企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

社内での人事異動について

いつも大変参考にさせていただいております。
人事異動について質問させてください。

このたび社内で数名が部署の異動を行うことになりました。
その際に下記の点についてお教えください。

①異動を告知してからその異動までの期間はどれくらいが妥当なのでしょうか。会社としては決まっている以上すぐにでもと思っているのですが、もし本人がその異動にあまり積極的でない場合いきなりの異動は後ほどのトラブルにつながる気がします。本人の意志を考慮してというのも必要と思いますが、法律的に決まりがありましたらその期間を知りたいです。

②異動にともない休日が変更になります。現在の部署は土日が休みですが、今後は週休2日のローテーションになります。また年間休日の日数が減ります。不利益変更にならないようにひとまずは現状の休日で異動にしようと思いますが、ずっとそのままというのも難しい気がします。この場合も異動時に「○ヶ月後くらいに見直しを行う」というのは本人の同意が必要なのでしょうか。また、その期間に決まりはあるのでしょうか。

③後々のために、話し合いを録音しようと思いますが、これも本人が拒絶した場合は録音は違法になるのでしょうか。(そもそも録音は本人のためにもなるので違法とはならないと思いますが)

④そもそものところで本人がその異動を拒絶した場合は、異動させることはできないのでしょうか。就業規則には部署が異動することがあることは明記されています。


以上、どうぞよろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 美容・理容
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2010/09/25 18:52
  • ID:QA-0023060

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/09/25 19:15
  • ID:QA-0023061

この回答者の情報は非公開になりました

異動告知の期間

会社には人事異動の裁量権が認められていますので、異動させるのは問題ないです。
問題は次の二点です。
①転居を伴う場合
②減給などを伴う場合
また引き継ぎの期間が必要でしょう。

転居を伴う場合は最低でも1か月必要でしょう。

また、社員は担当職務の変更に伴って会社を辞めるという選択肢もありますから、その意味でも1か月程度あることが望ましいでしょう。

録音ですが、勝手に取れないので、本人に許可を得ることでしょう。
できない場合は立会人を置いて二人以上で面接することでしょう。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/09/25 22:41
  • ID:QA-0023062

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御質問に各々回答させて頂きますと‥

①:解雇とは異なり異動に関しましては法的な予告期間は定められておりません。
 但し、極端な場合今日通知して明日遠方へ異動等となれば明らかに社会通念上許容される範囲を超えていますし、従業員の立場も考慮した上で出来る限り早く通知されるべきです。特に転居を要する遠方への異動については数ヶ月前に知らせておくべきですし、或いはやむを得ない事情で急遽決まったような場合ですと異動の必要性等会社事情をきちんと説明し理解してもらうことが必要といえます。

②:不利益変更への配慮としての猶予期間等に関しましても法的に具体的な定めはございません。当面(1~2年程度)は現行通りの休日数を付与するか、金銭で補うかの措置を採られることが妥当なところでしょう。
 
③:私共の知る限り録音に関する法的規制は特に見当たりませんし、少なくとも労使間の交渉を録音するのに当事者の同意を得る必要はないものといえます。
 但し、当然ですが録音された内容を直接関係の無い者が聴いたり、テープ等が流出したりする事の無いよう厳重な管理をされる事が必要です。

④:異動に関しては会社の持つ人事権としまして広く裁量が認められていますので、就業規則に規定があれば社会通念に反するような内容で無い限り原則として従業員が異動を拒否する事は出来ません。
 但し、①で触れたように突然の異動等がネックになるようであれば、納得の上で異動出来るよう時期に関しては従業員の立場も考慮して可能な限り柔軟に対応すべきといえます。

  • 投稿日:2010/09/25 22:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/09/26 12:46
  • ID:QA-0023063

代表者

優先すべき個別事情がなければ、異動命令は拒否できない

.
■ 就業規則には、人事異動に関する事項が明記されているとのことですが、現実には、その定めに反対の社員はいくらでも居ます。それでは、社内統制がとれないので、労働契約法7条で、就業規則は、《 合理的な労働条件を定めている 》 《 労働者に周知されている 》 場合、個々の労働者の反対があっても有効な労働条件の定めとされています。但し、例外として、《 就業規則の定めに先立って締結された労働契約 》や、《 就業規則より条件がいい労働契約の合意が優先 》 するなどの個別事情があれば、それに応じた配慮が必要です。

■ その上で、ご質問をレビューします。

▼ 《 質問 ① 》 ⇒ 異動までの期間に関する直接の法的な決まりはありません。業務引継ぎに必要な期間、及び、転居を伴うか否かを勘案し、常識的な期間を設定すればよいと思います。転居を伴わなければ、2週間、転居(海外は別)も本人のみなら、1カ月、家族を含むときは、3~6カ月の予告期間といったところが、検討どころだと思います。
▼ 《 質問 ② 》 ⇒ 異動後、本人だけが、組織と中で、異なった休日制度を適用され続ければ、普通は、当然、大きな業務支障がでるでしょう。どれだけの 《 不利益変更 》 か分かませんが、「 ○ヶ月後くらいに見直しを行う 」 といった悠長なことでよいのでしょうか。出来れば、移動時点で、本人の同意を取り付け、異動後組織では、「 郷に従って貰う 」 ことが先決だと思います。
▼ 《 質問 ③ 》 ⇒ 日本では、「 録音 」 という言葉の持つイメージがよくないですね。話し合って、決めた事柄は、箇条書きメモにして、署名か、押印して、双方が保管すれば、証憑力は勿論、雰囲気的にも無難ですね。
▼ 《 質問 ④ 》 ⇒ 配慮すべき点 ( 最初の部分参照 ) はありますが、就業規則は、労働者、使用者それぞれの、権利と義務を明記したルールブックです。異動を拒絶した場合は、格別の配慮を必要としない限り、規則違反として懲戒対象となる性質の事柄です。

  • 投稿日:2010/09/26 12:46
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/09/26 13:54
  • ID:QA-0023064

この回答者の情報は非公開になりました

進め方

法的なことより、該当する社員への影響と、内部統制としての組織全体への波及を考慮したご対応が必要と感じます。

①転居等はなければ通常1ヶ月もあれば十分と思いますが、個人的事情も考慮してあげられると説得がしやすくなります。最大2ヶ月以内等、移動時の原則を決めておき、社員にも周知しておくと今後混乱がなくなります。
転居、家族等の対応があり得るのであれば、それも見越して原則を規定しておかれるのが良いでしょう。

②当人だけ別休日というのは組織統制上問題があるばかりでなく、当人が職場で働きにくくなる恐れが高いと思います。移動を受け入れる以上、予定に対しては有給等で対応し、制度そのものを特別運用するのは避けましょう。
採用時の労働契約、就業規則等で完全週休二日制等表記がなされていないか等もご確認下さい。

③当人と録音をしながら話しあう時点で、恐らく関係が破綻している可能性があります。労働争議や訴訟というエスカレーションの段階を迎えているのであれば、当然断った上で録音もありですが、相手側が硬化するでしょうし、そもそも録音に頼る説得は中身が薄い、つまり当人が納得していない可能性が高いでしょう。
それより当人による納得と確認印等とれるように正当にお進めいただくのが、説得の本道と思います。

④異動自体は問題ありませんが、気持よく異動してもらう環境整備は人事管理上欠かせません。そういったことがあり得ること、不平等にならない異動であること等、平素から社員への認知を進めることが重用です。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
人事異動拒否
 就業規則で人事異動についての規定は一切ありません。  今回本人は現在の部署でもっと勤務したいというだけの理由で就業規則で「社員は人事異動に応じる義務がある」とは記載されていないとして異動を拒否しています。  このような場合本人の同意を得れないと人事異動を発令することは出来ないのでしょうか。  なお...
人事異動
ローテーション(人事異動)のタイミング・どういう経験をさせるかという具体例が浮かびません。アドバイスお願い致します。
異動に伴う減給
配属部署で中々力が発揮出来ずにいる社員を他部署に異動させるのですが、 未経験の部署へ異動となるため減給となります。 労基法91条に「1回の額が…。」というのがありますが、 上記のような異動へも適用されるのでしょうか。 もし適用されない場合の言及の限度はどの位なのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

玉突き人事
「玉突き人事」とは、一人の従業員を特定のポジションに異動させたことで、ビリヤードの玉突き連鎖のように次々と穴埋めで行われる人事異動のことをいいます。本来、人事異動は人材育成や組織活性化を目的に本人の希望も加味しながら、明確な目的をもって行われますが、玉突き人事の場合には客観的な理由が不明瞭なまま異動...
人事異動
「人事異動」とは、会社組織の中で従業員の配置・地位や勤務状態などを変更することです。住居の異動などを伴うことがあるため、日本企業では年度末に実施されるケースが多くなっています。ここでは人事異動の種類と、円滑に実施するためのポイントを解説します。
配置転換
人事異動により、従業員の担当職務や勤務地などを変更することを「配置転換」、略して「配転(はいてん)」といいます。配置転換は大きく、企業内の配置転換と企業間の配置転換に分かれます。前者には昇進・昇格、職種変更、勤務地変更などが含まれ、後者には子会社や関連会社への転籍、出向などが該当します。狭義では、...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...