企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15209件   回答数32760

前職の有給消化中の入社社員について

お世話になっております。

この度、中途で入社する予定の内定者がおりますが、前職の有給休暇消化中での入社になる予定です。
入社時の手続き(社保等)について、あるいはその他について、考慮すべき事項をご教授頂けますでしょうか。

宜しくお願い致します。

  • えむえふごさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2007/09/19 19:59
  • ID:QA-0009794
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/09/19 23:02
  • ID:QA-0009795

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

年次有給休暇中は前職の会社に在籍していることになりますので、その間に入社を認めることは社会保険の資格取得を始めさまざまな面において地位が重複する格好になってしまいます。

現実には年休中の入社もそれと知らないままに行われているようですが、厳密に言えば法律上明らかに問題がありますので、そうした行為は社会的責任を持つ企業としましては避けるべきというのが私共の見解です。

従いまして、入社日についてはあくまで有給消化後、すなわち前職を正式に退職した後に変更されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2007/09/20 12:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答頂き、ありがとうございます。

重ねて質問させていただきます。
「さまざまな面で地位が重複する」とご回答頂きましたが、具体的にはどのような事が懸念されますでしょうか。
また、「法律上明らかに問題がある」とは具体的にはどのような問題になるのでしょうか。

宜しくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/09/20 09:13
  • ID:QA-0009799

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

現実的な対応の余地

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

有給休暇消化中はあくまで現在の会社の社員ですので、社会保険・労働保険等の切り替えを伴う入社はもちろん不可能です。

ただ、一方で労働法体系の充実により、退職時の有給休暇期間が数ヶ月にも及ぶケースも珍しくありません。
したがって、その間全く遊んでしまうのは本人にとっても社会にとっても無益ですし、転職先企業にとっては、最悪の場合スキル低下等の弊害にもつながりかねません。

そこで、何とかならないかということになります。

まず、現職企業が御社の競合であれば、不正競争防止法等の法律面からみても、やはり対応策は難しいということになるでしょう。
ただ、もし競合でなければ、現職企業に対して、アルバイト等を支障のない範囲で行うことの了承を求めてはいかがでしょうか?
それに対して了解が得られれば、御社にて一時的にアルバイト採用扱いで就業していただくこともできるのではないかと思われます。

以上、ご参考まで。

  • 投稿日:2007/09/20 09:13
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/09/21 00:41
  • ID:QA-0009819

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事頂き有難うございます。

ご質問の件ですが、重複の件につきまして大きく2点を挙げますと、
・二重就業(殆どの場合は就業規則で禁止されているはずですし、正規雇用で2社に在籍するということ自体明文の禁止規定はないものの明らかに不合理な状況といえます。)
・社会保険加入(正規雇用の場合には、適用事業所に入社した日から即加入が必要ですが、前職に在籍している状態では加入が出来ません。厳密に言えば「二以上の事業所勤務届」が必要(※実際には殆どが届出無でやり過ごしているでしょうが)となってしまいます。)
・休暇中の就労(本来「休暇」は「労働義務を免除する為のものである」にも関わらず、他社であっても勤務をするということは本来の目的にそぐわないものといえます。)

以上から見まして、問題の本質は、企業にとって何か大きな不具合が現実に発生するというものではなく、二重の在籍を認めること自体が労働・社会保険関係法令全般の主旨に反している(そうしたことは法令上明らかに想定されていない)ということですね‥

さらに「有給休暇」の件に絞りましても、その本来の主旨は「日頃の疲れを癒し、次なる労働に向けての活力を養うもの」ですから、これも直接禁止規定はないものの年休中に就労すること自体その目的に全く反しており、妥当な行為ではないというのが私共の見解です。

勿論、見方によっては法令の隙間で起こる事態ともいえますので、上記私見以外にも様々な解釈が成り立ちうる事は否めませんが、実際の会社や当人における不利益の有無とは関係なく、ご相談の件のような法体系から外れるイレギュラーな対応自体を避けるべきということをご理解頂ければ幸いです。

  • 投稿日:2007/09/21 20:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答、ありがとうございます。
詳細にご説明頂きましたこと、感謝しております。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
中途入社者の入社前の有給休暇一斉付与日の取扱い
 お世話になります。 当社では当年度、5月2日、5月5日、7月18日、9月19日、10月10日を有給休暇の一斉付与日と しているのですが、6月16日に入社してきた中途社員の有給休暇はどのように取り扱うのが正しいのでしょうか? 当社では入社と同時に10日間の有給休暇を付与します。 入社日以降の7月...
内定式と入社式の同時実施について
人事の方にご相談です。 本年度より入社の時期(10月・4月)を2回分けるようにしようと思いまして、そうなると10月に入社式と内定式が重なるようになります。 いまだかつて、内定式と入社式を同時に進められた企業は ありますでしょうか。 どちらとも、祝いの席ではあるのでおかしくはないかなぁとは思うので...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
  • 配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
    人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高いことがわかった。
あわせて読みたいキーワード
内定ブルー
「内定ブルー」とは、企業から内定を得て、就職活動に区切りがついた学生が、内定式の前後などに、「本当にこの会社でよかったのか」「この会社で活躍できるのか」といった不安や迷いに苦慮している状態を表す言葉です。結婚を控えた花嫁が漠然とした不安感に襲われる「マリッジブルー」になぞらえて、「内定ブルー」と呼ば...
プロパー社員
「プロパー社員」とは、「正規の、本来の」などの意味をもつ英語のproperから転じた和製英語まじりの言い回しで、いわゆる“生え抜き”の社員や正社員のことを言う、日本の企業社会に特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは使う文脈や職場によって異なります。中途入社や出向...
新卒切り
深刻な就職難をくぐりぬけて入社したばかりの新入社員が、上司からの理不尽な要求や、パワーハラスメントなどを受けた上で自主退職を迫られるケースが増加。「新卒切り」と呼ばれ、「派遣切り」「内定取り消し」に続く社会問題として注目されています。 (2011/2/14掲載)
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...