企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

正職員から非常勤になった職員の雇止めについて

いつもお世話になります。
今回当社の問題社員について相談させて下さい。
その社員は元々当社の正職員で令和2年4月から自分の意思で週4日の非常勤となりました。
元々コミュニケーション上の問題があり、新たに来る職員に対し、キツい物言いをする事から新しい職員が続かないということが以前からあり、現在一緒の部署で仕事をしている複数の正職員からも「あの人とはコミュニケーションが取れない」と相談を受けています。
私がこの4月に赴任してから、2度、言葉について注意をし、少し改善が見られてはいるものの根本的な解決には至っていない状況です。
仕事については、慣れている事もあり、手際よく、業務上それ程問題は感じておりませんが、その日のシフトのメンバーによって、勝手に休んだりする事も見られ、部署として困っております。ただ休みについては「37.5度の熱がある」と言われるとこの時期ですので、出勤の指示はできず、ハッキリとズル休みをしている証拠はありません。
そこで質問ですが、この社員の契約期間は1年毎となっており、現在の契約は来年の3月末に「更新する場合があり得る」にチェックをして契約をしております。非常勤としてはまだ1年未満の契約ですが、来年の4月時点で「更新しない」にチェックをして、3ヶ月程(令和3年6月まで)の契約で雇止めに持っていくことは可能でしょうか?
当然本人にはこれからも注意をしながら、改善を試みる様にし、また契約の更新をほのめかす様な発言は控え、逆に現状が続けば契約更新ができない事を伝えるようにしていく必要があると思いますが、元々正職員で3年間働いていた事もあり、非常勤になったからと言って、この様な雇止めが通用するものか疑問に感じ相談させて頂いております。

投稿日:2020/09/16 07:45 ID:QA-0096765

にっさんさん
兵庫県/医療・福祉関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

解雇

契約更新はもちろん正社員であっても、好き放題で勤務が絶対保証されるような制度ではありません。会社が問題行動をしっかり指摘し、改善誓約をさせ、それをくり返せば懲戒になります。「注意したが改善がない」ではなく、注意して二度と起こさないことを誓約させなければ証拠になりません。それを拒むようであれば、服務違反となるはずです。(貴社懲戒規定をご確認下さい)説諭の際、このままでは契約更新できないことも伝えるべきで、問題行動がある毎にこうした対応を重ねて解雇が可能になります。尚、欠勤自体は問題無いかも知れませんが、無断欠勤や後出し連絡など、内容に応じて懲戒となるかどうかもご確認下さい。連続するなら健康診断などで業務継続能力を確認することもあり得るかも知れません。

投稿日:2020/09/16 09:42 ID:QA-0096770

相談者より

大変参考になりました。
本人と再度話し合いを持ち、誓約書も含めて対応を考えていきます。

投稿日:2020/09/16 18:23 ID:QA-0096799大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、過去に正職員であったとしましても、敢えて自ら契約社員を希望し現状勤務されているわけですので、そうした点を考慮する必要まではないものといえます。

従いまして、次回の契約更新時におきまして、所定の更新基準を満たしていないとすれば文面のような措置も可能ですし、そもそもその時点で雇い止めする事も可能といえるでしょう。但し、勤続期間が長い方のようですので、少なくとも1カ月以上前には予告されておかれるべきです。

投稿日:2020/09/16 13:00 ID:QA-0096784

相談者より

正職員から非常勤になったとてあまりそこは考えなくていいという事ですね。
契約更新について再度検討します。
ありがとうございました。

投稿日:2020/09/16 18:24 ID:QA-0096801大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

契約期間を1年から一方的に3ヶ月に短くするには、それなりの根拠がないとトラブルの元となります。

根拠というのは、規定やはじめの説明等との整合性です。

勤務態度等に問題があるのであれば、そのことを理由として更新しない方が自然だと思われます。

ただし、契約更新ですので、双方合意の上であれば、問題はありません。

投稿日:2020/09/16 17:49 ID:QA-0096795

相談者より

ありがとうございます。
契約更新について改めて検討します。

投稿日:2020/09/17 19:33 ID:QA-0096835大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
定時職員の契約時間について
定時職員の契約時間のことでお尋ねいたします。我が組織の就業規則の定時職員の定義は、「週契約労働時間が12時間以上36時間以内」と規定されています。しかしながら、現実には3~4%の定時職員の契約時間は、職員と同等の37.5時間で契約をしています。次年度の契約更新時(毎年3月)には、36時間以内となるよ...
社外取締役契約について
従来、社外取締役とは契約を締結していませんでしたが、本年度から契約する指示がありました。どのような内容で契約することが望ましいのでしょうか
契約について
アルバイトが1名おり、今回業績不振に伴い近々契約終了の話しをする予定でいるのですが、18年以降契約書の取り交わしが行われておりませんでした。 この場合、どのような対応をするのがいいのでしょうか。 (ちなみに契約期間は17年6月1日~18年5月31日になっており、契約書の中に契約更新については甲乙で協...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
非正規公務員
「非正規公務員」とは、臨時・非常勤職員といった非正規雇用の形態で、役所や病院、ハローワーク、学校、図書館、保育所などの国や自治体が母体となる組織で働く職員のことを言います。国家公務員法第60条、地方公務員法第22条では、臨時・非常勤職員は最長6ヵ月の任期契約で働くことができると定められていますが、契...
インディペンデント・コントラクター
サラリーマン時代に身につけた専門的な技術を元手に独立して、業務請負のかたちで複数の会社の仕事をします。アメリカでは、ホワイトカラーが独立するときの手段として一般的になっていますが、日本でも互助団体「インディペンデント・コントラクター協会」(本部・東京都港区 http://www.npo-ic.org...
無期転換ルール
「無期転換ルール」とは、平成25年4月の労働契約法の改正により、同一の使用者(企業)との間で有期労働契約が5年を超えて反復更新されたときに、労働者からの申込みによって無期労働契約に転換されるルールのことです。例えば、契約期間が1年の場合は、5回目の更新後の1年間に無期転換の申込権が発生。契約期間が3...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/30
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。