企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14491件   回答数30787

目標管理制度について

人事・育成制度の柱として目標管理制度の導入を検討しています(現在、人事制度無し)。経営計画にリンクさせた目標設定とする設計を考えておりますが、次の点について、頭を悩ませております。
1.個人が設定する目標は1つか複数か。
経営計画に基づく部単位のアクションプランは多数あり、ある従業員は複数を担当しています。この場合は最も重要なもの1つにするのがいいのでしょうか。
2.営業成績を部(チーム)で達成しようとする場合の個人目標はどう設定するか。
当社の営業は定量化できる数値を目標としていますが、1人1人が数値やノルマをもっておりません。取引の性質上、個人が成約するといったものでないので、個人の目標として何を設定すべきかが良くわかりません。

ご教授をお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 運輸・倉庫・輸送
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2007/10/02 16:01
  • ID:QA-0009936

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2007/10/02 16:18
  • ID:QA-0009937

有限会社ライフデザイン研究所 代表取締役

目標設定方法

1.個人の目標数
・目標の数に制限はありませんが、最低二つは必要と思います。
・一つは「仕事の成果」であり、もう一つは「よいチームづくり」です。
2.営業部員の目標も、「チームの成果」を出すための「役割」から導き出されます。これは、他の部門も同じ目標設定の方法となります。

  • 投稿日:2007/10/03 09:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2007/10/02 16:32
  • ID:QA-0009938

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

目標マネジメントの検討ポイント

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

■ご質問①:目標の個数
 目標とは、個々人や組織の一定期間中のミッションを目に見えるオブジェクト(※即ち目標)に置き換えたものに過ぎませんので、個数をいくつにするかは本質的な検討ポイントではありません。
 ※つまり、同じことを複数の目標にすることもできれば、一つに集約することもできるという問題です。
ただ、社内へのガイダンス上、手順として指示しなければならない面はあります。そうした場合、一般的には、3~5程度にしている企業が多いようです。

■ご質問②:チーム営業の目標設定
 営業個々人にノルマがないとのことですが、非営業職では、もっと目標が立てにくいのではないでしょうか?
 ※例えば、人事総務等のマネジメント部門や、現業部門等
 ただ、そうしたミッションを定量化しにくい職種でも目標マネジメントが行われているケースは多く存在します。
 そうした場合には、いわゆる“定性目標”やマイルストーン目標を活用することになります。
 定性目標は、目指すべき一定の状態をゴールとして目標とするもので、具体的にイメージしながら複数の指標で具体化していくことになります。
 マイルストーン目標とは、業績上のゴールを一定期間内に設定できないケースに、その途中(※つまりマイルストーン)の目安を目標として設定するものです。
 御社の営業の例では、チーム業績が最終目標とすると、その途中段階で個々人が達成すべき中間的目標を検討することになります。
 単純な例としては、顧客訪問件数、企画書提出件数、提案実現件数、展示会への呼び込み件数といったものもあり得ます。
 また、こうした定量的のも以外でも、営業プロセスの改善や、特定案件の開発状況等を目標にすることも十分に可能です。

なお、参考までに、本年8月発行の月刊誌『人事マネジメント』に、人事評価や目標マネジメントに関する拙稿を掲載しておりますので、よろしければご参照下さい。

以上、ご参考まで。
 

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2007/10/02 19:06
  • ID:QA-0009945

この回答者の情報は非公開になりました

目標管理制度について

はじめまして。株式会社イプセの水戸と申します。

すでに様々なことをお調べになられていると思いますが、アドバイスをさせていただくとすると、以下のようになります。


私どもは、人事諸制度(キャリアコース・評価制度・給与制度)というものは、会社の目標を達成するための、あくまでもひとつのツールであると考えております。

しかし、非常に重要であり、会社の経営計画を実現していくためには、企業理念を反映したうえで、さらに、社員のモチベーションをできるだけ高めるものでなくてはいけません。

ですから、ただ単に目標管理制度を導入しただけでは、ひずみが出てきてしまいます。

そうなると、どれほどすばらしい完璧な制度を作ったとしても、運用ができなければ意味を成さなくなってしまいます。


私どもが、組織人事コンサルのお手伝いをするときには、すべての会社様に、「仕組み3割、運用7割」と申し上げております。

そういったことを前提として、目標管理制度もつくっていかれると、組織の中に溶け込むものが出来上がると思います。

以上のことをふまえたうえで、ご質問に関しまして、

Q1、個人が設定する目標は1つか複数か?
A、
通常は3~5つが多いですが、役職によって変えられてもいいかと思います。
リーダー職以前の方であれば、目標設定自体も難しいでしょうから、白紙に書き込むようなスタイルではなく、ジャンルわけをしてあげると良いと思います。

Q2、営業成績を部(チーム)で達成しようとする場合の個人目標はどう設定するか?
A、
個人個人で、数値目標をもっていなかったとしても、日々の成約に向けた、重要な行動があると思います。

例えば、アポイント件数、訪問件数、商談件数、見積もり提出件数など、そういったものは数値化できます。

営業はある意味確率ですので、このような数字を指標にされてはいかがでしょうか。


そして、最後に一番重要なのは、その目標管理制度を運用する際の評価です。

社員の不満として、大きな割合を占めるものに、「評価が不公平である」ということがあります。

評価者の教育と、全社での評価基準の統一が重要になってきます。

長くなりましたが、ご参考になればと思います。

もし、実際の評価シートや考え方などが知りたいということであれば、ご連絡いただければ、参考資料を送らせていただきます。

専門家より
  • 投稿日:2007/10/03 15:34
  • ID:QA-0009960

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

Re:目標マネジメントの検討ポイント

ご返信ありがとうございます。

「個数をいくつにするかは本質的な検討ポイント」でないと申し上げたのは、次のような意味です。
例えば、ある営業部長の目標項目を検討する場合、「部門業績の向上」というひとつの目標にしておくこともできれば、「売上の拡大」という目標と「利益率の改善」という2つの目標に分割することも、表現上どちらも可能です。
こうしたケースでどちらを選択するかは、業績を上げるための要因に対して、企業がどういった戦略的スタンスをとるかによって決めるべきことです。

「キーマンは多くの目標を設定せざるを得ないのではないか」というご指摘についても、ほぼ同様の事情があてはまります。
ご指摘の趣旨は、「上位職者になるほど、ミッションの範囲が広がる」というような意味と思われます。
これはその通りですが、だからといって、目標の項目数を増やすことが適切かどうかとは直接関係ないと思われます。
表現上括り直すこともできますし、多くの課題の中から重点的な項目を絞り込むことも、目標マネジメントをうまく進める上での、重要なポイントだからです。反対に、予め挙げられた課題や職責項目を、すべて目標項目に置き換えることは、「総花管理」と呼ばれ、マネジメントの重点が分散し効果が低下すると考えられます。
全体的な職責範囲の中での重点化……、このコンセプトを除外してしまっては、マネジメントの仕掛けとしての目標管理の意義は、各段に薄れるのではないでしょうか。

以上、ご参考まで。

  • 投稿日:2007/10/05 09:58
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。分かりやすいご説明でした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
目標管理制度における個人目標について
お世話になっております。 人事考課のフィードバックおよび共有について質問がありまして投稿致しました。 弊社では、半期ごと(決算は12月です)に個人別の目標を立てます。 その目標に沿って半期ごとに人事考課を行い、賞与額の査定を行っております。 その目標設定についての質問なのですが、個人ごとに立て...
成績評価について
 当社では、成績評価をするにあたり目標管理を取り入れております。  毎年4月には組織の変更と年度方針が発表され部門目標、課目標、上司より個人目標が与えられます。  今年度の組織はそのままでまだ年度方針が発表されていません。もちろん部門目標、課目標、個人目標も設定されていません。  10月には上期の成...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

MBO(Management By Objective)
「MBO」とは、Management By Objectiveの略で、従業員が自律的に目標を設定する人事評価制度のことです。1954年にピーター・ドラッガーが自著の中で提唱したマネジメント手法で、従業員には自分の目標を設定し、達成のために自己管理を強化していくことが求められます。これによって、個人の...
ラチェット効果
「ラチェット効果」とは、行動経済学で景気が後退しても消費性向が上昇するなど、個人の所得水準が低下しても消費支出は一定の歯止めがかかり、それと同程度には低下しない現象を言います。「ラチェット(ratchet)」は「歯止め」を意味し、例えば工具のラチェットレンチはネジを締めるときに一方向にしか回らず、逆...
MBB
「MBB」とは、Management by Beliefの略で、日本語では「信念による経営」「思いのマネジメント」と訳されます。MBBは目標管理制度の一種で、会社や組織全体の目標の背景にある経営陣や上司の思いと、自分自身の仕事やキャリアに対する社員個人の思いをぶつけあう“創造的対話”のプロセスを経る...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...