企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15382件   回答数33226

モバイルワークについて

モバイルワークの導入を検討しています。
他社をベンチマークしたところ、
モバイルワーカーは顧客の訪問の間にカフェで資料を作成したりメールを作成するなどの
勤務をしていることが分かりました。

コーヒー代は自腹で払っていますが、
このことは労務管理上問題ありませんでしょうか。

  • 投稿日:2014/03/11 20:30
  • ID:QA-0058081
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/11 21:15
  • ID:QA-0058085

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、このような勤務中の喫食喫茶に関しましては、通常当人が任意で行っているものといえますので、直接会社が費用を負担する義務まではございません。

但し、業務事情でこうした場所で資料作成等をする事が不可避の場合ですと、実態を調査された上で一定の手当を支給されるか、或いは上限を設けて実費精算されるのが望ましいでしょう。

他方、会社が指示した場所での打ち合わせ等で発生する会食等につきましては、当人の意思によるものではないので、原則として会社負担とすべきです。

  • 投稿日:2014/03/12 13:23
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答がありがとうございます。
例えば会社から遠い二つの顧客を訪問して、3時間空いている場合などでは、
公園のベンチにいろと言うわけにもいきませんが、
このような場合も「不可避の事例」に含まれるのでしょうか

この回答は参考になった
参考になった:1名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/12 10:37
  • ID:QA-0058088

代表者

格別の配慮は不要

モバイルワークという言葉が使われていない昔から、 営業マンが喫茶店などで、 資料整備、 点検、記録業務などを行っているのは珍しいことではありません。 客先等との打合せの場合は、 領収書提出して貰い実費支払をするのは当然ですが、 それ以外の単独でのカフェ等での仕事 ( 労働時間として賃金が支払われている ) に、 格別の支払は不要だと考えます。

  • 投稿日:2014/03/13 10:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

なるほど。ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/12 13:05
  • ID:QA-0058090

人事・経営コンサルタント

強制の有無

モバイルワークを自宅で行うか、外部で行うかは、基本的に個人の判断となります。会社がカフェで作業を指示している訳ではありませんので、その代金負担はありません。ただしモバイルワークのリスクとして、そうした外部作業による情報漏えい、情報機器遺失などがあります。カフェでトイレに立った際にPCごと盗まれれば、セキュリティの状況にもよりますが、情報がすべて流出という最悪事態もあり得ますので、合わせてご留意いただければと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/03/12 22:32
  • ID:QA-0058110

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「例えば会社から遠い二つの顧客を訪問して、3時間空いている場合などでは、
公園のベンチにいろと言うわけにもいきませんが、このような場合も「不可避の事例」に含まれるのでしょうか」
― 前回の回答でも申し上げました通り、空き時間でカフェに入るよう会社が指示しているわけではないので費用負担義務が直ちに会社側に発生するわけではございませんが、実態を調査した上でその様な形でしか時間を使えないという現状であれば手当支給等で対応されるのが望ましいでしょう。

ちなみにこうした長い空き時間がモバイルワークで頻繁に発生するという事であれば、まずそうした無駄な時間の発生自体を業務分担やスケジュール調整等で回避出来ないか、そしてどうしても回避出来ないのであればどのようにして有効活用されるかを社内でしっかりと検討される事が最重要と考えます。

  • 投稿日:2014/03/13 10:30
  • 相談者の評価:大変参考になった

なるほど。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
1日の勤務のあり方について
1日の勤務のあり方について質問します。 朝9時に出勤し12時まで勤務。一旦、開放され16時から21時まで再度勤務するというような勤務は法的に何か問題がありますか。 問題がある場合、回避する方法はありますか。 問題がない場合、何か配慮することはありますか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
モバイルワーク
モバイル端末の進化に伴い、テレワークのなかでも導入が比較的進んでいるのが「モバイルワーク」です。移動中や外出先での業務が可能になるため、生産性への貢献が高い働き方ですが、一方で中抜けによる労務管理の難しさやセキュリティー面での懸念も高くなっています。ここでは、モバイルワークのメリット・デメリットを整...
テレワーク《メリット・デメリット》
多様な働き方を実現する上で、働く場所や時間の制限を受けない「テレワーク」の導入を検討する企業が増えています。2020年のオリンピックに向けて、ますます導入が加速していくでしょう。テレワークの代表的なものとしては、在宅勤務・モバイルワーク・サテライトオフィス勤務が挙げられます。ここでは、それぞれのメリ...
リモートワーク
多様な働き方を実現するため、オフィス以外の場所で仕事をする「リモートワーク」の導入を検討する企業が増えています。一方で、セキュリティー面でのリスク、コミュニケーションや勤怠管理の難しさも指摘されています。ここでは、リモートワークの概要やメリットを解説するとともに、導入時の問題点や対策方法を整理してい...
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
待ったなしの「ハラスメント対策」。防止と早期解決に役立つサービスと選び方をご紹介。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Web採用説明会でエントリー30%UP QUICK REPLY
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:03/01~03/30
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「ハラスメント対策」に役立つソリューション特集

「ハラスメント対策」の早期解決とおすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


メンタルヘルス・健康経営セミナー<br />
職場の活力アップを考える

メンタルヘルス・健康経営セミナー
職場の活力アップを考える

人材不足、多様性、働き方改革など、近年は人材に関する環境が大きく変化。...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!
new

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは
new

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...