企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

調整手当の見直しについて

いつもありがとうございます。

弊社では「調整手当」があり、規定では「基本給×10%+調整額」と定めております。
全社員(新入社員にも)に調整手当がついており、上司に確認をしたところ、
以前からついており何の調整かわからないとのことでした。

今回、調整手当の見直しを考えております。
①その場合、廃止することは可能でしょうか。
②廃止した場合、不利益変更となるので基本給に組み入れたほうがいいのでしょうか。
③その他方法はありますでしょうか。

お忙しい中申し訳ありませんが、ご教示いただきたくよろしくお願いします。

投稿日:2011/06/08 08:58 ID:QA-0044400

****さん
大阪府/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件について各々回答させて頂きますと‥ ①:②の点に注意が必要ですが、手当は法的義務ではございませんので廃止自体は可能です。 ②:ご認識の通り単に廃止しますと不利益変更となりますが、基本給に組み込むことで対応すれば問題ございません。 ③:手当廃止と共に基本給にも組み込まないということであれば、少なくとも数年の猶予期間を設ける等の配慮措置を採った上で労働者の個別同意を得て変更する事が求められます。但し、廃止後手当支給に関し特別な事情が明らかになったのではトラブルになる可能性も否定できません。従いまして、出来る限り元々の調整手当の支給事由をはっきりさせておくべきですので、再度前任の管理者等も含め詳しく調査されることをお勧めいたします。

投稿日:2011/06/08 10:13 ID:QA-0044403

相談者より

ご回答ありがとうございます。
調整手当の支給事由をはっきりさせてから、取組を考えていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2011/06/08 17:27 ID:QA-0044424大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

調整手当について

1.まず、調整手当の定義を上司がわからなければ、経営者またはわかる人に確認してください。
賃金に関する事項ですから、賃金規程等に調整手当とは何なのか明確にすることが必要です。
2.不要かどうかは調整手当の定義がわからなければなんともいえません。不利益変更となるから基本給に組み入れたほうがいいというのは本末転倒です。会社として必要かどうか議論して結論をだしてください。廃止する場合は個別同意が必要です。全面的な見直しも必要かもしれません。
以上

投稿日:2011/06/08 10:53 ID:QA-0044407

相談者より

ご回答ありがとうございます。
仰られるとおり、まず調整手当の定義を確認して
から進めていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2011/06/08 17:30 ID:QA-0044425大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

賃金体系の抜本的な見直しを

調整給は定期昇給やベアを場当たり的に実施してきた名残だと思います。この際、全体のバランスを考慮し、抜本的に賃金体系を見直しすべきでしょう。若年層、中高年層など多くの観点で賃金のバランスを見直す、よい機会です。その場合、専門家を交えることが望ましいでしょう。

投稿日:2011/06/08 10:59 ID:QA-0044409

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

原因遡及は止め、将来に向けた措置を

|※| 時々、見かける状況ですね。然し、訳の分からない賃金項目が、全社員に付けられているのは ( 好ましくない意味で ) 珍しく、正常化は必須命題です。何も知らずに支給されている社員も多い、過去の廃棄物残滓ですから、原因遡及にあまりエネルギーを費やすのことはお勧めできません。 .
|※| 現在と将来に目を向けて、廃止により、浮いてくる原資と、新しい再配分方式への移行原資 ( 不利益を被る者に対する緩和措置 ) を有効に使うことに注力すべきです。どのような方式がよいかは、一概に言えませんが、本来、個人別実力の象徴的目安である、「 基本給への無条件繰入 」 には賛成しかねます。

投稿日:2011/06/08 12:57 ID:QA-0044416

相談者より

ご回答ありがとうございます。
新しい再分配方式も考慮に入れ、検討していきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2011/06/08 17:43 ID:QA-0044427大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
規則に定めていない手当のカットについて
お世話になっております。 以前より支払われている手当のうち、規則等に定められていない(確認できない)ものがあった場合、この手当を削除してしまう事は、やはり不利益変更にあたるのでしょうか。 ご教授お願い致します。
パート社員の年末調整について
標記の件について 弊社以外にも勤務(正社員・パート社員等として)勤務している社員を 弊社で年末調整をおこなうと 弊社以外の勤務先とダブりで年末調整をおこなう事になりますが 問題になるのでしょうか? (本来なら主たる勤務先にのみ扶養控除申告書を提出し 提出先の会社で年末調整を行い 主たる勤務先以外では...
資格手当は基準外手当?
現在、弊社では、公的資格手当の導入を検討しておりますが、導入した場合、資格手当は基準内手当として扱うべきか、基準外手当とすべきなのか、よくわかりません。もしご存じの方がおりましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
ハードシップ手当
「ハードシップ手当」とは、海外赴任の際に起こりうる不安や負担を軽減するために支給される手当のことです。日本国内の転勤の場合、利便性に多少の差異はあれ、一定以上の治安やライフラインは保障されています。しかし、海外赴任の場合には必ずしも日本と同水準の快適な生活を送れるとは限りません。電気やガスの供給に食...
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

事務職派遣を検討中の担当者様へ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/24
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

日産自動車の“カルチャー ダイバーシティ”戦略 ~Eラーニング導入による効果と今後への期待とは?

ビジネスの世界では、「グローバル化」が急速に進んでいる。このような状況...


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...