企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15741件   回答数34220

女性社員の制服

女性の制服についてお伺いします。
当社の事業所では、男性は現場工場で作業をする上で全職種、綿の上着と綿のズボンです。
事務職の女性はベストにスカートです。ブラウスは各自の判断に任せています。

①技能系の現場作業者として採用した女性で、現在も現場には入りますが事務所で進捗管理を行う業務も増え、他の女性のようにスカートで仕事をしたいと希望がありました。給与は事務職より高いです。
会社としては、採用したときの事情と現在も工場に入ることもあるため、スカートは禁止したままです。

②事務の女性は慣例なのかストッキングに黒靴を基本としておりますが、最近暑くなったのか、ストッキングをはかずに黒のソックスをはく女性が増えました。何となく子供じみた格好で個人的にはいかがなものかと考えます。

但し①・②についても、ここまで詳細なユニフォームの規程を作ってありません。正式に就業規則等に表記しないと制限できないものなのでしょうか。

  • あーさん
  • 愛知県
  • 機械
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2012/07/16 11:04
  • ID:QA-0050446
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/07/16 12:45
  • ID:QA-0050449

代表者

柔軟性と女性社員の感覚差にも留意

制服問題は、どこでも姦しい議論の種になり勝ちですが、御社では、それなりの落ち着きというか、定着しているようにお見受けします。 ご相談の事案 ① ですが、業務上の要件を損なわない範囲内で、事務所内では、スカート着用を認める柔軟性があってもよいと思います。 ② に就いては、男性社員の目線、感覚が、女性社員にも共有できる筈と思い込むのは危険です。 街中に、子供じみた ( 回答者が勝手に思い込んでいるだけかも・・ ) ファッションが溢れ返っています。 あまり 「 醜い 」 なら別として、ここは、女性戦力団の意見を尊重するのが賢明だと思います。 因みに、就業規則の付属として 「 制服貸与規程 」 を作成されている企業は多く見かけられます。

  • 投稿日:2012/07/17 08:33
  • 相談者の評価:参考になった

わかりました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/07/16 12:48
  • ID:QA-0050450

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

服装に関しましては個人的な嗜好の問題にもなりますので、基本的には会社で細かい規定を定めて規制する事は望ましくないものといえます。

勿論、作業において衛生上または安全確保の為作業服を義務付けることや、対面接客業務でふさわしくない乱れた服装を禁止すること等は問題ございません。

但し、文面の内容程度であれば特に規制しないことにより業務に支障が生じるといった影響も考え難いですので、個人的な感じ方は別としまして、規制されないのが妥当というのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2012/07/17 08:33
  • 相談者の評価:参考になった

わかりました

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2012/07/16 23:07
  • ID:QA-0050458

人事・経営コンサルタント

公平感

個人の価値観や世代の違いなど、どんどん「常識」が通用しない環境となっています。「このくらいはわかるはず」ということで決めるのは非常に難しく、運用上の視点を考えることが現実的と思います。
「おとなしい服装」や「子供っぽい」は具体性がありません。「無地の白いブラウス」という具体的指定が無い以上は、想像を超えるものが出かねないとお考え下さい。小職といたしましては「安全」が第一であり、スカート可否は安全との兼ね合いが重要と思います。社風やイメージを維持するにはやはりすべて会社支給とするのが結局は一番コントロールが楽です。いろいろと難しい時代ですので、細かくお決めいただく必要があると思います。

  • 投稿日:2012/07/17 08:34
  • 相談者の評価:参考になった

参考になりました

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
女性採用の推進のための具体策
女性活躍推進法に則り、弊社では3割の女性を次期採用目標に設定しましたが、 現状は女性率1~2割弱で厳しい状況です。 応募者の割合も同等です。 効果的な対策を教えていただけないでしょうか。 ちなみに女性管理職はいません。
女性管理職の育児短時間勤務時間の取り扱い
女性管理職が育児短時間勤務制度を利用した場合、給与カットをしても良いのか?
女性社員の制服について
お世話になります。 弊社は小さなIT会社です。 この度全女性社員に制服を支給することになりました。 これまでは制服はありましたが、部署によって着たり着なかったりとまちまちだったのを、被服規定を作って女性社員の全員着用を義務付けたものです。 これに対して女性社員からいろいろ反発もでておりますが、中に...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
4R
「4R」とは、従来、企業組織の中で女性の比率が高い、あるいは女性が配属されやすいといわれてきた四つの部署・職種――人事(HR)、経理(IR)、広報・宣伝(PR)、カスタマーリレーション(CR/お客様相談室)の総称です。すべて部署名の英語表記にRがつくことから俗に「4R」といわれ、これに秘書(Secr...
スポンサーシップ制度
「スポンサーシップ制度」とは、女性の管理職や経営幹部を増やすために、役員クラスが選ばれた女性社員のスポンサーに就き、マンツーマンで指導して昇進を後押しする制度のことです。スポンサーは英語で保証人、支援者の意。自分の裁量権で、リーダーに必要なスキルが学べる仕事を担当させたり、本人に代わって業績や能力を...
女性活躍推進法
「女性活躍推進法」とは、女性が活躍しやすい社会の実現を目指して作成された法律です。就業を希望しながらも、出産や育児などの事情が重なって就業できていない女性が多いことを背景に、2016年に施行。2019年5月29日に改正案が可決され、改めて注目を浴びています。ここでは「女性活躍推進法」の意義と、改正法...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

事業戦略を支える人事の挑戦 あなたの会社の健康労務費見直しませんか?
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/03
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「人のための組織づくり」への発想の転換<br />
今、企業社会のあり方が問い直されている

「人のための組織づくり」への発想の転換
今、企業社会のあり方が問い直されている

じっくり話しあって採用したはずの新入社員が「未来が見えない」といって早...


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...