企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14899件   回答数31934

不利益変更か否か

弊社では、他社との統合・組織再編に伴い、部の数を調整することになりました。

基本的に部長職の降格はしない方向であるものの、この機会に若返りを図るため、一部、次長から部長へ昇格者を選出することにしました。
そのため、部長のポストが足りず、○○部長と○○部部長を置くことにしました。

人事制度上、この両名は同一等級・ランクで、給与も同程度で、元は両名とも部長でした。
部部長は、弊社で1名だけであり、特異なポジションです。
部部長は、部長の下のようなイメージになりがちで、
役割・権限も部長より小さくなると思われます。

給与は保障されますが、この場合不利益変更にあたるのでしょうか?
(個人的には本人のモチベーションにもかかわりますので、
 このような異動は避けるべきと思いますが)

ご教示お願いします。
よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 兵庫県
  • 販売・小売
  • 回答数:6件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2010/08/02 11:15
  • ID:QA-0022077

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
6件中 1~6件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/08/02 11:29
  • ID:QA-0022078

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

不利益変更ではない

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

今回ご質問の「部部長」職については、給与・処遇水準の引き下げを伴わないとのことですので、不利益変更に当たらないのは明白です。

なお、企業の統合再編を伴っているため微妙な要素もありますが、通常役職を変更したために給与水準が引き下げられたからといって、そのルールが就業規則に明記されていれば、不当な不利益変更にはあたりません。
貴社におかれても、統合後の就業規則においてその点を明確にし、今後における役職ポジションの変更に備えておくのが賢明でしょう。

ご参考まで。

  • 投稿日:2010/08/03 11:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

権限、指揮命令が降格同様であっても、
給与・処遇が変わらなければ不利益変更にならないのですね。

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/08/02 11:58
  • ID:QA-0022080

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

人事異動に関しましては広く会社側に裁量権が認められていますので、御社規程に基づいた通常の異動や昇格・降格であれば不利益変更には該当しません。

ただ文面のケースですと、恐らくは規程上存在しなかったポストを新設する事になるものと思われますので、そうした予期せぬポストへの異動により賃金や労働時間等の労働条件面での不利益が発生すれば問題となる可能性もございます。

そのような具体的な条件面での不利益が発生しなければ一応問題無いものといえますが、役職者の若返りを図るのであれば、無用と思える形式上のポストを作ることなく、役職自体から外れてもらうのが本筋といえます。

御社規程で役職異動人事についてどのように規程されているかにもよりますが、当人と話し合いを行ない待遇面で考慮すれば多少の不利益変更があるとしましても同意を得られる可能性は十分にあるものといえます。

今後の事もございますので、仮に規定上明確になっていないようでしたら、役職制に関しまして柔軟な昇格・降格が可能となるよう規程整備をされる事もお勧めいたします。

  • 投稿日:2010/08/03 13:32
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご指摘のとおり規程にないポストの新設になります。
昇降格も規程されていませんでした。
規程整備を検討します。
ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/08/02 13:58
  • ID:QA-0022082

代表者

「木を見て森を見ず」に陥ってはならない

■ 経営の活性化、効率化を目指し、組織の簡素化、若返りを試みない企業はありませんが、多かれ少なかれ、ご相談のような壁に直面しない事例は皆無でしょう。結局、スリム化、簡素化の枠外に置かれる ( 通常、高給) 社員の、モチベーションや、不利益変更といった阻害要因が立ちはだかり、何のことは無い、組織図上で、スリムに見えるだけで、○○部部長や○○担当部長など、人員配置図上では、頭でっかちな、締りのない実態に留まっている場合が多いものです。
■ モチベーション低下や不利益変更への対応には、心理的、労働法的要素も絡んでくるので、相当、強力な、調査力、計画力、実行力が欠かせません。少々、荒っぽい言い方かも知れませんが、枠外に置かれることになる ( 年長、高給 ) 個別社員の各論段階に至ると、「 木を見て森を見ず 」 に陥ってしまい、次から次えと、例外措置作り出してしまい勝です。
■ 勿論、枠外 ( ライン外 )の社員に対する気配り、目配りは欠かせませんが、ご相談の件に就いても、「 森 」 だけは、シッカリ見詰めつつ、対応して欲しいところです。

  • 投稿日:2010/08/03 13:46
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。
全体バランス、全体的な視野で今回の人事異動を見てみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/08/03 08:55
  • ID:QA-0022098

この回答者の情報は非公開になりました

不利益変更に当たらない

部長と部部長では責任度合いなどが異なり、後者について処遇が多少悪くても、不利益変更に当たらないと考えます。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/08/03 18:59
  • ID:QA-0022121

この回答者の情報は非公開になりました

部部長への指示

当然、部長から指示されます。
銀行などには多いですね。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2010/08/04 11:45
  • ID:QA-0022147

この回答者の情報は非公開になりました

部部長の待遇

部長よりも低くなって当然ではないでしょうか?
そこまで名ばかり部長を優遇することはないでしょう。

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
兼務役員の報酬について
いつも参考にさせていただいております。 この度、弊社ではじめて兼務役員を置くこととなり、今までは営業部長だったものを「取締役営業部長」とします。 この場合、営業部長の仕事も従来どおり行いますが、報酬としては、従来の報酬(部長手当を含む)プラス役員報酬とするのか、部長手当は無しで役員報酬をプラスす...
ビジネス敬語について
いつもお世話になっております。 たいした質問でなくて申し訳ないのですが、ビジネス敬語の使い方で、 『山田部長 殿』や 『山田部長 様』 といった2重敬語を 使うことがありますが、どちらが正しいのでしょうか? 一般的には『山田部長殿』だと思うのですが『殿』は目下の人に使うといった意見もあって、迷って...
職位の英語表記
当社は、100名弱の会社です。 部長をDirector 次長をSenior Manager 課長をManagerとしております。 今回担当部長が発生いたします。 部長をDirectorとしたため、良い表現が見つかりません。 どなたかご教示いただけますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向
    成果向上や能力発揮を促す処遇体系の導入に向け、これまでに多くの企業が資格・等級制度の見直しに取り組んでいます。これらとともに、育成・活用をねらった優秀者の選抜・早期登用の動きも広がりをみせ、年功処遇が中心となっていた時代に比べて、昇進・昇格のスピードは大きく変化しています。
  • 第一志望の企業をあきらめきれない人材 入社後に上司の退職を知らされた人材
    候補者に内定を出し、無事入社すれば採用活動は終了する。しかし、その採用が成功だったかどうかは、しばらく働いてからではないと分からない…というのが一般的だろう。ところが、中には「しばらく」どころかあっという間に退職してしまう人材もいる。ひょっとしたら最初から計画的だったのではないか、と思える人も…。
  • 「その人材はやめておきましょう」とは言えない、 企業と人材の間に立つ人材紹介会社の立場
    自信を持って紹介した人材がなぜか不採用になってしまう。逆に、少し気になる点があった人材が予想外の高評価を受けることもある――。たとえつきあいが長くても、外部の人材紹介会社が、企業の採用基準や社内事情を完全に把握するのは難しいということだろう。従って、あまり固定観念にとらわれず、可能性がありそうな求職...

あわせて読みたいキーワード

アシミレーション
「アシミレーション」(assimilation)とは、直訳すると「融和」「同化」の意味。組織開発の手法の一つで、具体的にはチームのリーダーとメンバー間の相互理解を深め、関係構築を促進する仕組みを指します。チームに新しいマネジャーが着任したときなどに用いられることが多く、メンバーと新任のリーダーとの融...
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
7S
「7S(Seven S Model)」とは、マッキンゼー・アンド・カンパニー社が提唱した組織変革のためのフレームワークです。組織の全体像といくつかの要素の相互関係を表しており、組織の現状を包括的に捉え、適切な対策をとっていくのに有効だとされています。(2019/7/17掲載)

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/06
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...