無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

人事異動に伴う通勤時間・補助手当について

来年4月以降の人事で、ドアtoドアで2時間以上通勤がかかる社員が出てきました。社内の補助規定で社宅規定・住宅補助手当などは、無いため新しく規定を設ける必要があるかと思います。規定策定にあたり注意することはございますでしょうか。

投稿日:2022/11/16 09:35 ID:QA-0121062

佐藤人事さん
大阪府/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

月額3万円が一つのメルクマール

▼転勤による遠隔地勤務に対する手当には可なりの種類とバラツキがあります。企業の任意制度なので、これがベストという訳にはいきません。
▼民間との間に若干乖離は避けられませんが、公務員の転勤に伴う単身赴任手当の相場は、月額30,000円とされていますので、検討の出発点として参考にできるかと思います。

投稿日:2022/11/16 11:18 ID:QA-0121072

相談者より

ご回答ありがとうございます。

投稿日:2022/11/20 10:58 ID:QA-0121173大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

やはり無制限支給はできませんので、条件設定としての上限金額でしょう。
またご提示のような超長距離通勤は、元来業務遂行上も安全配慮義務上も好ましいものではありませんので、合理的な通勤を義務付けたり、特急急行、バスや船舶など、可能性のあるあらゆるケースを想定して、対応できるようにしておく必要があるでしょう。

あらゆるケース想定とは、全てを洗い出さずとも、「上記以外の場合、個別に判断」のようなバッファを設けておけば十分と思います。

投稿日:2022/11/16 12:40 ID:QA-0121074

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2022/11/20 10:59 ID:QA-0121174参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、規程以前の問題としまして、当人に対しそうした異動措置に関しまして丁寧に事情を説明された上で、通勤等での配慮措置に関しましてご相談されるべきといえるでしょう。

こうした例は恐らくイレギュラーと思われますので、そうであればわざわざ一人の為に規程新設される必要性はないものと考えられます。

それよりも、個別事情を鑑みた上で、会社として支援出来る事を検討されるのが妥当といえるでしょう。

投稿日:2022/11/16 18:32 ID:QA-0121090

相談者より

ありがとうございます。

投稿日:2022/11/20 11:00 ID:QA-0121175参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

2時間以上の通勤時間を要する社員が出てきたのは、あくまで通常の人事異動の結果に過ぎず、それに応じて通勤交通費も適正に支給するのであれば、当該社員のためにわざわざ規定を設ける必要性はあまり感じられません。

ただし、規定を設けるか否かは企業の判断、どのような内容にするかも企業の判断ですから、設けるのは吝かではありませんが、手当の支給で補うとなれば他の社員とのバランスは大事であり、〇時間以上はいくらまで支給、それ未満は支給しないといった形になろうかと思われますが、合理的かどうかは大事な考慮要素です。

投稿日:2022/11/17 08:45 ID:QA-0121104

相談者より

ありがとうございます

投稿日:2022/11/20 11:00 ID:QA-0121176参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
懲戒規定

懲戒処分を設ける際は、就業規則で定める必要があります。自ら乱用しないよう注意深く規定しましょう。

ダウンロード
関連する資料

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード