企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

女性管理職の育児短時間勤務時間の取り扱い

女性管理職が育児短時間勤務制度を利用した場合、給与カットをしても良いのか?

投稿日:2009/08/18 14:43 ID:QA-0017154

からすみさん
東京都/通信

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご承知の通り、育児短時間勤務制度等育児に関わる制度を利用することで労働条件を不利益に変更する事は禁止されています。

しかしながら、一般的には制度利用により労働時間が減る分について賃金減額を行うことは、ノーワーク・ノーペイの原則に基く措置ですので不利益変更には該当しません。時短分に比例する賃金カットであれば違法性はないものといえます。

管理職の場合でもこうした原則は当てはまりますが、管理職とは本来時間ではなく業績に基き評価される立場といえますので、御社事情・当人の職責等を考慮された上で敢えて減額しないという方策を考えられてもよいでしょう。

投稿日:2009/08/18 23:07 ID:QA-0017162

相談者より

ご回答ありがとうございました。
ところで、ノーワーク・ノーペイが管理職に適用されるならば、遅刻や早退、欠勤時でも給与カットをしても問題ないのでしょうか?一般的には管理職はカットをしてはいけないと聞いているのですが。

投稿日:2009/08/19 09:47 ID:QA-0036705大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂き有難うございます。

御質問の件ですが、遅刻や早退、欠勤時での給与カットというのは全く別の問題です。

管理職(※労働基準法上での管理監督職に限ります)につきましては、出退勤の厳格な管理を行なわない等労働時間に関する裁量が認められていますので、遅刻や早退、欠勤等で賃金カットを行わないということになっているわけです。

つまり、そのような行為があったとしましても他で日常長時間労働をする場面が考えられますし、その際には時間外・休日手当もつかないわけですから賃金カットをしないことが妥当なわけです。

しかしながら、育児短時間勤務制度の場合にはそもそも一定の勤務時間が明確に定められているわけですから、通常の管理監督職としての勤務とは明らかに状況が異なっています。遅刻等とは異なり時短分を他で補っているという状況には通常ございませんので、時短分を賃金カットする事には問題は生じないということになります。

投稿日:2009/08/19 12:04 ID:QA-0017175

相談者より

ご回答ありがとうございます。しつこいようで恐縮ですが、では、短時間勤務後残務が有り、時間を延長して勤務した場合(例えば、6時間の短時間勤務者が5時間延長したとして)はこの5時間分を支給すれば良いでしょうか?また、それが続いて最終的に当月の標準勤務時間を超えるようなら、管理職といえど月給以上をあげる必要はありますか?

投稿日:2009/08/19 13:08 ID:QA-0036711大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂き有難うございます。

臨時に残業を行なった場合には時間分に比例して賃金支給を行なえば問題ないでしょう。その際管理監督職であれば、法定労働時間を超えても割増賃金部分(×0.25)の支給を行なう必要はございません。

また後半の「それが続いて最終的に当月の標準勤務時間を超えるようなら‥」の御質問ですが、そのような状況ですとそもそも育児短時間勤務自体を利用しているとは到底いえません。

育児短時間勤務制度とは利用者が管理職で有る無しに関わらず、育児と両立できるよう労働時間を減らすことに最大の意義があるわけですから、それが現実問題としまして不可能であり残業時間が多くなってしまうようであれば、明らかに本末転倒といえるでしょう。

現実の対応としましては、本人とご相談された上で、他の代替措置があればそちらを利用してもらうか、短時間勤務中は残業をしなくても済むように会社側で業務調整を行うか、或いは同意を得た上で期間中のみ管理職から外れてもらうかといった措置を採られることが必要です。

いずれにしましても制度を設けている以上、会社の責任として本人の両立支援が出来るよう真摯に対応を図られる事をお勧めいたします。

投稿日:2009/08/19 13:57 ID:QA-0017180

相談者より

ご回答ありがとうございました。今回の法改正がどうなるかによりますが、1日単位でとれるとしたら、本件は疑問が残りますが。一応納得しました。重ねてありがとうございました。

投稿日:2009/08/19 15:20 ID:QA-0036713あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
育児短時間勤務者の給与計算方法について
育児短時間勤務者の給与計算方法について質問させて下さい。 当社には、月給者で育児短時間勤務を行っている者がいます。 本来の通常勤務は、8時30分~17時までです。 育児短時間の方は、9時~16時や、9時~15時までなど、本人が短時間で何時~何時までを 指定できるようになっています。 そこで、 通...
介護短時間勤務制度について
いつもお世話になっております。 平成29年1月1日からの育児介護休業法の改正で介護短時間勤務が義務付けられていますが、育児短時間勤務と同様に1日あたりの勤務時間を6時間とする制度が必要なのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
マミー・トラック
「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえな...
短時間勤務
短時間勤務(時短勤務)とは、一日の労働時間を短縮して勤務することをいいます。育児・介護休業法の改正により、短時間勤務制度の導入が各事業主に義務づけられたのは、2009年のこと。以来、仕事と子育てや介護などの理由から、通常の勤務時間で働くことが難しい人たちを支える制度として、多くの人に利用されてきまし...
スポンサーシップ制度
「スポンサーシップ制度」とは、女性の管理職や経営幹部を増やすために、役員クラスが選ばれた女性社員のスポンサーに就き、マンツーマンで指導して昇進を後押しする制度のことです。スポンサーは英語で保証人、支援者の意。自分の裁量権で、リーダーに必要なスキルが学べる仕事を担当させたり、本人に代わって業績や能力を...
定番のQ&Aをチェック
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/04
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート<br />
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

SAPジャパン「人事業務効率化セミナー」レポート
三井造船グループのシェアードサービスに学ぶ、業務効率化の真実

昨今の激変する経済環境に企業が対応していくためには、人事業務の「効率化...