえるようにフォローしてあげるのも優しさのようにも思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2016/09/28 00:33
  • ID:QA-0067649

人事・経営コンサルタント

リスク

採用結果の通知はもちろんすべきですが、不採用理由を通知するのはきわめてリスキーです。差別や選考の完全公正性を担保することなど、それこそ「悪魔の証明」であり、現実には不可能です。総合的な判断により採否を決定し、いかなる問い合わせにもその理由は説明しないと、募集段階で明記しておくのがもっとも現実的で、トラブルのリスクを減らすことができます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
採用広報
「採用広報」とは、Webサイトや動画・SNS、パンフレット、イベントなどを通じて求職者に自社の魅力をPRしていく広報活動を指します。
地域限定型採用
地域で募集・採用し、勤務してもらう採用方法のこと。昇進・昇給のスピードは遅くなりますが、転勤はありません。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/21
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...