企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13940件   回答数29444

入社祝い金、入社支度金制度について

いつもお世話になります。
新入職員採用に際し、入社支度金・入社祝い金を支給する制度について、質問させて頂きます。当社は新卒者募集をしたときに応募者を増やす目的と内定辞退を減らす対策の一つして入社祝い金の導入を考えております。当社は5万円~10万円程度で考えておりますが、新卒者対象ですと、具体的にいくらぐらいの金額を支給されている企業が多いのでしょうか。また入社祝い金を支給した後、すぐ退職されたケースでは、あらかじめ、一定期間内(3ヶ月以内等)に退職した場合に入社祝い金を返還する誓約書等を書いてもらえば、返還を求めることは法律上問題ないのでしょうか。また支給する時期としては、入社後のいつ頃が適当でしょうか。また入社祝い金制度は給与規程に書いておくのが一般的なのでしょうか。何卒よろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 兵庫県
  • その他業種
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2008/01/23 21:58
  • ID:QA-0011072

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2008/01/24 09:57
  • ID:QA-0011074

この回答者の情報は非公開になりました

入社祝い金の目的

新卒・中途どちらでも祝い金・支度金的な制度を取る企業はあります。ただご説明のような返還につきましては、そもそもの目的を考えますと、入社・定着促進が目的ですから、返還させないようなシステムにしなければ、目的と外れてしまうのではと感じます。つまり御社のコーポレートイメージを損なう(仮に対象者本人に瑕疵があろうと)、「誓約書」や「返還」に至らず済むようにされてはいかがでしょうか。

例えば支度金は5万円とし、入社日に社長から直接手渡す、さらに入社3ヵ月後には賞与算定対象期間が少ないはずなので、それに対する補助的な名目と「3ヶ月がんばってくれた」という理由で直属上長からさらに5万円手渡す、等いかがでしょうか。それを採用段階で新入社員へのほうび的な説明をしておいても良いかと思います。

あらゆる制度は目的を外しては、設置する意味がないと考えますので、ぜひ御社がリテイン(定着)の成果を上げられますことをお祈りいたします。  

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
入社一時金制度について
入社一時金制度について相談させていただきます。 入社一時金には2種類あり、入社準備金の意味合いで入社当月に支給するものと、入社半年後に入社祝い金の意味合いで支給するものがあります。 社会保険上の手続きで、さる専門家に「入社当月支給するものは給与扱い」、「半年後支給するものは賞与扱い→賞与支払届提...
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 成功報酬なし!攻めの採用
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/25
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。