企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

台風、大雨等により派遣社員を出勤停止させた場合の派遣料金

昨今の台風や大雨時において、自治体から避難勧告(警戒レベル4)や避難指示(警戒レベル5)が出され、当社では従業員の安全を第一に考え、出勤を停止させたり、早く帰宅させることが時々発生しております。
その際の給与の考え方についてですが、社員については、所定労働時間を出勤したものとみなして、給与の減額等は実施しておりません。
一方、派遣社員については、当社としては自然災害(結果的に、実際の被害等は発生しない場合がほとんどです)は当社の責に帰すべき事由ではないとの判断から、派遣料金は支払っておりません。
ちなみに、派遣会社との契約書では、
「(債務不履行)
第16条 甲(当社)の従業員などによるストライキ等乙(派遣会社)の責に帰することのできない事由で派遣契約に定められた業務の処理が一時的に不可能になった場合には、契約不履行に関する乙の責は免れるものとし、第4条に定める派遣料金を甲に請求できるものとする。」
とあります。
上記のような取扱いで問題ないでしょうか?

投稿日:2020/07/09 19:13 ID:QA-0094973

とるさん
山口県/化学

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

不可抗力な要因による派遣停止

▼契約面、対応面、いずれにも、格別の問題はない様です。

投稿日:2020/07/10 09:27 ID:QA-0094978

相談者より

早速のご回答ありがとうございます。問題ないとのことで安心しました。
ちなみに同様の事例で、派遣社員がコロナで濃厚接触者であったり、発熱や体調不良で出勤を停止させる場合も「不可抗力な要因」として派遣料金は払わなくても良いという理解でよろしいでしょうか?

投稿日:2020/07/10 10:52 ID:QA-0094982大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

派遣料金が発生するかしないかは、派遣契約によります。
昨今、コロナや自然災害により、派遣料金に関するトラブルが増えています。

ご質問内容については、派遣先さんの一方的な解釈によるのではなく、派遣元さんと話し合われた方がよろしいでしょう。
派遣契約では、想定していなかった事態と思われますし、契約というのは、甲乙対等な立場であり、お互いに相手を尊重する面も重要だと思います。

むろん16条を根拠とし、派遣料金を支払いませんという選択肢もありますが、その場合には、信頼関係がなくなるリスクはあります。

投稿日:2020/07/10 13:42 ID:QA-0094992

相談者より

ご回答ありがとうございます。
派遣元とも相談し、決定したいと思います。

投稿日:2020/07/31 19:18 ID:QA-0095512大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ちなみに同様の事例で、派遣社員がコロナで濃厚接触者であったり、発熱や体調不良で出勤を停止させる場合も「不可抗力な要因」として派遣料金は払わなくても良いという理解でよろしいでしょうか?

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、派遣料金につきましては、いわゆる賃金とは異なり労働法令の規制を直接受ける事柄ではございませんので、労働者派遣契約の内容に基づき判断されるべき事柄になります。

文面を拝見する限りですと、自然災害や感染症拡大等における派遣料金の請求は定められていないようですので、直ちに御社が支払う義務はないものといえます。

但し、相互の信頼関係を害さない為にも、こうした非常事態におきましては両社間できちんと対応について協議され協力し合う事が重要といえるでしょう。

投稿日:2020/07/10 20:24 ID:QA-0095011

相談者より

ご回答ありがとうございます。
相互の信頼関係を鑑み、両社間できちんと対応について協議し協力し合う事としたいと思います。

投稿日:2020/07/31 19:20 ID:QA-0095513大変参考になった

回答が参考になった 1

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

確認

契約書文面だけで自動的に判断することではなく、商道徳上からもきちんと派遣会社に確認すべきでしょう。合意があればもちろん問題ありません。合意が得られなければ落しどころを交渉することになります。

投稿日:2020/07/10 21:09 ID:QA-0095017

相談者より

ご回答ありがとうございました。
商道徳上の観点からも派遣会社に確認し決定したいと思います。

投稿日:2020/07/31 19:23 ID:QA-0095514大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

不可抗力な要因による派遣停止 R2

▼いいえ、派遣先(御社)の責に依らない事由で、派遣就労が不可能となった場合、派遣料金の支払義務は生じません。

投稿日:2020/07/11 09:57 ID:QA-0095021

相談者より

皆さまからの様々なコメントありがとうございました。
契約上は特段問題ないが、商道徳、派遣会社との信頼関係を配慮するのであれば、派遣会社と話し合った方が良いと理解いたしました。

投稿日:2020/07/13 08:14 ID:QA-0095033大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
常用型派遣について
いつも利用させていただいております。 派遣には、登録型派遣と常用型派遣があるかと思いますが、常用型派遣は派遣元会社と無期雇用あるいは有期雇用で契約し、派遣先へ派遣をおこなうことになるかと思います。 この場合、派遣元会社で正社員(無期雇用者)を派遣先へ派遣することは、法的に問題となるのでしょうか。...
派遣社員の残業・休日出勤について
派遣先が派遣労働者に残業や休日出勤させたい場合、派遣元が36協定を締結し、届けますが、派遣先と派遣元間で結んでいる契約条件(特別条項付き協定の時間)よりも派遣先での労働時間が超過した場合、派遣先、派遣元にはそれぞれどういった影響(責任・罰則など)が出るのでしょうか?
派遣者正規雇用について
派遣者正規雇用に必要な派遣元と派遣先の必要な書類
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 6. 人材派遣会社の選び方と契約
    人材派遣サービスを利用する場合に企業は、派遣開始から終了までの期間、派遣会社と継続的に良い関係を保っていかなくてはならない。長期的な関係が前提となる人材派遣会社を選ぶ際には、細かい気配りをしてもらえそうかどうか、つきあいやすい会社かどうかなどを、じっくり見きわめていく必要がある。
  • 7. 人材派遣活用のノウハウ
    派遣スタッフを迎え入れ、気持ちよく働いてもらうために重要なのは、「派遣とは何か」を周囲の従業員が十分に理解していることだ。さらに、なぜ派遣を使う必要があるのかという会社の状況を関係する全従業員で共有しておくことは、職場の風通しの良さにもつながる。派遣スタッフが働きやすい職場は、自社の従業員にとっても...
あわせて読みたいキーワード
紹介予定派遣
労働者派遣事業と職業紹介事業を組み合わせたもので、派遣先と労働者との雇用関係斡旋(職業紹介)を予定した派遣です。派遣期間中に派遣先企業は労働者の能力を見きわめ、労働者は自分に合う仕事かどうかを判断して就職できるメリットがあります。
労働契約申込みみなし制度
「労働契約申込みみなし制度」とは、派遣先企業が違法派遣と知りながら派遣労働者を受け入れている場合、違法状態が発生した時点から、派遣先が派遣労働者に対して直接雇用を申し込んだものとみなす制度のことで、「みなし雇用制度」ともいわれます。申込みの実体がなくても、自動的に派遣先が派遣労働者に対して労働契約の...
グループ内派遣
「グループ内派遣」とは、人件費の節約などを目的に、大手企業が人材派遣会社を子会社として設立し、同社が親会社およびそのグループ企業各社に労働者派遣を行うことをいいます。2012年10月に施行された改正労働者派遣法(同年4月に成立)が、派遣会社に対して、系列企業への派遣割合を8割以下に抑えることを義務付...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

タレントパレット 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/25
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...