企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

いじめが行われている部署への事情聴取について

いつもお世話になります。
この半年間、同じ部署内で、若手社員が3名退職しました。
 ①一昨年の新入社員1名(9/6付)
 ②昨年の新入社員1名(1/31付)
 ③4年前に入社した新入社員1名(1/31付)

新入社員の採用は1名で、一昨年と4年前の間は新入社員は採用しておりません。
退職理由は異なりますが、半年間で3名退職となるとその部署で何か問題(いじめ、パワハラ
があるのではないか、調査を人事でして欲しいということになりました。
(実際にいじめがあったといううわさも聞いております。)

調査を行うにあたり
同じ部署の社員を個々に呼んで話を聞くようなことを考えておりますが、
しなくてはいけないことしてはいけないことがありましたら教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

投稿日:2011/02/07 09:12 ID:QA-0042375

****さん
大阪府/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

文面の件に関しましては、やはり調査を行い事実関係を明らかにする事が必要といえるでしょう。場合によっては今後従業員や退職者からパワハラ等の被害の訴えがなされる可能性もございますし、そのような事実があるとすれば会社の管理責任が問われる可能性も生じてくるからです。

その際注意するべき事柄としましては、1.聴取に当たり秘密を厳守すること 2.パワハラ等の疑いが持たれるとしても、当該人物を一方的に加害者と決め付けることなく、当人の意見も聴く等公平に調査に当たる事 3.パワハラ等の加害者が確定した場合には、加害者に対し被害者への謝罪と共に懲戒規定に基ききちんとした処分を行うと共に異動等の実施により再発防止の措置を講じる事 等が挙げられます。

いずれにしましても、人間関係にまつわる繊細な問題ですので、慎重な調査と共に客観的な判断が必要とされます。

投稿日:2011/02/07 11:22 ID:QA-0042381

相談者より

ご回答ありがとうございます。

秘密厳守、公平性、再発防止を念頭に進めるにあたっては気をつけていきます。
ありがとうございました。

投稿日:2011/02/08 08:45 ID:QA-0042396大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

「 権限ある調査会 」 と 「 パワハラの判定基準 」

■.パワハラの調査、対応は、それなりの権限のある人、組織が行わないと、実効を期待することは難しい事案です。特に、対象者が立場の弱いだけに、シッカリした相談窓口組織が必要です。厚労省でも、社内にそのような機能が備わっていない場合には、外部へ、具体的には、都道府県労働局等の総合労働相談コーナーに相談することを薦めているくらいです。 .
■.さて、調査に際して、「 やるべきことやるべき 」 は、先ず、上記の、シッカリした社内組織の確立です。次に、出来るだけ、体系的、具体的な、パワハラの判定基準を持つことです。同じ、「 パワハラ 」 という言葉を使いながら、当事者間で、基準が違っていると、不毛の議論、曖昧な結論、時間の浪費に終わりがちです。 .
■.判定基準については、「 質の悪さ 」、「 頻度・回数 」 等を、判定要素にして、サッカー試合における、レッドカード、イエローカード、フリーの区分表を作成し、同じ土俵で調査を行うようにしてはいかがでしょうか。「 してはいけない 」 ことは、不作為行為ですから、今は、考える必要はないでしょう。

投稿日:2011/02/07 11:37 ID:QA-0042383

相談者より

ご回答ありがとうございます。

社内には相談窓口またそのような社内組織もありませんので、そのあたりを確立していきたいと思います。
また判定基準もありませんが、その前にパワハラと言う言葉を知らない従業員もおりますので、理解をさせることもまず考えていきます。

ありがとうございました。

投稿日:2011/02/08 08:53 ID:QA-0042397大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

情報整理

かなりデリケートな問題ですので、あくまで一般論で申し上げます。

「調査を人事でして欲しい」これはどなたの言葉でしょうか。社長や経営陣なのか、部門統括なのか、辞めた当事者なのか等、事態の様相が変わってきますので、「なんとなく」調査をするという印象を残さないよう、明確に会社全体として、社長名において調査を行う、と定義付けが必要です。

その上で、部署の人員に対しては、基本全員から事情聴取をすること。管理者も担当も、直接関係ないその部門の人間まで、しっかり聞き取りをしてください。
刑事の取調べのように、ていねいにどんなことでも良いので、という調子で、できるだけ情報量を増やすと良いと思います。

逆にやってはいけないことは、きめつけです。いかにも怪しい、というような予断が正しい場合も、正しくない場合もあります。糾弾は事実がある程度見えてからで十分ですので、事実確認が済むまでは、けっして方向付けをしないでお進めいただくよ良いと思います。

投稿日:2011/02/07 22:33 ID:QA-0042394

相談者より

ご回答ありがとうございます。

「調査を人事でして欲しい」は役員会でもこの半年間で若手社員が何名か辞めることについて話が上がり、社長から依頼された言葉です。
部署の人員だけでなく幅広く事情聴取をして事実確認を進めていきたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日:2011/02/08 09:00 ID:QA-0042398大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
希望退職募集の場合の退職金
経営がかなり逼迫している状況で、希望退職を募る場合、退職金の上乗せはどれくらいが妥当でしょうか?
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
  • 「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
    昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介しています。
  • 若手採用のパラドックス
    せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で扱う「第二新卒」に対しても、その点を重視する企業は多いのだが――。
あわせて読みたいキーワード
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
パワハラ
2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相...
逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/21
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...