企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

有給休暇の消化順序について

いつも大変参考にさせていただいております。
有給休暇の消化順序についてです。

現在弊社では、有休の消化日数を前年分の付与分から引いております。
消化は前年分または前々年分のどちらから先に消化するかというのは
法律でなにか決まりがあるのでしょうか。

また前年分または前々年分のいずれを先に消化するかを就業規則、または
労使協定等で明確にする必要はあるのでしょうか。

以上どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日:2013/06/17 11:13 ID:QA-0054981

*****さん
東京都/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

有休の消化順序につきましては、法律で定めもなく規定の義務付けもございません。

従いまして、規定が無ければどちらを先にされても直ちに違法とはなりませんが、通常であれば前年分から引いていくのが順序としては妥当といえます。現行そのような制度として定着しているのであれば、変更は一種の不利益変更となりますのでその際は労働者の同意を得て変更し規定化もきちんとされるべきといえます。

投稿日:2013/06/17 11:23 ID:QA-0054983

相談者より

迅速なお答えありがとうございます。
参考にさせていただきます。

投稿日:2013/06/17 12:06 ID:QA-0054987大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

有休の消化順序

法的には、労使の合意で決めてよいが、使用者が指定することができます。(民法488条)
使用者が指定しない場合は、当年度から利用したことになります。(民法489条 法定充当)

役所の雛形等は、古い方から消化となっていますが、最近では、当年度から消化する会社が増えています。

ただし、就業規則には明確に規定しておかなければなりません。

投稿日:2013/06/17 20:26 ID:QA-0054990

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

法的には、労基法の趣旨が優先、就業規則への明記か決め手

法的には、労基法に定めのある 「 消滅時効 」 ( 同法115条 ) と、 民法に定める 「 弁済の法定充当 」 ( 同法489条第2号 ) との綱引きになりますが、 法律の有効順位は、 「 特別法は一般法に優先する 」 このとなっています。 労基法等は、 民法の規定を労働契約面において具体化した特別法です。 依って、 他に格別な取決めがなければ、 労基法の趣旨 ( 労働者の権利保護 ) を、 民法の規定 ( 債務者 = 経営者の利益になるものから優先充当債務、 この場合、 有給休暇の付与による債務弁済 ) に優先させるのが妥当だと思います。 事実、 「 繰越分から消化していく 」 ことを認めている会社が、 圧倒的に多いと理解しています。 いずれにしても、 就業規則に定めることが、 最善の方法であるのは明らかです。

投稿日:2013/06/17 21:44 ID:QA-0054991

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

就業規則で定めたうえで従業員へのルール周知を

年次有給休暇をどの順番で消化するかについて労働基準法には明確な定めがございません。

前年度からの繰り越し分と、今年度新たに付与された分、どちらを先に消化するかは、民法488条1項により債務者である会社側が指定することができます。そのため「今年度新たに付与された分から消化する」という規程を適用することは可能となります。

ただし従業員側としては自分にとってより有利な条件となりますので「繰り越し分から消化される」ものと考えている方が大多数なのではないでしょうか。予期せぬ労務トラブルを回避するためにも、就業規則にて明文化した有休消化順序のルールを定めたうえで、従業員への周知をおこなっておくことが肝心です。

投稿日:2013/06/27 21:02 ID:QA-0055103

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
有休の消化順序について
いつも大変参考にさせていただいております。 有休の消化順序についてです。 有休の未消化がありその分を繰り越した場合、消化するのはその繰越分からなのでしょうか。今まで弊社では、新規に付与した分から消化をするのが慣習になっていました。 先日、ある社員からそれはおかしいのではないかと指摘があり、調べて...
退職時の有給消化について
退職時に有給消化をする社員がいるのですが、これは法律的には有効でしょうか? また、有給消化後残り4日は無給とし月末に合わせて退職しようとしているのですがこれもまた有効でしょうか? どなたかご教示願います。 よろしくお願い致します。
有給消化日 一斉取得(付与)について
総務を担当しております。 有給消化日の一斉取得(付与)についてお聞きいたします。 弊社は、年間カレンダーを年末に翌年分を作成しこれに基づいて会社の休日を設定していますが、従業員に対しては、カレンダーを年末に渡して終わりとしていました。毎年のことなので、労使間においての協定などは最近はしておりません...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...
サバティカル休暇
長期間勤務者に与えられる長期休暇のこと。通常の有給休暇や年次休暇とは異なり、使途に制限がなく、期間は少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間の休暇となる場合もあります。
IFRS(国際会計基準)
IFRS(International Financial Reporting Standards、国際財務報告基準)とは、民間機関の国際会計基準審議会(IASB)が世界的に承認され、遵守されることを目的として設定する会計基準の総称。各国企業の財務諸表を比較可能にするためのグローバルスタンダードであ...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...