企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数12849件   回答数26792

資格取得制度について

資格取得奨励制度について検討しています。
とっておかなければ業務ができないという資格ではありませんが、とっておくと業務知識が増えるという資格です。

受験対象となる者は会社から指定し必ず受験してもらう
受験準備の通信教育費用は会社負担
資格受験費用は2回までは会社負担、3回目からは自己負担だが、取るまではつづけてもらう
取得後金銭的に本人にプラスになることはない(取ったからといって月々手当が出るわけでもない)
給与査定にもさほど影響しない

この場合3回目以降の自己負担は問題となるでしょうか?
また、とれるまで強制的に受験させることは問題となるでしょうか?
就業規則等規程でこの内容を作ってしまえば、問題はなくなるのでしょうか?

  • *****さん
  • 東京都
  • 商社(専門)
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2016/08/01 11:32
  • ID:QA-0066932

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/08/01 12:31
  • ID:QA-0066938

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面を拝見する限り、業務遂行に関して必須というわけではございませんので、基本的には会社から指定せず任意受験にされるのが妥当ではと考えます。

どうしても何らかの理由で受けさせたいというのであれば、そうした受験指示の理由を明確に示された上で、3回目以後も受験を指示する場合には会社負担とされるのが妥当といえるでしょう。

ただ、そこまでして取得させる必要性が実際にあるかについては、社内で十分検討されることが必要といえます。

  • 投稿日:2016/08/02 11:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございました。
やはり費用負担は会社にする方が無難ということがわかりました。
会社負担にするか、または本人負担になっても受けたい気持ちになるアメの部分を今後考えていきます。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/08/02 13:50
  • ID:QA-0066961

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

資格取得制度について

資格取得制度については、必ず受験というようにと強制的に義務化してしまうと、それは業務命令ということになり、受験費用だけではなく、その時間も労働時間ということになってしまい、賃金の支払い義務も発生しますので留意が必要です。

資格取得自体で査定には反映しないということですから、受験は任意、2回目までは費用は会社負担という選択肢もあると思われます。

ただし、業務に直結している業務知識が増えるから会社も奨励しているのでしょうから、結果としては、能力評価に反していくものと思われます。

  • 投稿日:2016/08/02 15:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

労働時間という発想がありませんでした!
大変参考になりました。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/08/02 23:27
  • ID:QA-0066979

人事・経営コンサルタント

制度の目的

直接業務に関係なくとも資格取得を奨励する社員研修制度はよくあります。しかしそれを強制するのであれば、法的にも制度を整える必要があります。強制=労働ですので、資格試験の勉強時間がすべて勤務中、または給与支払い対象になります。業務後に自宅などで勉強させることはできません。受験費用を3回目以後とはいえ自弁させることはできません。
すべて制度が強制であるがゆえです。あくまで任意であり、取得しないことで社内的に何一つ不利になることが無い旨公知し、実際に上司がプレッシャーをかけるようなことがないよう制度作りをすれば、強制とは見なされないでしょう。こういった状況下でも資格取得を推奨するしないは社員の教育訓練や福利厚生としての政策判断になります。他社でも取組例はありますので、福利厚生的メリットとして判断することもできます。

  • 投稿日:2016/08/04 08:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

上司がプレッシャーをかけることも強制ととられる点も気をつけて制度作りをしたいと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
資格取得の為の受験料の会社負担について
社内のある業務部門において、所属長より業務上資格所持が必要となるとの理由で、課員に対し資格試験の受験をするよう指示があった。その課員より業務命令による資格取得であれば会社が受験費用を負担すべきではないかとの意見があった。 企業の一部門の業務においてのみ必要な資格(具体的には貴重品運搬警備2級-現状、...
会社補助による資格取得者の転職制限について
会社業務において必要と思われる資格を従業員に取得して貰いたいと考えており、その全額または一部を会社にて負担したいと考えています。 そこで問題になったのが、その資格が転職に優位な四角のため、会社負担(一人あたり数十万を予定)での資格取得者が、その資格を持ってすぐに他社に転勤などを行うのを防止したいと考...
休職中の社保料
お世話になっております。以下質問です。 休職中の社員がおります。 社保料の会社負担分を払い続けていますが、会社負担分がひとつのネックとなり退職してもらう事になりそうです(会社負担分だけが理由ではないですが) 休職中の社員が納得すれば、今後の会社負担分を本人負担としたいと思いますが、問題ありますでし...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 会社は社員の「資格取得」をどこまでサポートしてくれる?
    働く社員の側にとっても、自己のキャリアアップにつながる資格取得に会社が何らか援助してくれることは大歓迎だと思いますが、では実際にその援助は今、どこまで進んでいるのでしょうか。企業の資格取得援助をめぐる事情について、労務行政研究所の調査をもとに探ってみます。
  • 転職と資格取得の関係
    「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あくまでも実務経験優先が基本という姿勢を崩...
  • 資格・賃金・評価制度をいかに設計していくか?経営理念・基本理念の明確化と人事制度改革のポイント
    従業員の「意識」「行動」を変革する人事制度改革を行うには、どうすれば良いのかについて、具体的なポイントを紹介しています。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

就活図書館
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。



管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...