企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15209件   回答数32760

転職先企業名の開示

いつもお世話になっております。

自己都合で退職を申し出た社員の転職先について、競合他社に転職した場合の社内情報漏えいを防ぐという目的から、本人に転職先会社名を報告するよう指示することは可能でしょうか?

よろしくお願い致します。

  • *****さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2014/04/28 10:35
  • ID:QA-0058651
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/28 11:35
  • ID:QA-0058652

代表者

無条件に転職先会社名を報告させる指示には違法性が問われる

憲法による職業選択の自由保証は極めて強く、 競業避止に就いては、 誓約書、 就業規則による定め、 必要なら、 避止義務の見返り代償措置など、 余程シッカリした制度がない限り、 特に、 退職後の就職係争事案では、 会社側の敗訴事例が多くなっています。 誓約書や避止義務の見返り代償措置などは、 会社命運に直接関連する開発を担当しているとか、 会社の高度な秘密情報を扱っている場合に必要な法的要素になります。 そのような特別なポジションでなくても、 一般的に、 何らの具体的な競業避止義務策を講じることなしに、 「 転職先会社名を報告させる 」 ことは、 職業選択の自由の制限に繋がり、 効果がないばかりではなく、 違法を看做される可能性が大きく、 避けられるのが賢明だと思います。

この回答は参考になった
参考になった:2名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/28 11:48
  • ID:QA-0058653

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、使用者としまして社員に指示命令が出来るのは、当然ながら御社業務に関わる内容に限られます。

従いまして、転職先会社名等につきまして任意にお尋ねされるのは構いませんが、報告を義務付ける等という事は出来ません。勿論、社内情報漏洩等が発覚し現実に損害が発生した場合には、損害賠償請求の対象にはなりえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/04/28 23:24
  • ID:QA-0058656

人事・経営コンサルタント

可能だが現実性には疑問

依頼するのは問題ありませんが、それに答える義務がありませんので、現実的にはあまり意味のないものになるかと思います。そもそも競合に転職しようというような野心的な人間が、そうそう口を割るとも思えません。秘密漏えいが起きないような平素からの情報管理、名刺を個人で所有させない、取引先情報の整理等が優先であって、個人の動きまで縛っても、エスカレート時にはほぼ個人が優勢だと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職後の競業企業への就業規制について
いつも大変参考にさせていただいています。 退職後に競業企業へ転職をし、顧客をそちらに誘導していると思われる事例が今までにありました。 そこで、その対策として、退職にあたっての規則をつけることは可能でしょうか。 例えば「競業企業への転職の場合は、退職金を半額にする」等です。 退職後に期間があいての転...
転職活動をしている社員の解雇について
ご相談をお願いします。 現在勤務している社員が在職中に転職活動をしていることが発覚しました。発覚した経緯としては、社内の共有フォルダ内からその社員の履歴書が発見され、上長が問い質したところ本人が認めた形となります。 当人と上長の面談内容として… 【転職活動中の社員の主張】 ①今転職活動をしている...
退職願の会社様式について
現在勤務する会社には会社様式の退職届があり、そこに転職先(会社名・住所)を明記するようになっています。同業他社に行く場合なども考えられるので会社として知りたいのはわかりますが、会社の書式に転職先を明記するよう義務づけることは問題ないのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 社風や仕事内容は、本当に合っている? 時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース
    転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることでしょう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがあります。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦っている場合などです。特に後者の場合は、本当は自分に合っ...
  • 後向きな理由から始まる、前向きな転職理由
    人材紹介を行うにあたって欠かせないのが、転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが、転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなる「転職理由」である。そして、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発しているのだ。
  • 転職相談で「ガス抜き」する求職者
    4月は入社の季節。街中で真新しいスーツを身にまとった若者たちを目にする機会が増えます。自分が新人だった頃を思い出して、初心にかえる人も多いことでしょう。同時に期の変わり目でもある春は、組織変更や人事異動がもっとも多い時期。新しい部署に慣れるまでには何かとストレスもたまりやすいものです。自分の希望とは...
あわせて読みたいキーワード
ジョブホッピング
「ジョブホッピング」(job-hopping)とは、労働者が好待遇やスキルの向上を求めて、あるいは職場の人間関係や業務分担への不満などから、比較的短い期間に転職を繰り返すことを言います。また、ジョブホッピングを行う人は「ジョブホッパー」と呼ばれています。世界的に見ると、よりよい条件を求めて転職を重ね...
35歳限界説
「35歳限界説」とは、35歳を機に転職成功率が下がるという、転職市場での定説のこと。特に未経験の職種や業種の場合、35歳を超えてから転職することは難しいと言われます。企業側が他の企業の色に染まっていない、20代の人材を求めていることが多いからです。しかし最近では、この通説を打ち破るようなデータや動向...
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...