無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了!
※登録内容はマイページで確認・変更できます。

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

既に会員の方はこちら

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

外国籍の方の応募多数による選考フローの変更について

いつもお世話になっております。
新卒採用に関しての質問です。

弊社では事前の会社説明会で選考フローの説明をしており、当初面接は最終選考の1回のみを予定しておりました。
書類選考の結果、選考通過された半数が外国籍の方で、職場としては日本語での会話が基本となるため、日本語レベルの確認のため選考フローを変更し、最終選考前にオンライン面接を入れたいと考えています。
外国人採用の枠ではなく、募集段階では国籍不問としているため、日本人の応募者の方もいらっしゃいます。
この場合、日本人の応募者の方も含めてオンライン面接を実施するのが適切でしょうか?

ご教示いただけますと幸いです。

投稿日:2023/07/26 19:32 ID:QA-0129278

こめさん
東京都/放送・出版・映像・音響(企業規模 51~100人)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

日本語能力が業務上必要なのであって、「日本国籍が必要」な訳ではありませんから、応募要件に日本語による業務遂行能力必須とし、その証明として最終学歴の日本語での修了または日本語検定試験◯級以上のいずれかとすれば差別になりません。

投稿日:2023/07/26 20:28 ID:QA-0129281

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、特に法的定め等はございませんので、御社にて必要と判断されましたら実施されても差し支えはございません。

特に外国籍の方が多いという事でしたら、多種多様な入職事情があるでしょうし、そうでなくとも複数回の面接で人物像が明らかになる事も考えられますので、実施されるメリットは十分にあるものといえるでしょう。

投稿日:2023/07/26 23:44 ID:QA-0129292

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

公正採用選考の観点から、日本人と外国人で同じステップにする必要があります。

よって、外国人だけ、オンライン面接を実施するということはできませんし、
そのことを求人票に記載することもできません。

外国人も最終面談とするか、日本人もオンライン面接をするかのどちらかになります。

投稿日:2023/07/27 17:14 ID:QA-0129328

相談者より

ご回答いただきありがとうございます。
すべての応募者に対しオンライン面接を実施する方向で対応させていただきます。

投稿日:2023/07/27 17:39 ID:QA-0129331大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。



問題が解決していない方はこちら
関連する書式・テンプレート
採用選考における準備作業表

採用の選考では、筆記試験や適性検査の準備、必要書類の準備、評価項目をどうするか、面接官の選定とすり合わせなど、さまざまな準備があります。ここでは各フローごとに必要な業務を洗い出し、表にまとめました。

ダウンロード
関連する資料

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード