企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

男性の生理休暇制度策定の要否について

平素は大変参考にさせて頂いております。

さて、先般の均等・均衡待遇の最高裁判決を機に、社の様々な制度を精査しております。
その精査・検討の過程で出た、表記の件についてご見解賜りたく質問いたします。
【前提】
●当社では、「生理日の就業が著しく困難な女性」正社員から求めがあった場合は生理休暇(有給)を取得 できる。有期雇用社員については同様に生理休暇を取得できるが無給である。
●「就業困難」の度合いには個人差もあり、取得可能日数は特に定めていない。
●医師の診断書等の厳格な証明までは求めていない。これは、そのように定めることによって、制度利用に 躊躇することを懸念するものであって、基本的には本人申請(ごく稀に、同僚の証言程度の簡単な証明) に任せているのが実情である。

【男性の生理休暇策定について提案された主旨】
●現行の生理休暇は労基法第68条に基づいていることは分かるが、男性も、男性特有の更年期障害(LDO症 候群など)で『就業が著しく困難』なケースは十分考えられる。生理的現象による一時的な体調不良に基 づく休暇という意味で、そこに男女差があるのは、違法とまではいかないにせよ好ましい状態ではないの ではないか。
●もちろん女性の更年期障害についても同様の配慮が必要と考える。
●但し、現行の『原則として本人申請による』程度であると乱用の恐れもある。健康保険の傷病手当金の対 象とはならない範囲(継続3日以下)は生理休暇は取得可能であるが、もし当該生理的不調が継続4日以上 続くようであれば、「月経困難症」に準じて「生理困難症」とみなし、私傷病欠勤扱いとする。
●これらは正社員・非正規社員を問わず同一とする。

私も主旨としては、ある程度筋道があるものという認識はあります。ただ、あまりきっちりと決めるあまり、今後性善説的に適切に使用されていけばいいのですが、一部の不届き者によって、月3日の有給が担保されたという誤った認識が広がって濫用されかねないという危惧もあります。

そもそも、①考え方として成り立ちうるのか、②成り立ちうるとして実務対応で留意すべき点などお気づきの点がございましたらご教示頂けますと助かります。何卒よろしくお願いいたします。

投稿日:2020/10/26 10:43 ID:QA-0097805

着眼大局さん
静岡県/医療・福祉関連

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、そもそも生理休暇につきましては、産前産後休暇と同様にその性質上女性のみに付与される休暇となります。勿論、その旨は法令条文の文言でも明示されています。

従いまして、男性の更年期障害をこれに準じるものとみなして同様の休暇対象とする措置については明らかに法定内容を逸脱したものですし、法的義務のある措置としまして成立する余地はないものといえるでしょう。

但し、会社で任意で提案されたような事由も休暇対象とされる事は可能ですので、そうした要望が多いようでしたら社内で検討されてもよいでしょう。

また、こうした事由については業務内容や負担軽重に起因するものではない為、正規・非正規で差を設ける措置に関しましては合理性に欠けるものといえますので、導入される際には区別されるべきでないといえるでしょう。

投稿日:2020/10/26 21:01 ID:QA-0097817

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

「何でもあり」の世界での話としては有効

男性の生理休暇tとの呼称の是非は別として、社会的に、全く未成熟な課題です。考え方として成り立ちうるか否かは、議論が「何でもあり」の世界では、一概に否定できないといった処でしょう。

投稿日:2020/10/27 11:03 ID:QA-0097835

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

現時点では法整備が対応できていない内容であり、貴社が独自の判断で決めるしか無いでしょう。また女性でも個人差が激しく、何をもって困難と判定するかなど、きわめて難しい要素が含まれます。しかし貴社の経営方針で、そうした対応も含めて制度化するのは問題ありません。また濫用については普通の欠勤と同様に、制度があるのであれば認めるしかありません。現時点で該当症状を科学的に判定することは無理だと思いますので、その上での対応制度であることも含めて判断されるものではないでしょうか。

投稿日:2020/10/27 11:58 ID:QA-0097841

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 説明できる? 「あの人の方が給料が高い」理由
    「同じ仕事なのに賃金が低いのはどうして?」 勤続が長く仕事の隅々まで理解したベテランパートよりも、何も知らない・できない 新人社員の方が賃金が高い、というのはよく聞く話です。 パート・アルバイトで働く人は、正社員との賃金格差についてどのような 不満と納得感を持っているのでしょうか。アンケートよりひも...
  • そもそも「正社員」って何?
    そもそも正社員に求められるもの、正社員とはどういった存在なのでしょう?「無期雇用でフルタイム」もしくは、「会社の中で最も多い、通常の労働者」「能力のある人」「転勤できる人」「残業できる人」?パートやアルバイトと正社員との違いとは何なのか。各種調査結果から分析します。
  • パ-ト・アルバイトの正社員登用(転換)で企業を強くする
    パ-ト・アルバイトの働きぶりを適正に評価し、正社員との処遇バランスを考えたときに、優秀なパート・アルバイトは正社員登用(転換)に行きあたる。正社員登用(転換)制度は定着したのか? 平成23年版『パートタイマ-白書』から、正社員登用(転換)のメリットと課題が見えてきた。
あわせて読みたいキーワード
改正パートタイム労働法
安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。
出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
特別な休暇制度
「特別な休暇制度」とは、特に配慮を必要とする労働者に対する休暇制度のことです。厚生労働省が策定した「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする労働者について事業主が講ずべき措置」の事例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、リフレッシュ休暇、裁判員休暇、犯罪被害者の被害回復のための休...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/25
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...