企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15418件   回答数33329

研修参加は勤務時間とすべきか?

研修参加する時間を有給とするか無給とするか検討しています。
本人または上司の希望により、外部の研修(2時間~終日)に参加する場合、全く同じ内容の講座でも、昼間(就業時間内)と夜間・土日(就業時間外)に開催が分かれるケースがあります。
昼間は勤務時間内ですが、夜間・土日は勤務時間とすると時間外手当が必要になるケースも出ます。
昼間だけ有給とするのは整合性に欠けるとは思いますが、時間外手当を支給するのも少し抵抗があります。
納得性の高いルールを決めるとするとどのようにすべきでしょうか?
アドバイスをお願いいたします。
研修費用は会社負担です。
よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • コンサルタント・シンクタンク
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2008/11/07 09:38
  • ID:QA-0014199
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/11/07 09:54
  • ID:QA-0014200

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

職命による研修・訓練参加時間は労働時間

ご相談を拝見し、ご連絡いたします。

本人の任意に基づくものでないかぎり、教育研修・訓練への参加時間は勤務時間(労働時間)です。
したがって、それが所定時間外にかかる場合には、原則として時間外割増手当の支給が必要です。
なぜ「時間外手当を支給するのも少し抵抗」があるのか、ご質問の文面からは分かりかねますが、同趣旨の研修参加の取扱いを、所定時間内のものだけ労働時間とするのは不公正でしょう。

ご参考まで。

  • 投稿日:2008/11/07 15:22
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
おっしゃるとおり不公正のないよう処理すべきかと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2008/11/07 10:38
  • ID:QA-0014202

オフィス代表

お答えいたします

御利用頂き有難うございます。

まず文面の研修につきまして、強制であるのか自由参加であるのかを明確にしておく事が重要です。

(暗黙の指示も含めた)強制参加であれば労働時間の取り扱いになりますが、完全に自由参加であればそうした取り扱いをする必要はございませんので、原則として就業時間外で受けてもらうのが業務に支障が出ない事も含め妥当でしょう。

強制参加の場合には、既に田添様が回答されています通り、時間外労働手当も含め厳格に賃金支給をしなければなりません。

いずれにしましても賃金支給の件に加え、日常業務に支障を生じさせないという観点からも検討した上で、強制であればスケジュールも出来る限り会社側で調整し決定されるべきというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2008/11/07 15:28
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
賃金だけでなく、日常業務に支障をきたさないよう受講させたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
法定研修の勤務時間
初めて質問いたします 当社では法律上必ずやらなければならない研修があるのですが、その法定研修は勤務時間に含めるのでしょうか? 現在は研修費は休日であれば休日手当を含んだ形で、平日であれば雇用契約書通りの賃金は支払っているのですが給与明細には勤務時間を含めないで作成しております その理由としては...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。
  • マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
    現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
あわせて読みたいキーワード
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
シェア研修
「シェア研修」とは、複数の企業のコラボレーションにより、新入社員研修などを合同で企画・実施する研修スタイルのことです。研修プログラムや講師、会議場など各社の育成リソースを共有し、所属の異なる参加者が企業の枠を超えて同じ研修を受けるのが特徴。自社内に閉じていた従来の新人研修と違い、“社外同期”ともいう...
新入社員研修
「新入社員研修」は、特に新卒入社者を対象とした研修を指す場合が多く、学生から社会人となった新入社員に、仕事を遂行する上で求められる知識・スキルや礼儀・ビジネスマナーなど、ビジネスパーソンとしての基礎を身に付けてもらうために実施されます。近年、企業間の競争が激化する中で、新入社員には早期戦力化が期待さ...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:04/01~04/07
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは
new

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...