企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14899件   回答数31934

人事(行動)評価と懲戒処分について

当社の人事評価制度では、行動評価の対象範囲を、業務上の行動に限定し、業務外のプライベートな行動は評価対象外として整理していますが、業務上の行動が懲戒処分に相当する行為で、就業規則に基づく懲戒処分を付した場合でも、その行為(事実)は当該年度の行動評価の対象として評価を行うべきなのでしょうか。

  • カツヒコさん
  • 神奈川県
  • 公共団体・政府機関
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:評価・考課
  • 投稿日:2006/09/20 16:26
  • ID:QA-0006065

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/09/20 23:35
  • ID:QA-0006071

オフィス代表

ご相談の件で‥

ご利用頂き有難うございます。

事案につきまして最初に確認させて頂きたいのですが、「業務上の行動が懲戒処分に相当する行為で‥」とございますが、ご相談の主旨から推測いたしますと当該部分は「業務上の行動」ではなく「業務外の行動」と思われますが、いかがでしょうか‥

  • 投稿日:2006/09/21 08:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

不明瞭で申し訳ありません。ご指摘の当該部分は「業務上の行動」です。業務の遂行に際し、注意・確認不足や不適切な対応によって会社の信用を失墜させた場合の「行動」という主旨であります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/09/21 10:46
  • ID:QA-0006080

オフィス代表

お答えいたします

こちらこそ、明確にコメント頂き有難うございます。

就業規則による「懲戒」と、賃金決定や昇進等に関する「人材評価・査定」は全く別個の事柄といえます。

懲戒処分を行動評価の中でどう捉えるかについては、会社の任意事項になります。

従いまして、「業務上の行動」の場合にどちらも対象とするのは全く差し支えなく、業務に絡み会社の信用行為を失墜させた場合、行動評価で大きなマイナスポイントとするのは当然の事といえるでしょう。

  • 投稿日:2006/09/21 10:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速お答えいただきましてありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2006/09/21 15:51
  • ID:QA-0006088

代表者

人事評価と懲戒処分の同時適用

回答作成のまま所用にて外出しましたので送信が遅くなりました。他の回答者様の回答内容と重複するかもしれませんが、その節は、ご容赦下さい。
■懲戒処分、人事評価の両面において、本人に不利益な措置が同時に適用される可能性はありますが、この両者の本来目的は、必ずしも同じものではなく、同一の行動に対し、同時に適用されても矛盾が起きるものではありません。但し、両面適用の合計効果の厳しさが妥当性を欠くような場合には、一定の軽減措置の検討が望ましいでしょう。
■懲戒処分とは、使用者が会社内の秩序を乱した労働者に対して、一定の不利益処分を課すことによって、会社秩序を維持することを目的とするものです。他方、人事評価は、人材と言う経営資源の仕事への取組み姿勢、業績への貢献、保有スキルの評価を通じて、会社の活性化と更なる業績の向上を目的としています。

  • 投稿日:2006/09/21 16:29
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。ご指摘のとおり両面適用の効果の妥当性に留意して対処したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
人事評価制度 二次評価者について
人事評価制度で二次評価者が存在します。そもそも「二次評価者の目的と役割」は何でしょうか。そして、二次評価者の取り組み方として何が重要なんでしょうか。皆様お忙しいと存じますが、理解を深めたいと思いますので、詳細に教えて頂けますでしょうか(長文でも大丈夫です)。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
考課と評価の違い
お世話になります。 基本的な質問でお恥ずかしいのですが、考課と評価の違いについてご教授願います。 評価制度を作るにあたって、区別がつきません。 よろしくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/05
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築
new

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成
new

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...