企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

社内公募制度導入の手順に関して

現在、社内公募制度の導入を検討しています。制度自体がどんなものかは様々なデータを参考にして得ましたが、実際に制度を導入していく上での一連の流れ(手順)を教えて頂きたく思います。
また、弊社は会社単体では従業員600人程ですが同じくらいの規模で他社様の導入事例等がございましたら教えて頂きたく思います。
宜しくお願い致します。

投稿日:2009/08/21 15:27 ID:QA-0017201

*****さん
東京都/商社(総合)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

藤田 敏克
藤田 敏克
社会保険労務士法人SRグループ 代表

内と外、両方の視点からの運用を

社内公募制の導入をご検討中ということですが、公募対象・範囲・性格などにより運用の流れも変わってくると考えられます。

公募制度の対象となるものとしては、
・新規事業にともなうポスト
・事業拡大にともなうポスト
・現部門の欠員によるポスト
の3つに分類できます。

最も社内公募制になじむのは、新規事業展開にともなうチャレンジングな新しいポストへの公募ですが、ここでは他の二点も含めて、御社規模での一般的な運用の流れをお伝えします。

まずは必要なポスト・欠員情報を該当部署から収集し、各部門の人員計画や過年度の入退実績、今期退職予定者情報などと照らし合わせて、人員計画・人件費・マネジメントスキルなどの視点から、管理できる環境かどうかの判断が必要です。

つぎに応募の条件などの設定です。ポストによって勤続年数、資格、考課履歴、等級などの制限を設けたり、反対に全く制限を設けないことによって、下剋上的に体制を一新するという効果も期待できます。

また選考の結果ポストに就けなかった場合の現部署での人間関係を考えると、実際に応募を受け付ける際には、人事部内に専任の担当者をたて、応募者本人と人事以外に応募の事実が漏れないようにするなどの配慮が必要です。

登用が決定した際には、応募者の現部署との調整が必要になってきます。当然その部署では人員を1人排出することにより欠員が出てしまうため、その欠員を補うための外部採用を行うことになります。
公募制に際しては、つい新しいポスト、新しい部署に意識が集中してしまいがちですが、NGの場合のフォローは外部採用よりも慎重に行うことが重要です。

以上が大まかな流れになりますが、注意するポイントとしては、公募制度の運用次第では間接的に多面評価の効果を来す場合があります。例えば部員の9割が応募する、というような事態があったとすれば、前向きな応募というよりは現状への不満からの応募という見方もできます。その場合には上司のマネジメント能力の低さが露呈するという結果になります。

また公募制を形骸化させず、より戦略的な位置づけにするために、ポストに対して公募制をとるだけでなく、人事主導の配置戦略と外部募集も併用し、応募者を内外で競わせることも手法として考えられます。

ご参考になれば幸いです。

投稿日:2009/08/21 23:13 ID:QA-0017203

相談者より

ご回答頂き、有難うございました。
非常に細かく、とても参考になりました。また、まだまだ知識が足りない事が実感出来ました。
もっと、情報収集をして知識を積んだ上で弊社にあった形を作りながら導入に踏み出せたらと思います。
本当に有難うございます。

投稿日:2009/08/28 12:04 ID:QA-0036721大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

田添 忠彦
田添 忠彦
ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

制度の周知と活性化

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

社内公募制度・FA制度には二面性があり、ひとつは、積極的な社内人事交流と適材適所の推進のために行う戦略的仕組みという面。いまひとつは、社員の不満(※例えば、今の上司の下ではどうしても働きたくない、異動できないなら退職する等)を吸収するという労務管理上の側面です。
現実には、多くの会社の仕組みは、後者の狙いで運用されているケースが多いと思われます。

したがって、公募への応募者数も、積極策の場合は多いほうがよいでしょうが、不満解消策の場合はむしろ少ない方がよいということになります。
ただ、ご質問の文面からは、本制度を戦略的な仕組みとして機能させたいというご意向と存じます。
そこで、第一の手順として重要なことは、社外への採用方策と同様、「求人案件」共有のためのWEBサイト等情報周知を徹底すると共に、重要度の高い案件については、部門責任者による「募集説明会」のようなものを開催して募集職務の意義をより強く訴求するようにすることが考えられます。

ご参考まで。

投稿日:2009/08/24 08:20 ID:QA-0017210

相談者より

 

投稿日:2009/08/24 08:20 ID:QA-0036726参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
スーパーフレックス制度導入に際して
宜しくお願い申し上げます。 現在、弊社ではスーパーフレックス制度の導入を検討しております。 導入した場合、一般社員の制度利用に対して、管理者は会社の運営上の観点から拒否できるのでしょうか。 また、スーパーフレックス制の導入は会社全体ではなく、部単位での導入というのは可能でしょうか。
インセンティブルール
ご質問させて頂きます。 弊社今年度より、インセンティブ制度を導入を検討しておりまして、実際どのようなルールがいいのかご教示頂ければと思います。 宜しくお願いします。
役職定年制の導入
過去の質問にもあったのですが、当社でも導入を検討しています。 役職者にとって、役職手当もなくなるわけなので、不利益変更に該当するかと思いますが、実際に導入しているところはどのような手順で導入をすればよいのか、教えてください。 役職別に年齢を設定する予定ではありますが、50歳に達した年度で役職定年とし...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
社内公募制度・社内FA制度
社内公募制度とは、会社が必要としているポストや職種の要件を、あらかじめ社員に公開し、応募者の中から必要な人材を登用する仕組みのことです。逆に、社員が自らのキャリアやスキルを売り込み、希望する職種や職務を登録するのが社内FA制度です。人事権はあくまで会社側にあるというのが従来からの考え方ですが、社内...
ボランティア休暇
「ボランティア休暇」とは、企業が従業員のボランティア活動への参加を支援・奨励する目的で、有給の休暇・休職を認める制度のことです。1990年代はじめから、労働時間短縮の流れや企業に対する社会貢献の要請の高まりをうけて、制度を設ける企業が急増。95年の阪神・淡路大震災における市民ボランティアの大活躍をき...
トータル人事制度
人事評価、目標管理、賃金・賞与、人材育成などの制度がトータルに連動した人事制度。年齢や勤続年数にとらわれず、高い成果や業績を上げた社員を高く評価するとともに、その結果を公平かつ適正に賃金などの処遇に反映させることで、社員のモチベーションに応えることを目的としています。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...